IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2017.05.29

住宅にもOSが必要となる時代に訪れる人工知能との暮らし

BY

今、AI搭載のスマートスピーカーが話題だ。欧米で一大ブームとなっているなか、いよいよ日本にも上陸の兆しが見えてきた。

先行するAmazon Echoに加え、Google Home、LINE WAVEなど、各社から日本での製品リリースが予定され、注目を集めている。

スマートスピーカーが注目されるのは、単に音声制御できるスピーカーということではなく、多数の家電と繋がることでホームコントローラーのハブとして機能するからである。

音声によって家電をコントロールできるその体験は、一度味わうと二度と戻れないほどにインパクトがあり、快適なものだという。ITリテラシーの高低をさほど問わない自然言語による音声制御は、老若男女が使うことになるであろうスマートホームのコントローラーとしてはうってつけと言えそうだ。

そんな将来を見据えてか、この度、住宅に特化したITサービス開発を行うSOUSEIと、セットトップボックス(STB)開発に実績のあるグルーバは、Amazon Echoに搭載されている人工知能Amazon Alexaに対応した住宅用OSの開発に向けて業務提携することを発表した。

両者が提携して実現を目指すものとは

SOUSEIは従来からマイホームアプリ「knot」を提供している。これは、家を建てるところから家族で生活を送るところまで、あらゆる情報を一元的に管理できるアプリ。

マイホーム建築のためのマネープラン、契約書、図面や、保険、母子手帳(※)、マイカー情報(※)、住宅周辺のタウン情報など、様々な情報の管理・取得ができる。(※は対応予定の機能)

今回の提携により実現を目指すのが、「knot」のインフラに対して導入・設定が容易な住宅用OSを備えるデバイス「v-ex」の開発だ。

「v-ex」はHDMIでTVと接続し、様々なアプリケーションのプラットフォームを構築できるOS機能を備えたSTB。Amazon Alexaに対応することで、住宅内に設置したAmazon Echoを利用して音声による家電の制御・情報の取得などが可能となる。

今後、「knot」と連携し、情報管理・くらしの情報管理・各種IoT制御・センシングなどのサービスをワンストップで提供することを目指すという。

スマートホームOSの必要性とは

SOUSEIによれば、これまで住宅業界は設備や建材というハード面での価値向上を行ってきた。しかし、家に対するソリューションや建材以外での新たな付加機能に対するニーズが多様化しており、特に一時取得者層にとっては、より安価で機能性の高いサービスを住宅に備えたいというニーズが高まっているという。

そうした状況を背景に、住宅関連IT分野でIoTデバイスやHEMSの開発、施主向けマイホームアプリ開発の実績を生かして、開発に取り組む。

また、「v-ex」対応のIoTデバイスやセンシングデバイスの開発も行っていき、いずれは住宅ITのプラットフォームを構築する予定だ。

IoTデバイスが住宅に浸透していくにつれ、それらをシステムとして制御するためのOSが必要になるのは自然な流れと言えるだろう。そのシステムのハブやインターフェースとして、AI搭載スマートスピーカーの果たす役割はとても重要なものになりそうだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

富士通、流通業界に特化したIoTプラットフォーム「SMAIVIA」をリリース | IT Leaders
[3/6 無料] 経済産業省&IoT推進ラボ、先進的なIoTの取り組みを発掘する「IoT Lab Selection」他、各種イベントを都内で開催[PR]
インベスターズクラウド、IoT民泊アパートを今春福岡でサービス開始へ
製造業向けのIoT基盤で協業、セゾン情報システムズ「HULFT IoT」とクオリカ「CareQube+」 | IT Leaders
喫緊となる建設現場の"Digital transformation"を支えるクラウド「LANDLOG」
AI、IoTで自立支援介護のプラットフォーム構築へ--パナソニックら実証実験
富士通、流通業向けIoTサービス基盤「SMAVIA」を販売開始
ドコモ、建設現場の働き方改革を実現するソリューションのβ版を提供開始
東京電力エナジーパートナー、IoT技術を活用した「次世代スマートタウンプロジェクト」を開始
アドバンテック、光学センサと低消費電力無線通信で設備の稼働状況を見える化するIoTソリューションをリリース
Arm、IoTデバイスへのSIMカード搭載を可能にする「Kigen」を発表
建設生産プロセスの変革を加速する「LANDLOG Partner」、先行パートナー協業事例とLANDLOG提供アプリを発表
日本はDXの波に乗り遅れてる!?日本マイクロソフトとIDC調査から見えてきた懸念 - アジアにおけるデジタルトランスフォーメーション
セゾン情報システムズとクオリカ、製造業向けのIoTソリューション提供で協業
富士通、流通業向けデータ分析サービス、作業員の位置やバイタルも連携分析 | IT Leaders
“ドローンで建設現場を撮影、AzureでAI解析”も可能に――建設IoTプラットフォーム「LANDLOG」が「Microsoft Azure」を採用

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。