IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.26

会津の“幻のトマト”、育てていたのはITだった
土壌の状態をセンシングして水と肥料を自動供給

BY

 システムを利用したミニトマト栽培は、当初は4棟のビニールハウスでスタートした。その後、プチぷよ以外の普通のミニトマトの栽培にもシステムを利用するようになり、現在、ミニトマト栽培のビニールハウスは10棟に増えている。

 水や肥料をあげたり量を調整する手間がなくなったこと、また、土の状態が安定してトマトが病気になりにくくなったことなどのおかげで、同じ人員で栽培できる量が一気に増えたのだ。

ビニールハウスの前に立つ古川純平さん。アルス古川ではコメを中心にミニトマト、青菜など様々な農作物を栽培している

農業の後継者不足問題にも有効?

 ITシステムの活用は、就業者の減少、高齢化、後継者不足という日本の農業が抱える問題の解決にも役立ちそうだ。

 農業は勘と経験がものを言う世界である。「父親は、農業を覚えるのに10年はかかるだろうと言います。実際、水や肥料をあげる感覚を掴むまでは、ものすごく時間がかかります。教えてもらってもなかなか分からない。一つひとつ経験しながら感覚を掴んでいくしかありません」

 だが、システムを使うと、農作業の方法を何年もかけて体に覚え込ませる必要がない。システムの使い方さえ覚えれば誰でも農作物の世話をできるのだ。

「もしも、農業なんかまったくやったことがない新入社員にいきなりハウスを任せたとしても、たぶんきちんとトマトを育てられると思います。一番重要なところはシステムがやってくれるので失敗がないからです」

 アルス古川を皮切りに、近郊でも同様のシステムを導入する農家が増えているという。「今は5軒ぐらいの農家が導入して、アスパラガスやイチゴ、花などを育てています」。ITシステムを活用した農業は会津で着実に広がりを見せている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

「トイレの空き状況」がスマホでわかる! 百貨店のIoTトイレに期待
LINEのスマートスピーカーが、ホームIoTサービスでの家電連携を開始
デバイスに”接続”してIoT化、オプテックスのSigfox対応無線ユニット
ソフトバンク、2018年夏に駐車場シェアリング事業へ参入
KDDIは開発拠点開設、ソフトバンクは駐車場シェア--IoT活用の取り組みを今夏スタート
IPA、スキル強化の指針「ITSS+」に「IoTソリューション領域」「アジャイル領域」を追加し公開
LINEのホームIoTサービス「Clova Home」始動、スマートスピーカーで家電を操作 第1弾はスマート照明「Philips Hue」と連携
STマイクロは全方位戦略でIoTでの成長を目指す
ソフトバンクがパーキングシェアリング参入へ
富士通クラウドテクノロジーズ、DATUM STUDIOとデータ活用支援領域で協業 | IT Leaders
村田製作所の「NB-IoT」戦略--小型・高信頼の通信モジュールでIoT市場に挑む
一歩進んだIoTデータ活用に必要なものとは?「最新のIoTデータも使いこなそう! ビジネスに“効く”データの利活用術」レポート
エクス、IoTのトータルサービス 「IoTスタートパック」、「EXtelligence IoT」β版の提供を開始
富士通発「自主プロジェクト」から生まれたオープンイノベーション
NTT西日本と広島県、AIやIoTを活用して地域活性化を推進
共創よるビジネス創出を支援――IoT/5G時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」が2018年夏オープン

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。