激変する雇用環境、再び就職氷河期を生まない方策は

景気対策、雇用対策、働き方改革の取り組みを
この写真の記事へ戻る
コロナ収束後に就職氷河期が生まれるのか?(写真:AP/アフロ)
地方でも合同企業説明会のオンライン化が進んでいる。この流れはコロナ後も恒常化するのではないか
大学生の有効求人倍率とフリーター、ニート層形成の関係。有効求人倍率が下がることで、就職でもなく進学でもないフリーター、ニート層が生まれた。文部科学省「学校基本調査」とリクルートワークス研究所「大卒求人倍率調査」を用いて筆者作成

キャリアの写真

無名浪人生が大学でドラ1に変貌したシンプルな理由
ブルペンに見る練習姿勢への疑問、上原浩治の投球論
上原浩治「正座をして見た」工藤公康さんのピッチング
上原浩治明かす「遅い球」と言われて勝ち続けた理由
日本代表ベスト8へ、ラグビー3つのルール
ジャイアンツはこのまま独走してしまうのか?

本日の新着

一覧
早く行きたい!日本旅行を待ちわびる中国人が急増中
「去年の今ごろは日本でアジサイを鑑賞していたのに」
山田 珠世
日本人医療ボランティアが見たNYの医療崩壊
実録・新型コロナウイルス集中治療の現場から(第8回)
ヒューモニー
科学者を犯罪に走らせる中国「千人計画」の正体
海外の高度技術を違法に取得、米国が本格的な取り締まりへ
古森 義久
世界経済、コロナ後の回復の行方
一部の国で底入れの兆し、脆い消費マインドに要注意
The Economist