IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載
テクノロジー
2016.12.26

会津の“幻のトマト”、育てていたのはITだった
土壌の状態をセンシングして水と肥料を自動供給

BY

 システムを利用したミニトマト栽培は、当初は4棟のビニールハウスでスタートした。その後、プチぷよ以外の普通のミニトマトの栽培にもシステムを利用するようになり、現在、ミニトマト栽培のビニールハウスは10棟に増えている。

 水や肥料をあげたり量を調整する手間がなくなったこと、また、土の状態が安定してトマトが病気になりにくくなったことなどのおかげで、同じ人員で栽培できる量が一気に増えたのだ。

ビニールハウスの前に立つ古川純平さん。アルス古川ではコメを中心にミニトマト、青菜など様々な農作物を栽培している

農業の後継者不足問題にも有効?

 ITシステムの活用は、就業者の減少、高齢化、後継者不足という日本の農業が抱える問題の解決にも役立ちそうだ。

 農業は勘と経験がものを言う世界である。「父親は、農業を覚えるのに10年はかかるだろうと言います。実際、水や肥料をあげる感覚を掴むまでは、ものすごく時間がかかります。教えてもらってもなかなか分からない。一つひとつ経験しながら感覚を掴んでいくしかありません」

 だが、システムを使うと、農作業の方法を何年もかけて体に覚え込ませる必要がない。システムの使い方さえ覚えれば誰でも農作物の世話をできるのだ。

「もしも、農業なんかまったくやったことがない新入社員にいきなりハウスを任せたとしても、たぶんきちんとトマトを育てられると思います。一番重要なところはシステムがやってくれるので失敗がないからです」

 アルス古川を皮切りに、近郊でも同様のシステムを導入する農家が増えているという。「今は5軒ぐらいの農家が導入して、アスパラガスやイチゴ、花などを育てています」。ITシステムを活用した農業は会津で着実に広がりを見せている。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTの実現に向け広がるフォグコンピューティングの価値 | IT Leaders
「CES 2017」で登場したユニークなIoT/スマートホーム製品--写真で見る
米国最大家電ショーCESで表彰された注目IoT機器がおもしろスゴイ!
リモコン1つにまとめる大人気IoTデバイス「eRemote mini」再入荷ァ!
ClearPassの導入でIoT時代特有の課題に備えるネットワーク
インフォテリア、世界展開を目指すスタートアップを支援する新プログラム「パンゲア2.0」をIoT Future Lab.(イフラボ)で開始
新日鉄住金ソリューションズ、IoTに「ヒトのインターネット」をあわせた“IoX”ソリューションを提供
Sponsored By KDDI : 【緊急告知】au未来研究所ハッカソン開催、Day1:1月28日、Day2:2月19日。鹿島アントラーズとコラボし、サッカーの新しい「応援」を発明
富士通、IoTで作業現場を見守る「安全管理支援ソリューション」を機能強化
IoT普及のカギを握る「LPWA」、2017年は利用広まるか
インフォテリアが「パンゲア2.0」、世界展開を目指すスタートアップ企業に無償で設備を提供 
「IoTの価値はデータだ。ビジネス起点でテクノロジーを使いこなせ」 --特別対談 CNET Japan編集長 別井貴志 × ニフティIoTビジネス部部長 佐々木浩一氏
【新春インタビュー】パブリッククラウド3社に聞く「2017年の重点戦略」 - IoTはバズワードから現実解へ、AWS編
【定点観測】アメリカ・インド・中国のスマートシティ情報 12月アップデート[海外動向]
CESに見る、ベンチャー企業の勢い CES2017レポート
ポーター教授が企業に迫る、IoT時代の「10の戦略的選択」と「組織変革」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。