フィリピン警察、性的暴行被害の少女を射殺し口封じ

警察に被害訴えた少女をバイクで追跡して射殺、国民の怒り沸騰
この写真の記事へ戻る
2018年8月、国家警察の記念式典に参加したドゥテルテ大統領。左はドゥテルテ氏肝いりの「麻薬撲滅戦争」を指揮していたオスカル・アルバヤルデ国家警察長官(当時)。実はこのオスカル氏も、長官退任後の今年1月、汚職警官を庇った容疑などにより起訴された(写真:AP/アフロ)
殺されたファベルさん。フィリピンのSNS上で、「JUSTICE for FABEL PINEDA」の言葉とともに拡散している画像。

国際の写真

トランプ政権、通信分野で中国徹底排除の構え
非イスラム教徒を圧迫、寛容性薄れるインドネシア
大韓航空、驚きの黒字転換でも喜べないワケ
尖閣侵入阻止に本気の米国、日本に覚悟はあるか
わずかな好材料に色めき、株投資に熱狂する韓国人
グーグルの大型買収、EU競争当局がついに本格調査

本日の新着

一覧
都市封鎖でバードウォッチングがブーム 豪森林火災の復興の一助にも
BBC
尖閣侵入阻止に本気の米国、日本に覚悟はあるか
中国悪をはびこらせた日本の「政経分離」とどう折り合う
樋口 譲次
難病患者の救いが「安楽死」のみだった医療界の課題
ALS嘱託殺人を「特異な事件」で済ませてはならない理由
盛永 審一郎
「院内感染」を起こす病院の共通点とは?
実録・新型コロナウイルス集中治療の現場から(第11回)
ヒューモニー