IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.02.21

2.5人に1人が65歳以上。超高齢化社会に求められるIoT
RTC社の高齢者見守り支援システムがロボット・IoT機器に対応

BY

総務省発表のデータによると、日本は2060年(平成72年)には人口の39.9%、すなわち2.5人に1人が65歳以上となることが見込まれており、世界でも類を見ない超高齢化社会に突入している。一方で少子化が進んでおり、2000年は1億2,700万人前後で推移していた人口が、2030年には1億1,662万人、2050年には1億人、2060年には9,000万人をも割り込むことが予想されている。

少子・高齢化が進むとともに介護者不足が叫ばれており、厚生労働省の発表によると2025年には約37.7万人の介護職員が不足するという。不足原因としては「低賃金」「重労働」などの理由があげられる。「低賃金」に対しては政府が平成29年度より実施する月額平均1万円相当の処遇改善について、キャリアアップの仕組みなどの制度設計を進めている。もう一つの原因「重労働」に対しては、IoTやロボットなどを活用し介護職員の負担を軽減させるスマート介護にさまざまな企業が参入しているようだ。

ロボホン×Pepper×IoTの連携で見守り支援

ソフトウェア企業のRTC社は、高齢化社会の広がりと介護事業者のリソース不足の深刻化を踏まえ、これまで提供してきたスマートフォンと離床検知センサーによる見守り支援プラットフォームに、ロボットとウェアラブルウォッチを連携させる機能の拡大を発表した。

RTCの見守り支援機器は、体動圧力を検知するセンサーパネル2枚をマットレスの下に敷くだけで、利用者の状態を検知し、離床(ベッドから離れること)する前にセンサー内蔵型Wi-Fiモジュールから知らせる。これまではスマートフォンとパソコンのみの通知だったが、ロボットとウェアラブルウォッチを連携させる機能が追加された。

RTCが提供する介護施設用の見守り支援システム

今回の取り組みでは、コミュニケーションロボットとIoTの開発にて知見がある生活革命を企画・開発パートナーとして更なる介護の質向上を目指している。活用が盛んになってきているPepperだけでなく、新しいコミュニケーションロボットとして注目を集め始めているロボホンや、2017年2月にシリコンバレーで発表されたGoogleの最新OS Android Wear 2.0を使うなど技術的にも先進的な活用事例となっている。

ロボット・ウェアラブルウォッチ(IoT)と連携した見守り支援システム

すでに介護施設でのトライアル実証実験もスタート。入居者が離床した旨をPepperと介護担当者が装着したスマートウォッチへ通知することで、必要な対処を迅速に行えるようになる。また、入居者がベッドから離れそうになった際にはロボホンから声掛けをすることで、不要な離床の予防ができる。今回のような取り組みが増えて、プラットフォームが確立されれば、介護事業者の負担が軽減され、リソース不足も解消されるだろう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTや組込機器向けのセキュリティ診断サービスを本格開始 - バルテス
冷夏でも熱い福岡市、「LPWAの街」として企業支援(LPWA最前線)
今なら間に合うIoTセキュリティ 第5回 便利な生活の落とし穴、あなたのスマートホームは大丈夫?(2)スマートホームのセキュリティ
オンキヨー、加振器による音声/音楽再生技術を活用AI、IoT対応など新規事業分野に向けたソリューションの提案を開始
NECネッツエスアイなど9社、岩手のインバウンド増加を目指す実証実験を開始
IoTでフィールドワーカーの健康状態を見守り、NTTPCが新サービス
5000円切りの超小型気象センサー「WxBeacon2」で何ができるか試してみた
マウスがIoTに進出!! 「mouse スマートホーム」を24日発売! APIをオープンソースで2018年公開予定
TIS、製造業向けIoTプラットフォーム「MONOweb」を提供開始
三陸おもてなしステーション、訪日外国人増加を目指す実証実験
IoTのセキュリティ--デバイスはネットワーク側からも守るべき
マウス、スマートホーム事業に参入。IoT LEDライトやドアセンサーなど同梱のスターターキットを提供
しあわせもの工房、ボタンひとつで声を届けるIoT機器「マゴスピーカー(MAGOスピーカー)」を開発
Miraiが露呈するIoT機器の危うい現状、総括報告書で指摘
IoT人気記事ランキング|ソニーのディープラーニング統合開発環境「Neural Network Console」無償提供開始、NTTデータら「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム」を発足、など[8/14-8/20]
家庭向けIoTの集大成!? “スマートホーム”を携帯キャリア各社が手掛ける意味とは【俺たちのIoT】

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。