IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.04.20

「ロボネコヤマト」は来る自動運転社会への架け橋となるか
DeNAとヤマト運輸が運送における実証実験を開始

BY

神奈川県藤沢市で始まった「ロボネコヤマト」プロジェクトとは?

eコマースの普及や、共働き家庭の増加でスムーズな配達が難しくなっている現代。その影響から、運送業界ではドライバー不足や過剰労働など、さまざまな課題を抱えている。

一刻も早い解決が望まれるなか、自動運転を活用したサービスの実用化を目指す株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)と運送業大手のヤマト運輸株式会社(以下、ヤマト運輸)の2社は「ロボネコヤマト」プロジェクトと銘打ち、4月17日からある実用実験をスタート。4月16日に行なわれた記者発表会では、実用実験の内容を含め、来る自動運転社会を見据えたプロジェクトの全貌を明らかにした。

中島宏氏(DeNA)、齋藤光久藤沢市商店会連合会理事長、星野つよし衆議院議員、根本幸典国土交通大臣政務官兼内閣府大臣政務官、松本洋平内閣府副大臣、黒岩祐治神奈川県知事、鈴木恒夫藤沢市長、阿波誠一氏(ヤマト運輸)

ロボネコヤマトプロジェクトとは、オンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」と、買い物代行サービス「ロボネコストア」という2つのサービスを会員ユーザーに期間限定(2017年4月17日~2018年3月31日)で体験してもらうというもの。対象となるのは神奈川県藤沢市の鵠沼海岸1丁目~7丁目、辻堂東海岸1丁目~4丁目、本鵠沼1丁目~5丁目のエリア。プロジェクトと同時に、3台の専用車両がエリア内を駆け巡るという。

 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

つながるサービスは、消費者にどう訴求すべきか
and factory、秋葉原にスマートスピーカ完備の“IoTホステル”--観光案内も声でお知らせ
トイレを電池・配線レスでIoT化、スライドラッチ受け「SWITCHSTRIKE AIR」3月末に発売 元離宮二条城で試験運転も開始
BIGLOBEモバイルがIoT/M2M通信向けサービスを強化 月額400円台からの低価格プランや固定IPオプションなどを提供
住友電工とNEC、モビリティ事業で協業--自動車でのAI/IoT活用を加速
“トイレのIoT化”で混雑時の利用効率を向上--安否確認や犯罪防止にも活用
混雑トイレに新たな"IoT"、世界遺産、元離宮二条城での試験運用開始
シーメンスのIoTプラットフォームがAWS上で利用可能に | IT Leaders
Keychain、ブロックチェーンを使ったIoT認証セキュリティソフトを開発
三菱電機、低消費電力や低コストをAI技術で実現
NTT Comと成蹊大、IoTによる大学構内の環境モニタリング実証実験を開始
IoTデバイスのセキュリティ向上へ--MITが低電力暗号処理チップを開発
VMwareがIoTセキュリティで特に重視するのは自動車業界
Oracle、「Oracle IoT Cloud」の新しいインダストリー4.0機能を発表
三菱電機、AI技術で機器やエッジをスマート化
クアルコムが産業IoT向け「Wireless Edge Services」、5G NRの計画など披露

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。