IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2017.05.21

宅配ボックス、顔認証。住宅にまつわるIoT製品開発の最前線
使い慣れた機器との連携で誰もが使いやすく

BY

5月9日~11日、東京ビッグサイトにて日本最大のIT専門展Japan IT Weekが開催された。モバイル、通販ソリューション、ビッグデータと世界最先端の製品やサービス、技術が一堂に会するなか、我々が注目したのが、最近注目を集めている住宅のIoT化。

最先端のIoT住宅設備に触れるべく、IoT/M2M 展を訪ねた。

実際のモデルハウスでスマートホーム体験

まずはイッツ・コミュニケーションズconnected designのブースへ。ここでは実際のモデルハウスが設置してあり、最先端のIoT技術を活用したスマートホームサービス「インテリジェントホーム」を体験できるようになっている。

Connected Design株式会社 経営管理室チーフの高橋由佳さんの案内で、モデルハウスの玄関の前に立つと、目に入ってきたのが玄関横に設置された宅配ボックス「uCella」。荷物の受け取り、保管ができるだけではなく、常時Wi-Fi接続しているため、宅配物が届くと、スマートフォンに通知が届くという便利なものだ。

ドア横などに簡単に設置できる宅配ボックス(左)
荷物が届くとスマートフォンに通知される(右)

追跡バーコードをかざして施錠する仕組みなので、セキュリティも万全。配送中の荷物の位置をスマートフォンの地図に表示することもできる。

「こちらの商品、アメリカではすでに実用化されています。宅配問題の解決策として、日本でも早く実用化してもらいたいという声が非常に多いですね」と高橋さん。

続いては家の中へ。鍵はスマートロックで施錠。カードや暗唱番号で鍵を開けることができる。

「鍵が開いたら、センサーで察知して自宅のカメラが起動。子どもやペットなどをIPカメラで自動撮影し、外出先からもスマートフォンで見守ることができます。またスマートフォンからの遠隔操作で、照明や温度、湿度などをすべて快適に調整することができます」

また鍵がちゃんと閉められているかも確認でき、不審者の侵入時なども通知される。これで防犯対策も万全だ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ
AWS re:Invent 2017 MLとIoTの発表: Amazon SageMaker, AWS DeepLens, IoT Device Manager
IoT人気記事ランキング|国際ロボット展レポート、スマートウォッチwena wristの新モデル発売など[12/4-12/10]
ウフル八子知礼氏に聞く、ものづくり企業が「IoTプラットフォーム」を構築すべき理由
グラモ、スマートスピーカーと連携、IoTスマートホーム自動制御システムを開発

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。