IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2017.04.14

人口増・観光客増の沖縄でインテリジェントホームが普及する未来
小規模民泊運営にスマートロックの利便性が注目される

BY

2016年の沖縄への観光客は約800万人。スマートロックを導入した民泊の需要も期待できる

沖縄県那覇市・浦添市を中心に約9万世帯へテレビ・インターネット・電話のサービスを提供している沖縄ケーブルネットワークでは、2016年4月より外出先からスマホで家の中を自由にコントロールできる「インテリジェントホーム」サービスの提供を開始している。

一般家庭での利用のみならず、毎年増加する観光客に向けた民泊での利用も始まっている。沖縄県内における「インテリジェントホーム」の普及状況とニーズについて話をうかがった。

沖縄の客室不足1日8500室の試算、民泊増加は喫緊の課題

沖縄県への観光客数が増えている。県が目標にしている2021年度の県内への観光客数1千万人、平均4泊が実現すると、県内の宿泊施設が1日8500室足りなくなると試算されている。

「客室数不足解消のために、賃貸アパートを宿泊施設に切り替える需要は大いにあります。しかしながら、小規模で宿泊施設を運営している方にはカギの受け渡しが課題です。スマートロックを使えばそれが解決できるのではないかと、アパートメントホテルの運営会社さんと実証実験をしました」

と語る、沖縄ケーブルネットワークの宮城政邦氏。実証実験を通して、アパートを宿泊施設として開業後、トラブルなく運営を続けるために体制作りは必須だと痛感したという。スマートロックの設置は、スムーズな運営の一助となる。

沖縄ケーブルネットワーク株式会社 宮城政邦氏

「宿泊予約を受けて、部屋を割り振りする。そして宿泊前にお客様に電話連絡をして、安心して利用してもらえます。初めて民泊をやってみようとしている方からは、どこからどう手に付けていいのかわからないという声をいただきます」

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

なぜインテルはドローンビジネスに注目するのか? 本社副社長のアニール・ナンデュリ氏が解説
IoTを使用したスマート掃除でコスト削減
働く人々の課題を現場で解決する、コニカミノルタがエッジ型IoT「Workplace Hub」を国内で公開 | IT Leaders
スマートテレビの利用規約に同意すると「どんなこと」に同意したことになるのか?
マイクロソフトのAzureとNTTドコモの閉域網を用いたセキュアなIoTプラットフォーム
日本マイクロソフト、ユニアデックス、NTTドコモが協業、各社サービスを連携させたIoTパッケージを9月から提供
守りから攻めのセキュリティに - 富士通が推進する事故前提型のIoT対策とは
JPCERT/CCに聞くIoTセキュリティ - 機器を正しく分類して対策を考えるのがキモ
ツクモ12号店が“IoTガジェットコーナー”を新設
スケーラブルなIoTプラットフォーム「SORACOM」はこう作られた
OKI、IoTを活用し観光客の周遊性を高める「スマート@ツーリズムシティ」
経産省、「データ利活用促進に向けた企業における管理・契約等の実態調査」を実施
富士通と横浜市住宅供給公社、IoTを活用した高齢居住者の見守りサービスで協業
MOVIMASとスマートブルー、ソーラーシェアリング対応IoTソリューション「MOVIMAS AGR」による 高単価作物栽培の実証事業を開始
コニカミノルタ、Workplace HubでIoT事業への本気度を国内でもアピール
日本企業はIoT導入に消極的!? HPE Arubaが国内外の企業を対象に調査

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。