IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.05.22

運転は無人時代へ。DeNAが自動車領域にもたらす変革
ITは自動車産業を救う? ドライバー不足を解消する自動運転技術

BY

2017年5月10日(水)に開催された「Japan IT Week 春」の基調講演「完全自動運転 実現のために必要な組込み技術とは?」では、株式会社ディー・エヌ・エー執行役員オートモーティブ事業部長中島宏氏が「オートモーティブ業界×インターネットの可能性に関して」と題し、同社が取り組むオートモーティブ事業について解説した。

中島氏は経営コンサルティング会社での経験を経て、2004年12月DeNAへ入社。2011年9月には執行役員兼ヒューマンリソース本部本部長となり、新卒や中途採用、人事制度の改定を行った。その間に500名くらいだった同社の社員は全世界でおよそ1,500名になり、会社としても急成長を遂げた。そして2015年5月より現職につき、自動車領域のオートモーティブ事業に携わっている。

株式会社ディー・エヌ・エー執行役員オートモーティブ事業部長中島宏氏

新機軸の自動車ビジネスが、かつてのDeNAを取り戻す

DeNAといえば、同社が運営する医療情報サイト「WELQ(ウェルク)」において、医学的に信憑性が疑わしい記事を専門家の監修なしで掲載。さらに、その他のキュレーションサイトでも多数の無断転用があったため非公開となり、大きな問題となった。そうした悪いイメージを払拭し、かつての優等生企業DeNAを取り戻すのに一役買いそうなのが自動車関連のビジネス(同社が言うところのオートモーティブ事業)だ。

それでは、同社の基調講演から、このオートモーティブ事業でIoTが関係するであろう部分を抜き出して紹介しよう。

 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTで構築した「スマートホーム」は通信を暗号化していても生活をのぞき見される可能性があるという研究結果
コマツのICT建機は農業も変える ―― 石川県で進む「IoTでスマート農業」
“衛星IoT”市場が創成期、新興企業も次々と誕生
国内IoT企業が取るべき行動とは――IDC Japan、国内IoT市場のデータエコシステム事業者に関する調査結果を発表
フランス生まれのIoTスタートアップ「“LPWA先進国”とアジアをつなぐ」
IoT人気記事ランキング|スマートドライブが17億円の資金調達、Embedded Technology 2018など[8/6-8/12]
IDC、国内IoT市場「データエコシステム」事業者調査結果を発表
IoTと非IoTで2025年に163兆GB--データビジネスのエコシステム広がる
アカマイ“第5の柱”はIoTか、ブロックチェーンか? 幹部に聞く
GEとマイクロソフト、産業IoT(IIoT)のパートナーシップを拡大
富士ソフト、Litmus AutomationのIoTプラットフォームを提供
IoTセンサーにぴったり、シャープが取り組む新たな太陽電池技術とは
Cerevo出身エンジニアが二人で作り上げたIoT照明「wesign」開発秘話
マクニカネットワークスと日本ヒューレット・パッカード、IoT活用で「FogHornスタート支援パッケージ」を提供開始
KDDI、IoT向けLPWAサービスの新プラン 月間2MBまでのデータ通信量を基本料金に内包
ため池の水位をIoTセンサーで確認、高松市で実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。