本能寺の変、死を覚悟した信長がとった最期の行動

織田信長「遺体」の行方は? 戦国時代の謎と真実に迫る
2018.10.16(火) 小和田 泰経
歴史
この写真の記事へ戻る
現在の本能寺本堂。豊臣秀吉の命で移転。その後、焼失を繰り返したが1928年に現在の本堂が建立。
焼失した本能寺のあった場所には、石碑が建てられている(筆者撮影)。
京都の阿弥陀寺境内「織田信長信忠討死衆墓所」(著者撮影)。
密かに首を持ち出し埋葬したと言われる西山本門寺(筆者撮影)

ライフ・教養の写真

パッショーネを秘めたリスタート
開幕泥沼の阪神タイガース「現場」と「育成」の迷走
2つの「げんせん」で企業価値を重視する日本株投信
日本は今まさに大転換期の真っ只中にいる
30歳でセミリタイア「FIRE」達成の方法とは
「世界一のカツカレー」閉店でもう食べられないのか

本日の新着

一覧
香港を殺す国家安全法、明らかになった非道な全文
完全にないがしろにされた一国二制度
福島 香織
BBC出演中に子どもが乱入 ニュースキャスターと会話
BBC
国民を弾道ミサイルから守る気がなかった日本政府
弾道ミサイル防衛を巡る大いなる詭弁が明らかに
北村 淳
日本は今まさに大転換期の真っ只中にいる
日本の特性とは何か(1)転換期の重要性
10MTVオピニオン