IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2017.05.29

住宅にもOSが必要となる時代に訪れる人工知能との暮らし

BY

今、AI搭載のスマートスピーカーが話題だ。欧米で一大ブームとなっているなか、いよいよ日本にも上陸の兆しが見えてきた。

先行するAmazon Echoに加え、Google Home、LINE WAVEなど、各社から日本での製品リリースが予定され、注目を集めている。

スマートスピーカーが注目されるのは、単に音声制御できるスピーカーということではなく、多数の家電と繋がることでホームコントローラーのハブとして機能するからである。

音声によって家電をコントロールできるその体験は、一度味わうと二度と戻れないほどにインパクトがあり、快適なものだという。ITリテラシーの高低をさほど問わない自然言語による音声制御は、老若男女が使うことになるであろうスマートホームのコントローラーとしてはうってつけと言えそうだ。

そんな将来を見据えてか、この度、住宅に特化したITサービス開発を行うSOUSEIと、セットトップボックス(STB)開発に実績のあるグルーバは、Amazon Echoに搭載されている人工知能Amazon Alexaに対応した住宅用OSの開発に向けて業務提携することを発表した。

両者が提携して実現を目指すものとは

SOUSEIは従来からマイホームアプリ「knot」を提供している。これは、家を建てるところから家族で生活を送るところまで、あらゆる情報を一元的に管理できるアプリ。

マイホーム建築のためのマネープラン、契約書、図面や、保険、母子手帳(※)、マイカー情報(※)、住宅周辺のタウン情報など、様々な情報の管理・取得ができる。(※は対応予定の機能)

今回の提携により実現を目指すのが、「knot」のインフラに対して導入・設定が容易な住宅用OSを備えるデバイス「v-ex」の開発だ。

「v-ex」はHDMIでTVと接続し、様々なアプリケーションのプラットフォームを構築できるOS機能を備えたSTB。Amazon Alexaに対応することで、住宅内に設置したAmazon Echoを利用して音声による家電の制御・情報の取得などが可能となる。

今後、「knot」と連携し、情報管理・くらしの情報管理・各種IoT制御・センシングなどのサービスをワンストップで提供することを目指すという。

スマートホームOSの必要性とは

SOUSEIによれば、これまで住宅業界は設備や建材というハード面での価値向上を行ってきた。しかし、家に対するソリューションや建材以外での新たな付加機能に対するニーズが多様化しており、特に一時取得者層にとっては、より安価で機能性の高いサービスを住宅に備えたいというニーズが高まっているという。

そうした状況を背景に、住宅関連IT分野でIoTデバイスやHEMSの開発、施主向けマイホームアプリ開発の実績を生かして、開発に取り組む。

また、「v-ex」対応のIoTデバイスやセンシングデバイスの開発も行っていき、いずれは住宅ITのプラットフォームを構築する予定だ。

IoTデバイスが住宅に浸透していくにつれ、それらをシステムとして制御するためのOSが必要になるのは自然な流れと言えるだろう。そのシステムのハブやインターフェースとして、AI搭載スマートスピーカーの果たす役割はとても重要なものになりそうだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

ドコモと伊藤忠、米国でIoTを使って傭車の運行を見える化する実証実験を実施へ

Windows 10の最新情報を知らせるイベント

鍵のIoTで変わる不動産業界、スマートロック「NinjaLock M」を内覧した

AI・ビッグデータ・ブロックチェーンによる第四次産業革命とは? 〜FLOCの一般向け無料セミナーで学ぶ「教養としてのテクノロジー講座」

高度なIoT機器のセキュリティ検証の低コスト化を支援、ユビキタスAIコーポレーション

STマイクロ、生産設備の予知保全などを可能に

国内IoTエッジインフラベンダー選定基準、「IoTの技術力」「ユーザー業務の理解度」を優先――IDCがユーザー調査

SIGFOXの測位技術で物流資材管理、アルプスのIoTタグ

凸版印刷とACCESS、LPWA新規格「ZETA」で協業

FPGAでエッジAIを高速に、NECが専用ツールをデモ

配送車両の運行状況を自動で収集する物流向けIoTサービス、米国で実証実験

製造現場向けAI×IoTサービス提供のスカイディスク、シリーズCで8社から8.6億円を調達——製造関連3社とAI活用の分野別パッケージ開発で協業

省電力ボードで組み込みビジョンを実現

「IoTの導入=コストダウンや効率化」でこぢんまりしてていいの?――IoTネットワーク、LoRaWANビジネスの現状

東芝情報システム、ソフトの流出や模倣を防止

IoTでウニやナマコを養殖、富士通が実証実験

【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第7回)2Gしか通信インフラのない地域向けのLPWA「EC-GSM-IoT」【ネット新技術】

