IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.03.20

AIが話し手へ、採用面接官やアナウンサーになる日
合成音声特有の違和感が解消、24時間疲れ知らずの戦力に

BY

AI面接サービス「SHaiN」for Pepperでの面接の様子

単純作業はもちろん、接客や創作活動などの元来「人でなければ」と思われていた分野にも進出し始めているAI。最近では、アナウンサーや企業の採用面接官、ラジオパーソナリティーなどプロの“話し手”として活躍するAIも存在するという。例えば、和歌山県でコミュニティFM放送を行なう特定非営利活動法人、エフエム和歌山が業界に先駆けて人工知能アナウンサー「ナナコ」を導入したことは大きな話題を呼んだ。

今回はこうした、プロの話し手として情報発信に携わっているAIについて見ていこう。

24時間ニュースや災害情報を届ける、疲れ知らずのAIアナウンサー

・災害発生時、5時間休みなしで原稿を読み上げ続けた「ナナコ」

冒頭でも触れた、エフエム和歌山の人工知能アナウンサーナナコ。Amazon Web Service(AWS)の人工知能サービス「Amazon Polly」を用いて制作されたナナコは、2017年7月から現在に至るまで、毎日決まった時間に読売新聞ニュースや天気予報の自動読み上げを行なっている。

災害時の利用も想定されており、実際2017年9月に台風18号が和歌山県を通過した際には、このナナコが19時から24時間までの5時間、日本語と英語の両方で被害情報などを読み上げ続けた。

先に挙げた日々のニュースや天気予報を定められた時間に完全無人で生放送するためのウェブシステムや、24時間災害情報をバイリンガルで放送し続けるソフトウェアは、同局の職員が手作りしてしまったのだというから驚きだ。

実際にナナコによる天気予報を聞いてみたが、かなり自然で違和感も少ない。落ち着いた印象の声なので、災害時の利用にも適していると言えよう(ナナコの“声”にはAmazon Pollyで提供されている日本語の女性音声“Mizuki”が使われている)。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ツイート・メール・株価などあらゆる情報を表示&IFTTT連携で無限の可能性を感じるスマートクロック「LaMetric TIME」を使ってみた
空港案内から“手ぶらショッピング”まで 顔認証で顧客最適化――和歌山県白浜エリアでNECらが共同実証
海中センサーとドローンで広島の養殖牡蠣の生育環境を保全――シャープ、東大らが共同実証へ
NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders
Armが2019年のIoT分野について予測を発表
「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より
アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方
主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査
[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入
JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ
White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた
アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」
IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表
第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?
スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す
Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。