IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.01.31

IoTベビーモニターで高額資金調達ができた理由
シリコンバレー発スタートアップの成功事例(前編)

BY

ベビーモニターで500万ドル超の調達に成功

 米国・シリコンバレー発のスタートアップ「Cocoon Cam」(コクーン・カム)。同名のベビーモニターを企画・販売する企業だ。このCocoon Cam、ただのベビーモニターではなく「スマートなベビーモニター」なのである。

 どこが「スマート」なのか?

 それは、赤ちゃんの様子をただ映し出すだけでなく、人工知能(AI)の技術を使って撮影した映像を分析し、赤ちゃんが正常に呼吸しているかどうかを、スマートフォンを通じてユーザーに知らせてくれるところだ。

シリコンバレー発のスタートアップがリリースしたベビーモニターCocoon Cam

 「静かに眠っているように見えて、実は息が止まっていた」といった状態にわが子が陥っていないかなど、心配ごとがつきない親の気持ちに寄り添ってくれる。

 Cocoon Camは、2017年2月に製品をローンチしたばかりとアーリーステージの段階ながら、シリーズAと呼ばれるスタートアップに対する初期の投資ラウンドで、同年7月に400万ドル(日本円換算:約4.35億円)もの額の資金調達に成功した。

 これに先立ち、アルゴリズム開発のため、アメリカ国立科学財団(National Science Foundation)から5万ドル(日本円換算:約543万円)を調達したのを皮切りに、合計500万ドルを超える額の投資を集めている。

 ハイテク系のベンチャースタートアップの乱立するシリコンバレーにおいて、これだけうまく資金を集めることができたCocoon Camとは、どのような会社なのか。その製品とは一体どのようなものなのか?

 日本にはまだ上陸していないが、小さな赤ちゃんを育てる大人をサポートし、子どもの成長記録にもなるなど、従来のベビーモニターの役割を超えた新たな子育ての必需品になりそうな予感がする。

 筆者は同社の設立者の一人であるCEOのSivakumar Nattamai氏に取材した。その誕生ストーリーから、シリコンバレーのアーリーステージにある、まさに走り出したばかりのスタートアップ企業の生の情報を紹介したい。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

トイレを電池・配線レスでIoT化、スライドラッチ受け「SWITCHSTRIKE AIR」3月末に発売 元離宮二条城で試験運転も開始
BIGLOBEモバイルがIoT/M2M通信向けサービスを強化 月額400円台からの低価格プランや固定IPオプションなどを提供
住友電工とNEC、モビリティ事業で協業--自動車でのAI/IoT活用を加速
“トイレのIoT化”で混雑時の利用効率を向上--安否確認や犯罪防止にも活用
混雑トイレに新たな"IoT"、世界遺産、元離宮二条城での試験運用開始
シーメンスのIoTプラットフォームがAWS上で利用可能に | IT Leaders
Keychain、ブロックチェーンを使ったIoT認証セキュリティソフトを開発
三菱電機、低消費電力や低コストをAI技術で実現
NTT Comと成蹊大、IoTによる大学構内の環境モニタリング実証実験を開始
IoTデバイスのセキュリティ向上へ--MITが低電力暗号処理チップを開発
VMwareがIoTセキュリティで特に重視するのは自動車業界
Oracle、「Oracle IoT Cloud」の新しいインダストリー4.0機能を発表
三菱電機、AI技術で機器やエッジをスマート化
クアルコムが産業IoT向け「Wireless Edge Services」、5G NRの計画など披露
【NW未来予想図04】セルラーLPWAが急成長――2022年にはNB-IoTがシェア50%近くに
BIGLOBEモバイルがIoT向け通信サービスを強化、低容量の100MB/上り高速の300GBプラン

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。