IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.01.31

IoTベビーモニターで高額資金調達ができた理由
シリコンバレー発スタートアップの成功事例(前編)

BY

ベビーモニターで500万ドル超の調達に成功

 米国・シリコンバレー発のスタートアップ「Cocoon Cam」(コクーン・カム)。同名のベビーモニターを企画・販売する企業だ。このCocoon Cam、ただのベビーモニターではなく「スマートなベビーモニター」なのである。

 どこが「スマート」なのか?

 それは、赤ちゃんの様子をただ映し出すだけでなく、人工知能(AI)の技術を使って撮影した映像を分析し、赤ちゃんが正常に呼吸しているかどうかを、スマートフォンを通じてユーザーに知らせてくれるところだ。

シリコンバレー発のスタートアップがリリースしたベビーモニターCocoon Cam

 「静かに眠っているように見えて、実は息が止まっていた」といった状態にわが子が陥っていないかなど、心配ごとがつきない親の気持ちに寄り添ってくれる。

 Cocoon Camは、2017年2月に製品をローンチしたばかりとアーリーステージの段階ながら、シリーズAと呼ばれるスタートアップに対する初期の投資ラウンドで、同年7月に400万ドル(日本円換算:約4.35億円)もの額の資金調達に成功した。

 これに先立ち、アルゴリズム開発のため、アメリカ国立科学財団(National Science Foundation)から5万ドル(日本円換算:約543万円)を調達したのを皮切りに、合計500万ドルを超える額の投資を集めている。

 ハイテク系のベンチャースタートアップの乱立するシリコンバレーにおいて、これだけうまく資金を集めることができたCocoon Camとは、どのような会社なのか。その製品とは一体どのようなものなのか?

 日本にはまだ上陸していないが、小さな赤ちゃんを育てる大人をサポートし、子どもの成長記録にもなるなど、従来のベビーモニターの役割を超えた新たな子育ての必需品になりそうな予感がする。

 筆者は同社の設立者の一人であるCEOのSivakumar Nattamai氏に取材した。その誕生ストーリーから、シリコンバレーのアーリーステージにある、まさに走り出したばかりのスタートアップ企業の生の情報を紹介したい。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders
Armが2019年のIoT分野について予測を発表
「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より
アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方
主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査
[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入
JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ
White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた
アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」
IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表
第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?
スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す
Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催
「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調
HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供
Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。