IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.02.16

ドローンタクシーが日本の空を飛ぶ日
「ビバ!ドローン」編集長・楯氏に聞く日本の現状

BY

ドローンを活用した取り組みに関する話題を目にする機会が増えた。

最近では、オーストラリアの海を泳いでいて沖に流されてしまった2人に、ドローンを使って救命具を投下し救出したというニュースを目にした人も多いのではないだろうか? ドローンに搭載されていたカメラが救助の瞬間も捉えている。

実際の救助の様子

ドローンはこれまでの農業や物流といった分野から、ついに人を運ぶというより精緻な動きを求められる分野にまで応用が始まっている。

最近では自動車配車サービスを運営するUberが、空飛ぶタクシーサービス「uberAIR」のコンセプト動画を作成した。2020年を目処にアメリカのダラスやロサンゼルスといった都市で空飛ぶタクシーの実用化をすすめているのだ。

 

アメリカで唯一の大型旅客機メーカー「ボーイング」が航空テクノロジー開発企業Aurora Flight Sciences(AFS)を買収したというニュースも話題となったが、これは同社がUberの空飛ぶタクシー構想の「Uber Elevate」に携わっているからだという。

また中国のドローンスタートアップEHangは、2018年までにドバイで「ドローン・タクシー」としてオペレーションを開始すると言う計画を立てているという。すでに有人でドローンが飛行するシーンが動画で公開されている。世界に目を向けてみると、 “タクシーが空を飛ぶ日”が目の前に迫っている。

 

世界的に空飛ぶタクシー構想が進められている中、日本でもそのような動きがあるのだろうか?

ドローン専門メディア「ビバ!ドローン」の編集長であり、運営会社のドローンデパートメントのCOOでもある楯雅平(たてまさひら)氏に、日本の現状について話を聞いた。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT向けネットワークLoRaWAN、普及のために日本の協会が設立
OKI、固定網/PHSからLTEへのマイグレーションを実現する「マルチキャリア対応音声IoTゲートウェイ」を販売開始
VAIOとモフィリアが指静脈認証技術で協業、法人向けに認証デバイスを提供
基幹業務アプリのSaaS移行で“最後のアップグレード”を、オラクル
IoTドアと窓で戸締まり確認 センサー電源不要
NTT東日本、生産現場を「見える化」できる工場向けIoTパッケージを提供
消費電流95nAのIoT/ウェアラブル端末向けLDO
ユビキタスAIコーポレーションと凸版印刷、IoT機器のライフサイクルマネジメントを中核とした「Edge Trust」を2019年3月提供
EDAプラットフォームに備わるセキュリティ確保の仕組み | IT Leaders
なぜ「変革が必須」の小売で、デジタル対応“した”店舗が逆に苦しむのか
今なお人気の「Arduino」、IoT時代の到来で
IoTやAIが浸透したデジタル社会の取り組みを披露--NECの新野社長が基調講演
Gartner、2018~2023年の戦略的IoTテクノロジートレンドのトップ10を発表
携帯基地局に「カメラ」設置 ソフトバンクが法人向け新サービス
水中環境を計測できるIoTルアー「スマートルアーα」
and factory、IoT学生寮をプロデュース--騒音など共同生活の課題をIoTで解決

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。