IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.03.15

5Gがついに主役に、世界が目指す2019年商用化
対応端末やユースケースがてんこ盛りのMWC 2018現地レポート

BY


「5Gの世界がどんどん近づいてきている!」

2018年2月26日~3月1日にスペイン・バルセロナで開催されたモバイル通信業界の世界的イベント「Mobile World Congress 2018」(MWC 2018)では、次世代のモバイル通信方式である「5G」がついに主役に立った。5Gは日本では2020年の商用化を目指すというスケジュール感で話がなされているが、世界の流れはもっと早いことを体感するイベントであった。

スペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2018」

一方で、最近のMWCで目立ったキーワードだった「コネクテッドカー」や「IoT」は、イベントの中では少し影が薄く感じられた。展示してある自動車の数は2017年よりも明らかに少ない印象であるし、IoTの大きな文字を見かけることも少なくなった。これは、コネクテッドカーやIoTが用途としてなくなったのではなく、間近に迫る5Gのユースケースに取り込まれていっているからだといえるだろう。

昨年のMWC 2017で話題になったIoT向けのセルラー方式のLPWA(Low Power Wide Area)通信技術である「LTE-M」や「NB-IoT」は、標準化が終わって2017年に世界各国でサービスが始まっている。モバイル通信を活用したIoTが、現実のことになってきていることも、イベントの場で大きな話題になりにくくなっていることの一因であろう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

パナソニックなど、住宅向けIoTサービスの事業化に向け協議
Sigfoxで高齢者見守り、大阪府住宅供給公社が8月から実証実験
ソフトバンクのNB-IoT戦略――月額10円~で全国展開
NECら、加古川市でスマートシティプロジェクト - 見守りサービス導入
IoTデバイス・サービスを顧客とマッチング、ソフトバンクが約140社と「パートナープログラム」
IoT時代のビルシステム向けセキュリティ対策、NTTセキュリティらが提供
Microsoftとタッグを組んだWalmart 対Amazonで譲れるものと譲れないもの
アサヒ電子・TIS・ブリスコラ、脈波・血管年齢を算出するアルゴリズムとデータを収集・活用向けIoTプラットフォーム/APIゲートウェイを共同開発
三井不動産が東京・日本橋でIoT実証実験、センスウェイのLoRaWANを活用
丸紅情報システムズ、IoTデバイス向け軽量暗号「Speck」に対応する暗号鍵保護ソフトウェアを提供
OKI、IoTやAIを活用しビジネスモデルの再構築を支援する店舗デジタル変革製品を提供 | IT Leaders
ソラコム初のピッチイベント、Moffなど注目IoTスタートアップ登壇
IoT人気記事ランキング|NECが少量の収集データで活用可能な機械学習技術を開発、など[7/9-7/15]
「スマートスピーカーに飽きた人にも使って欲しい」──au HOMEが機能拡充、Alexa対応
ソフトバンク、顧客とパートナーをマッチングさせIoTビジネスの拡大を図るプログラム
西松建設、LPWAとIoT技術を用いた農業分野向け計測監視システムの実証実験を開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。