Wi-Fiで1m以下の高精度測位、物流向けに村田が展示

トッパンフォームズ、2周波数帯対応のICタグ

HPE Aruba 田中泰光氏インタビュー「IoT時代へインフラの抜本改革」

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

ドコモと伊藤忠、米国でIoTを使って傭車の運行を見える化する実証実験を実施へ

Windows 10の最新情報を知らせるイベント

鍵のIoTで変わる不動産業界、スマートロック「NinjaLock M」を内覧した

AI・ビッグデータ・ブロックチェーンによる第四次産業革命とは? 〜FLOCの一般向け無料セミナーで学ぶ「教養としてのテクノロジー講座」

高度なIoT機器のセキュリティ検証の低コスト化を支援、ユビキタスAIコーポレーション

STマイクロ、生産設備の予知保全などを可能に

国内IoTエッジインフラベンダー選定基準、「IoTの技術力」「ユーザー業務の理解度」を優先――IDCがユーザー調査

SIGFOXの測位技術で物流資材管理、アルプスのIoTタグ

凸版印刷とACCESS、LPWA新規格「ZETA」で協業

FPGAでエッジAIを高速に、NECが専用ツールをデモ

配送車両の運行状況を自動で収集する物流向けIoTサービス、米国で実証実験

製造現場向けAI×IoTサービス提供のスカイディスク、シリーズCで8社から8.6億円を調達——製造関連3社とAI活用の分野別パッケージ開発で協業

省電力ボードで組み込みビジョンを実現

「IoTの導入=コストダウンや効率化」でこぢんまりしてていいの?――IoTネットワーク、LoRaWANビジネスの現状

東芝情報システム、ソフトの流出や模倣を防止

IoTでウニやナマコを養殖、富士通が実証実験

【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第7回)2Gしか通信インフラのない地域向けのLPWA「EC-GSM-IoT」【ネット新技術】

Wi-Fiで1m以下の高精度測位、物流向けに村田が展示

トッパンフォームズ、2周波数帯対応のICタグ

HPE Aruba 田中泰光氏インタビュー「IoT時代へインフラの抜本改革」

IoTニュース

ドコモと伊藤忠、米国でIoTを使って傭車の運行を見える化する実証実験を実施へ
Windows 10の最新情報を知らせるイベント
鍵のIoTで変わる不動産業界、スマートロック「NinjaLock M」を内覧した
AI・ビッグデータ・ブロックチェーンによる第四次産業革命とは? 〜FLOCの一般向け無料セミナーで学ぶ「教養としてのテクノロジー講座」
高度なIoT機器のセキュリティ検証の低コスト化を支援、ユビキタスAIコーポレーション
STマイクロ、生産設備の予知保全などを可能に
国内IoTエッジインフラベンダー選定基準、「IoTの技術力」「ユーザー業務の理解度」を優先――IDCがユーザー調査
SIGFOXの測位技術で物流資材管理、アルプスのIoTタグ
凸版印刷とACCESS、LPWA新規格「ZETA」で協業
FPGAでエッジAIを高速に、NECが専用ツールをデモ
配送車両の運行状況を自動で収集する物流向けIoTサービス、米国で実証実験
製造現場向けAI×IoTサービス提供のスカイディスク、シリーズCで8社から8.6億円を調達——製造関連3社とAI活用の分野別パッケージ開発で協業
省電力ボードで組み込みビジョンを実現
「IoTの導入=コストダウンや効率化」でこぢんまりしてていいの?――IoTネットワーク、LoRaWANビジネスの現状
東芝情報システム、ソフトの流出や模倣を防止
IoTでウニやナマコを養殖、富士通が実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。