IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.03.19

CES 2018で爪痕を残した「リアルの逆襲」
IoT時代、<リアル体験の価値>が変わる

BY

CES 2018におけるBMWの野外ブース。(筆者撮影、以下同様)

 世界に冠たるグローバル企業の経営トップが記者会見や基調講演に相次いで登壇し、「なりわい」革新を宣言したCES 2018。

 IoTによる破壊的イノベーションが加速することで「近未来の生活体験」が部分的にではあるものの、一段とリアリティを持ち始めたことについては、この1月と2月の寄稿でお伝えした通りである。

【参考】
企業トップが『なりわい』革新を唱えたCES 2018
CES 2018で見たコネクテッドな生活の近未来

 しかしながら、テクノロジー主導の進化に対するアンチテーゼとしてCES 2018の期間中、「リアルの逆襲」を強く印象付ける出来事にも偶然に触れ、否応なく考えさせられる機会が多かったこともまた事実である。

 CES2018レポートの締めくくりとして、今回はこのビッグイベント周辺で実感した「積み残された課題」についてお伝えしたい。

度肝を抜かれたBMWの「究極のドライビング体験」

 “THE ULTIMATE DRIVING EXPERIENCE”(究極のドライビング体験)。

 CES 2018のメイン会場となるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)に今回初めて足を踏み入れた来場者は例外なく仰天したに違いない。

 会場のメイン導線にある野球場くらいの広さの駐車場を、BMWが借り切って派手なイベントを展開している。

 シャンパン・ゴールドに塗装されたBMW M3に来場者が乗り込んだ1秒後。クルマはフルスロットルで急加速、ドリフトとスラロームを執拗に繰り返し、タイヤがアスファルトの路面を擦り付けるスキッド音と濛々たる白煙を残して疾走する。

 それも1台ではなく、常時数台のBMW M3が間髪をおかず、ストップ&ゴーを繰り返しているのだ。

【参考】The Ultimate Driving Experience @ CES 2018

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

b8taが仕掛けるショールーム新ビジネス、Googleのスマートホーム製品群を体験ーー鍵は「店舗滞在データ」にあり
IoT/ブロックチェーンスタートアップのBlue Ocean、ゴミ箱に食べ残しを捨てるたびポイントがもらえるサービスを開始
3社共同で製造業向けIoTサービスを実現--THK、ドコモ、シスコ
ソフトバンクC&Sが中国Tuyaと提携、最短15日で家電をIoT化
第一人者たちが語る「対話AI」のビジネスと未来像とは
日立、生産現場のOT/ITデータをひも付けて生産工程を最適化するサービス「IoTコンパス」 | IT Leaders
イントラマート、デジタル技術で顧客のDXを支援するソリューションサービス「intra-mart BIORA」
製造部品大手のTHK、NTTドコモ、シスコと予兆検知のIoTサービス提供へ | IT Leaders
「CEATEC JAPAN 2018」レポート。NEXCO東日本が初出展、ICTを活用したメンテナンスを紹介
<山のIoT>LPWAをキラー技術に、人・動物の測位から防災まで
衣類を自動で折りたたむタンス「INDONE」プロトタイプを発表
LED照明市場の変化に合わせてモノづくり革新を推進するパナソニック 新潟工場
ソラコム、「AWS IoT 1-Click」対応のセルラー通信内蔵ボタン「SORACOM LTE-M Button」を発売
7種のセンサーとバッテリー搭載、京セラからLPWA対応のIoTユニット
Pelionでx86も管理できる、IntelとArmがIoTで提携
JUKIと日立、IoTを活用したプリント基板生産ラインの最適化で協業

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。