IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.01.31

IoTベビーモニターで高額資金調達ができた理由
シリコンバレー発スタートアップの成功事例(前編)

BY

ベビーモニターで500万ドル超の調達に成功

 米国・シリコンバレー発のスタートアップ「Cocoon Cam」(コクーン・カム)。同名のベビーモニターを企画・販売する企業だ。このCocoon Cam、ただのベビーモニターではなく「スマートなベビーモニター」なのである。

 どこが「スマート」なのか?

 それは、赤ちゃんの様子をただ映し出すだけでなく、人工知能(AI)の技術を使って撮影した映像を分析し、赤ちゃんが正常に呼吸しているかどうかを、スマートフォンを通じてユーザーに知らせてくれるところだ。

シリコンバレー発のスタートアップがリリースしたベビーモニターCocoon Cam

 「静かに眠っているように見えて、実は息が止まっていた」といった状態にわが子が陥っていないかなど、心配ごとがつきない親の気持ちに寄り添ってくれる。

 Cocoon Camは、2017年2月に製品をローンチしたばかりとアーリーステージの段階ながら、シリーズAと呼ばれるスタートアップに対する初期の投資ラウンドで、同年7月に400万ドル(日本円換算:約4.35億円)もの額の資金調達に成功した。

 これに先立ち、アルゴリズム開発のため、アメリカ国立科学財団(National Science Foundation)から5万ドル(日本円換算:約543万円)を調達したのを皮切りに、合計500万ドルを超える額の投資を集めている。

 ハイテク系のベンチャースタートアップの乱立するシリコンバレーにおいて、これだけうまく資金を集めることができたCocoon Camとは、どのような会社なのか。その製品とは一体どのようなものなのか?

 日本にはまだ上陸していないが、小さな赤ちゃんを育てる大人をサポートし、子どもの成長記録にもなるなど、従来のベビーモニターの役割を超えた新たな子育ての必需品になりそうな予感がする。

 筆者は同社の設立者の一人であるCEOのSivakumar Nattamai氏に取材した。その誕生ストーリーから、シリコンバレーのアーリーステージにある、まさに走り出したばかりのスタートアップ企業の生の情報を紹介したい。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTで構築した「スマートホーム」は通信を暗号化していても生活をのぞき見される可能性があるという研究結果
コマツのICT建機は農業も変える ―― 石川県で進む「IoTでスマート農業」
“衛星IoT”市場が創成期、新興企業も次々と誕生
国内IoT企業が取るべき行動とは――IDC Japan、国内IoT市場のデータエコシステム事業者に関する調査結果を発表
フランス生まれのIoTスタートアップ「“LPWA先進国”とアジアをつなぐ」
IoT人気記事ランキング|スマートドライブが17億円の資金調達、Embedded Technology 2018など[8/6-8/12]
IDC、国内IoT市場「データエコシステム」事業者調査結果を発表
IoTと非IoTで2025年に163兆GB--データビジネスのエコシステム広がる
アカマイ“第5の柱”はIoTか、ブロックチェーンか? 幹部に聞く
GEとマイクロソフト、産業IoT(IIoT)のパートナーシップを拡大
富士ソフト、Litmus AutomationのIoTプラットフォームを提供
IoTセンサーにぴったり、シャープが取り組む新たな太陽電池技術とは
Cerevo出身エンジニアが二人で作り上げたIoT照明「wesign」開発秘話
マクニカネットワークスと日本ヒューレット・パッカード、IoT活用で「FogHornスタート支援パッケージ」を提供開始
KDDI、IoT向けLPWAサービスの新プラン 月間2MBまでのデータ通信量を基本料金に内包
ため池の水位をIoTセンサーで確認、高松市で実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。