IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.02.19

CES 2018で見たコネクテッドな生活の近未来
IoT時代、<家の中での体験>も変わる

BY

CES 2018で、スマートホームをアピールするサムスンの展示ブース。(著者撮影、以下同様)

 トヨタ、フォード、インテルなど、グローバル企業のトップ自らが企業としての「なりわい」革新を宣言したことで注目を集めたCES 2018。

【参考】企業トップが「なりわい」革新を唱えたCES 2018
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52114

 前回のレポートの最後の方でもお伝えしたように、世界を揺るがすゲームチェンジは、「自動運転」をめぐる企業間競争だけで起きているわけではない。

「スマートシティ・スマートホーム」や「ウェルネス・フィットネス」という私たちのプライベートな生活に直結する領域でも、既にノンリニアな破壊的イノベーションがすでに始まっている。

 しかもその多くは、いまだ構想やリーン・スタートアップの段階にある「自動運転」の領域とは違い、本格的な市場導入を照準に据えて導入が進められているものばかりだ。

 今回は「家の中での体験」、特に著者がCES 2018の中でもホットに感じた「スマートホーム」と「ウェルネス」の領域にテーマを絞り、リアリティを持った「コネクテッド」な近未来についての洞察を深めたい。

破壊的イノベーションが始まっている「家の中での体験」

 まずはスマートホームの領域から見ていこう。

 独自開発の音声AI「Bixby(ビクスビー)」を導入して、スマート家電を統合運用するような世界観を創り出し、効果的なプレゼンテーションを行っていたのがサムスンだ。

 サムスンの「Family Hub」は、扉の前面に大型スクリーンを備えたインテリジェントな大型冷蔵庫だ。お客さま(家の住人)がBixbyに話しかけるだけで、庫内に保存されている賞味期限切れになりそうな食材のラインナップと、それらの食材を使って簡単に調理することができる料理のレシピを提案してくれるというものだ。

 以下の短い動画を見て欲しい。「Family Hub」は米国内では今年から市場投入されるということだ。

[CES 2018] Bixby Demonstration: Samsung Family Hub Refrigerator

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

パナソニックなど、住宅向けIoTサービスの事業化に向け協議
Sigfoxで高齢者見守り、大阪府住宅供給公社が8月から実証実験
ソフトバンクのNB-IoT戦略――月額10円~で全国展開
NECら、加古川市でスマートシティプロジェクト - 見守りサービス導入
IoTデバイス・サービスを顧客とマッチング、ソフトバンクが約140社と「パートナープログラム」
IoT時代のビルシステム向けセキュリティ対策、NTTセキュリティらが提供
Microsoftとタッグを組んだWalmart 対Amazonで譲れるものと譲れないもの
アサヒ電子・TIS・ブリスコラ、脈波・血管年齢を算出するアルゴリズムとデータを収集・活用向けIoTプラットフォーム/APIゲートウェイを共同開発
三井不動産が東京・日本橋でIoT実証実験、センスウェイのLoRaWANを活用
丸紅情報システムズ、IoTデバイス向け軽量暗号「Speck」に対応する暗号鍵保護ソフトウェアを提供
OKI、IoTやAIを活用しビジネスモデルの再構築を支援する店舗デジタル変革製品を提供 | IT Leaders
ソラコム初のピッチイベント、Moffなど注目IoTスタートアップ登壇
IoT人気記事ランキング|NECが少量の収集データで活用可能な機械学習技術を開発、など[7/9-7/15]
「スマートスピーカーに飽きた人にも使って欲しい」──au HOMEが機能拡充、Alexa対応
ソフトバンク、顧客とパートナーをマッチングさせIoTビジネスの拡大を図るプログラム
西松建設、LPWAとIoT技術を用いた農業分野向け計測監視システムの実証実験を開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。