IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.02.19

CES 2018で見たコネクテッドな生活の近未来
IoT時代、<家の中での体験>も変わる

BY

CES 2018で、スマートホームをアピールするサムスンの展示ブース。(著者撮影、以下同様)

 トヨタ、フォード、インテルなど、グローバル企業のトップ自らが企業としての「なりわい」革新を宣言したことで注目を集めたCES 2018。

【参考】企業トップが「なりわい」革新を唱えたCES 2018
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52114

 前回のレポートの最後の方でもお伝えしたように、世界を揺るがすゲームチェンジは、「自動運転」をめぐる企業間競争だけで起きているわけではない。

「スマートシティ・スマートホーム」や「ウェルネス・フィットネス」という私たちのプライベートな生活に直結する領域でも、既にノンリニアな破壊的イノベーションがすでに始まっている。

 しかもその多くは、いまだ構想やリーン・スタートアップの段階にある「自動運転」の領域とは違い、本格的な市場導入を照準に据えて導入が進められているものばかりだ。

 今回は「家の中での体験」、特に著者がCES 2018の中でもホットに感じた「スマートホーム」と「ウェルネス」の領域にテーマを絞り、リアリティを持った「コネクテッド」な近未来についての洞察を深めたい。

破壊的イノベーションが始まっている「家の中での体験」

 まずはスマートホームの領域から見ていこう。

 独自開発の音声AI「Bixby(ビクスビー)」を導入して、スマート家電を統合運用するような世界観を創り出し、効果的なプレゼンテーションを行っていたのがサムスンだ。

 サムスンの「Family Hub」は、扉の前面に大型スクリーンを備えたインテリジェントな大型冷蔵庫だ。お客さま(家の住人)がBixbyに話しかけるだけで、庫内に保存されている賞味期限切れになりそうな食材のラインナップと、それらの食材を使って簡単に調理することができる料理のレシピを提案してくれるというものだ。

 以下の短い動画を見て欲しい。「Family Hub」は米国内では今年から市場投入されるということだ。

[CES 2018] Bixby Demonstration: Samsung Family Hub Refrigerator

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

宅配ボックス、EV充電器、シェア自転車などに決済や制御を追加できるIoT装置「NEC Digital Concierge」 NECから
魅力あるIoTエッジの開発アプローチに垣間見るプラットフォーム提供の在り方
NTT東が中小工場向けIoTパッケージ――トライアルでは4%の稼働率向上を実現
AIによる自律化、クラウド化、そしてサービス化が進むストレージの現在と未来
環境発電で動作するコントローラー、ルネサスがSOTBを初適用
KDDI、富士山遭難者救助にドローンを活用
ヤマザキマザック、IoTを活用したコネクテッドサービス「Mazak iCONNECT」を2019年4月より提供開始
IoT向けネットワークLoRaWAN、普及のために日本の協会が設立
OKI、固定網/PHSからLTEへのマイグレーションを実現する「マルチキャリア対応音声IoTゲートウェイ」を販売開始
VAIOとモフィリアが指静脈認証技術で協業、法人向けに認証デバイスを提供
基幹業務アプリのSaaS移行で“最後のアップグレード”を、オラクル
IoTドアと窓で戸締まり確認 センサー電源不要
NTT東日本、生産現場を「見える化」できる工場向けIoTパッケージを提供
消費電流95nAのIoT/ウェアラブル端末向けLDO
ユビキタスAIコーポレーションと凸版印刷、IoT機器のライフサイクルマネジメントを中核とした「Edge Trust」を2019年3月提供
EDAプラットフォームに備わるセキュリティ確保の仕組み | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。