IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2017.05.29

住宅にもOSが必要となる時代に訪れる人工知能との暮らし

BY

今、AI搭載のスマートスピーカーが話題だ。欧米で一大ブームとなっているなか、いよいよ日本にも上陸の兆しが見えてきた。

先行するAmazon Echoに加え、Google Home、LINE WAVEなど、各社から日本での製品リリースが予定され、注目を集めている。

スマートスピーカーが注目されるのは、単に音声制御できるスピーカーということではなく、多数の家電と繋がることでホームコントローラーのハブとして機能するからである。

音声によって家電をコントロールできるその体験は、一度味わうと二度と戻れないほどにインパクトがあり、快適なものだという。ITリテラシーの高低をさほど問わない自然言語による音声制御は、老若男女が使うことになるであろうスマートホームのコントローラーとしてはうってつけと言えそうだ。

そんな将来を見据えてか、この度、住宅に特化したITサービス開発を行うSOUSEIと、セットトップボックス(STB)開発に実績のあるグルーバは、Amazon Echoに搭載されている人工知能Amazon Alexaに対応した住宅用OSの開発に向けて業務提携することを発表した。

両者が提携して実現を目指すものとは

SOUSEIは従来からマイホームアプリ「knot」を提供している。これは、家を建てるところから家族で生活を送るところまで、あらゆる情報を一元的に管理できるアプリ。

マイホーム建築のためのマネープラン、契約書、図面や、保険、母子手帳(※)、マイカー情報(※)、住宅周辺のタウン情報など、様々な情報の管理・取得ができる。(※は対応予定の機能)

今回の提携により実現を目指すのが、「knot」のインフラに対して導入・設定が容易な住宅用OSを備えるデバイス「v-ex」の開発だ。

「v-ex」はHDMIでTVと接続し、様々なアプリケーションのプラットフォームを構築できるOS機能を備えたSTB。Amazon Alexaに対応することで、住宅内に設置したAmazon Echoを利用して音声による家電の制御・情報の取得などが可能となる。

今後、「knot」と連携し、情報管理・くらしの情報管理・各種IoT制御・センシングなどのサービスをワンストップで提供することを目指すという。

スマートホームOSの必要性とは

SOUSEIによれば、これまで住宅業界は設備や建材というハード面での価値向上を行ってきた。しかし、家に対するソリューションや建材以外での新たな付加機能に対するニーズが多様化しており、特に一時取得者層にとっては、より安価で機能性の高いサービスを住宅に備えたいというニーズが高まっているという。

そうした状況を背景に、住宅関連IT分野でIoTデバイスやHEMSの開発、施主向けマイホームアプリ開発の実績を生かして、開発に取り組む。

また、「v-ex」対応のIoTデバイスやセンシングデバイスの開発も行っていき、いずれは住宅ITのプラットフォームを構築する予定だ。

IoTデバイスが住宅に浸透していくにつれ、それらをシステムとして制御するためのOSが必要になるのは自然な流れと言えるだろう。そのシステムのハブやインターフェースとして、AI搭載スマートスピーカーの果たす役割はとても重要なものになりそうだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

MAMORIOが法人向け紛失防止IoTサービスを提供開始、貸与PCの紛失などを管理可能に
【CEATEC 2018】Society5.0---盛りだくさんの企画で来場者16万人を目指す
Mirrorが2,500万米ドルを調達、1,495米ドルのIoTミラーをローンチ——自宅で受講できるバーチャルフィットネスクラスを提供
現場革新に主眼を置くオムロンが綾部工場で実践する「高度1~10m」の取り組み
デルタ電子からエネルギーを見える化するマートホーム・マネジメントシステム--自動制御や遠隔制御も
IoTで乳幼児の突然死対策、ソフトバンクグループのhugmoが保育士の負担軽減サービス
AI/IoT時代に「オントロジー」が注目される理由──JDMC理事 北澤氏に聞く
KDDIやNRIなど、会津若松市で5Gやドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始 | IT Leaders
【後編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
日立グループとタイ・サイアムセメントグループがIoTを活用し協創 | IT Leaders
GMOクラウドと双日、コネクテッドカー関連事業の推進で業務提携
映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント「エッジで映像は捨てる」
【前編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
サイアムセメントグループと日立がIoTを活用し、 工場のエネルギー省力化や流通業務の効率化に向けた協創を開始
ドローンと5Gを活用した「日本酒造り」、KDDIらが実証実験
データ流通の実現が事業発展のカギ ―データ流通推進協議会 理事 杉山氏インタビュー

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。