本能寺の変、死を覚悟した信長がとった最期の行動

織田信長「遺体」の行方は? 戦国時代の謎と真実に迫る
2018.10.16(火) 小和田 泰経
歴史
この写真の記事へ戻る
現在の本能寺本堂。豊臣秀吉の命で移転。その後、焼失を繰り返したが1928年に現在の本堂が建立。
焼失した本能寺のあった場所には、石碑が建てられている(筆者撮影)。
京都の阿弥陀寺境内「織田信長信忠討死衆墓所」(著者撮影)。
密かに首を持ち出し埋葬したと言われる西山本門寺(筆者撮影)

ライフ・教養の写真

蒸気船の登場が可能にした『母をたずねて三千里』
絵本作家の気付き、科学と「当たり前」は両立しない
若き日のデヴィッド・ボウイの足跡
ロシアでアダルトショップ急増
減塩の最大のハードル、“おいしさ”はこうして保つ
ブレグジットとポンド危機