IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.26

会津の“幻のトマト”、育てていたのはITだった
土壌の状態をセンシングして水と肥料を自動供給

BY

 システムを利用したミニトマト栽培は、当初は4棟のビニールハウスでスタートした。その後、プチぷよ以外の普通のミニトマトの栽培にもシステムを利用するようになり、現在、ミニトマト栽培のビニールハウスは10棟に増えている。

 水や肥料をあげたり量を調整する手間がなくなったこと、また、土の状態が安定してトマトが病気になりにくくなったことなどのおかげで、同じ人員で栽培できる量が一気に増えたのだ。

ビニールハウスの前に立つ古川純平さん。アルス古川ではコメを中心にミニトマト、青菜など様々な農作物を栽培している

農業の後継者不足問題にも有効?

 ITシステムの活用は、就業者の減少、高齢化、後継者不足という日本の農業が抱える問題の解決にも役立ちそうだ。

 農業は勘と経験がものを言う世界である。「父親は、農業を覚えるのに10年はかかるだろうと言います。実際、水や肥料をあげる感覚を掴むまでは、ものすごく時間がかかります。教えてもらってもなかなか分からない。一つひとつ経験しながら感覚を掴んでいくしかありません」

 だが、システムを使うと、農作業の方法を何年もかけて体に覚え込ませる必要がない。システムの使い方さえ覚えれば誰でも農作物の世話をできるのだ。

「もしも、農業なんかまったくやったことがない新入社員にいきなりハウスを任せたとしても、たぶんきちんとトマトを育てられると思います。一番重要なところはシステムがやってくれるので失敗がないからです」

 アルス古川を皮切りに、近郊でも同様のシステムを導入する農家が増えているという。「今は5軒ぐらいの農家が導入して、アスパラガスやイチゴ、花などを育てています」。ITシステムを活用した農業は会津で着実に広がりを見せている。

JBPRESS

あわせてお読みください

AD

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日
AD

あわせてお読みください

IoTニュース

タクシーが捕まりやすくなる?「AIタクシー」ドコモが実証実験、30分先の乗車需要を予測
IoT機器を利用者する側のセキュリテイ対策 ーセキュリティ特集 第四回
富士通研究所、スマートフォンの生体認証のみでIoT機器を介したクラウドサービスをセキュアに利用
ファーウェイとドイツポストDHLがIoT 分野で提携、市場規模1.9 兆米ドルのコネクテッド・ロジスティクス市場に注力
ソフトバンクが中小企業のIoT支援、中小機構と臼田総研と共同で
カスペルスキー、セキュリティに特化したIoT向け独自OS「KasperskyOS」を開発
【NTT R&D フォーラム 2017】ネットワーク分野のメインテーマは「サービス共創」
介護IoTシステムを共同開発、インフォコムとZ-Worksが業務提携(ニュース)
ビーコンで製造現場のヒト・モノの位置を可視化――富士通が工場のIoT化促進機能
自動車や家電にも決済機能を--IBMとVisaが新たな仕組みを構想
スマホの生体認証センサーで宅配ボックスを解錠、富士通研究所がFIDO応用の新技術
【定点観測】スマートグリッドとは何か? ースマートグリッド1月アップデート
カスペルスキーがIoTシステム向けのセキュリティ特化型OS
富士通研究所、スマホ生体認証のみでIoT機器を介したクラウドサービスを利用できる新技術
Solace、あらゆるビッグデータ移動を統一する新コンセプト「Open Data Movement」を発表
スマートフォンの生体認証と近距離無線で安全なIoTサービス--富士通研究所

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。