IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.12.13

アマゾンエフェクトからの脱却を図る小売業の新機軸
IoT時代、<ショッピング体験>が変わる

BY

米ウォルマート、銃器販売の年齢制限を21歳に引き上げへ

米メリーランド州のウォルマート店舗(2014年12月31日撮影)。(c) AFP PHOTO / SAUL LOEB〔AFPBB News

「アマゾンエフェクト」

 それは、アマゾン・ドット・コム(以下、アマゾン)が次々に仕掛ける破壊的イノベーションにより、伝統的な小売業を中心にさまざまな市場で進行している変化や混乱を指し示す。

 直近の米国小売業の動向に関する新聞報道を見ていこう。

 2018年10月中旬に小売業大手のシアーズが経営破綻し、事業継続が危ぶまれる事態に陥っていることは記憶に新しい。

 また11月22日からスタートした年末商戦においては、緒戦の2日間、リアル店舗の売上高は前年比で4〜7%の落ち込みを記録したのに対して、ネット通販の売上高は2割程度の増加になる見通しという(出典:2018年11月28日付 日本経済新聞朝刊)。

 単純な数字だけの比較なら、「アマゾンエフェクト」の影響は誰の目にも明らかだ。

 しかしながら、「アマゾンエフェクト」のモーメンタム(勢い感)が今後も際限もなく加速し続けるかというと、懐疑的な評価もあることも否めない。

 シアーズの経営破綻のニュースからわずか10日余りの2018年10月26日、ニューヨーク株式市場でそれを象徴する「事件」は起きた。

 アマゾンの株価が前日比約7.8%も下落し、企業価値を示す株式時価総額がマイクロソフトに抜かれて米企業第3位に甘んじることになったである。

 その直接的な引き金はアマゾンが前日に発表した決算*1だ。

 2018年7〜9月期(第3四半期)の業績は過去最高益を更新したものの、売上高がアナリストの予想をわずかに下回り、加えて年末商戦を含む10〜12月(第4四半期)についても期待を下回る弱気の見通しを示したことが株式市場に嫌気された。

 この「事件」は、アマゾンは依然、目を見張る急成長は持続できてはいるものの、高級スーパーのホールフーズ・マーケット(以下、ホールフーズ)買収が終了した昨年の夏頃と比べると、新たなプレイヤーの逆襲という外部要因によって独走態勢が必ずしも盤石ではないことを暗示しているようにも映る。

*1:2018年10月26日のアマゾン株の終値は1642.81ドル。2018年7〜9月期(第3四半期)の売上高は前年比29%増の566億ドル(アナリスト予想は571億ドル)。10〜12月(第4四半期)の売上高予想は665億〜725億ドル(アナリスト予想は738億ドル)(出典:Bloomberg)。同時期にアップル株がiPhone Xの販売不振から大きく値を下げ、アマゾン株の急落がさほど大きなニュースにならなかったのは、アマゾンにとって不幸中の幸いであったと言える。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ドコモ、IoTデバイス保護ソリューション「ドコモ・クラウド基盤ネットワークセキュリティサービス」を提供開始
NVIDIAとAWSが提携、エッジデバイスでのAI活用を後押し
【マンガ】Notesで「AI」「チャットボット」なんて無理だと思っていたのに……
ベッドに入れるだけで睡眠計測、「au HOME」のホームIoT新製品で睡眠の質が変わるかも【今日も元気に仕事しよう!】
国内IoT市場のユーザー支出額、2023年まで年平均13.3%で成長--IDC調査
オートバックス、大分県と包括連携協定を締結 IoTで安心・安全を提供
NVIDIA、JetsonとAWSとの連携を発表 エッジAIが容易に
日立、利用実績のあるLumadaソリューションをコンテナ化した「Lumada Solution Hub」を発表 | IT Leaders
街路灯をSigfoxでIoT化、オプテックスが杉並区で実証実験
Gunosy、データ利活用を促進する専門組織「Gunosy Tech Lab」を新設 
離農時代を救う「アグリテック」注目はIoTとAIーースタートアップが語る注目テクノロジー/笑農和代表取締役 下村豪徳氏
IoTでアワビを陸上養殖、KDDIと浜松市が連携
IoTシステムをDIY感覚で設計でき、AWSと連携できるオープンソースプロジェクト「Degu」が発足 | IT Leaders
日立、Lumadaのコンテナ化で導入を迅速化--AWS、Azureでも稼働可能に
国内イノベーショントレンド大集結 無料展示ブース紹介
日立、「JP1 for IoT」を販売--IoT向け運用管理を最適化

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。