IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.03.06

ブロックチェーンが変える新しい食物流通とは
暗号通貨だけではないブロックチェーンの活用事例その2

BY

2018年になって仮想通貨の取引所で重大な事故が立て続けに発生している。コインチェックによるNEM流出や、Zaifでビットコインが0円で購入できてしまうバグが発生するなど仮想通貨界隈が悪い意味で注目を浴びている。

アメリカではゴールドマン・サックスグループの投資調査の責任者が「大半の仮想通貨は現在のままの形で生き残ることはないだろう」とコメントするなど、ネガティブなニュースが先行している。

しかし、これらの問題は仮想通貨を支える技術「ブロックチェーン」の価値や信頼性とは関係ない。

ブロックチェーン技術を活用して変革が起こる業界はこれからも増え、人々のビジネスや生活を変え続けていくだろう。

そんなブロックチェーンは昨今、農業への適用も進んでいるのをご存知だろうか。変化の内容と生産者・消費者へのメリットを含めて、ブロックチェーンと農業の今を簡単に解説し、ブロックチェーンがこれから様々な業界にどのような影響をもたらすのかを考察する。

そもそもブロックチェーンとは?

ブロックチェーンについて、簡単におさらいをしておこう。

ブロックチェーンとは、言ってみれば様々なプレイヤーが共同で利用できる帳簿のようなものだ。P2Pという分散管理ネットワーク技術によって信頼性や追随性などが担保される。インターネットのように多くのコンピューターが参加できる状況において、中央で管理する存在がなくとも、参加者の間で合意形成ができるという仕組みで、データの改ざんが事実上不可能になる。

この技術が仮想通貨であるビットコインに実装されて世に出たところから、「ブロックチェーン≒仮想通貨」との認識を持つ人が多い。間違ってはいないのだが、この技術を活用できる業界は仮想通貨に限らず、幅広い。

農業とブロックチェーンの解説をするにあたり、詳細なブロックチェーン技術の解説は省くが、以下の3つの特徴を把握しておけば読み進めることができるだろう。

1.ブロックチェーンはデータを分散処理していること

2.誰かが自分のデータだけ改ざんしようとしても、ネットワーク内で分散共有されているので、整合性がとれなくなるためにできないこと

3.ブロックチェーンネットワークの参加者は勝手に改ざんできない帳簿データを共有すること

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

パナソニックなど、住宅向けIoTサービスの事業化に向け協議
Sigfoxで高齢者見守り、大阪府住宅供給公社が8月から実証実験
ソフトバンクのNB-IoT戦略――月額10円~で全国展開
NECら、加古川市でスマートシティプロジェクト - 見守りサービス導入
IoTデバイス・サービスを顧客とマッチング、ソフトバンクが約140社と「パートナープログラム」
IoT時代のビルシステム向けセキュリティ対策、NTTセキュリティらが提供
Microsoftとタッグを組んだWalmart 対Amazonで譲れるものと譲れないもの
アサヒ電子・TIS・ブリスコラ、脈波・血管年齢を算出するアルゴリズムとデータを収集・活用向けIoTプラットフォーム/APIゲートウェイを共同開発
三井不動産が東京・日本橋でIoT実証実験、センスウェイのLoRaWANを活用
丸紅情報システムズ、IoTデバイス向け軽量暗号「Speck」に対応する暗号鍵保護ソフトウェアを提供
OKI、IoTやAIを活用しビジネスモデルの再構築を支援する店舗デジタル変革製品を提供 | IT Leaders
ソラコム初のピッチイベント、Moffなど注目IoTスタートアップ登壇
IoT人気記事ランキング|NECが少量の収集データで活用可能な機械学習技術を開発、など[7/9-7/15]
「スマートスピーカーに飽きた人にも使って欲しい」──au HOMEが機能拡充、Alexa対応
ソフトバンク、顧客とパートナーをマッチングさせIoTビジネスの拡大を図るプログラム
西松建設、LPWAとIoT技術を用いた農業分野向け計測監視システムの実証実験を開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。