IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.10.30

「xR技術」がビジネス領域へと浸透していく
VR/AR/MRのビジネス応用事例とは

BY

“カンブリア大爆発”を予感させるxR端末

“VR元年”と言われた2016年を超えて、2017年に入ってから耳にすることが増えた「xR」という言葉。VR=Virtual Reality、AR=Augumented Reality、MR=Mixed Realityを総称した呼称だが、2017年はまさに「xR元年」とも呼べるような年となった。

VR用端末の「HTC Vive」「Oculus Rift」「PlayStation VR」、AR機能を持つGoogle Tango対応端末の「Lenovo Phab 2 Pro」「ZenFone AR」、同じくARを実現するAppleの「ARKit対応端末」、そして、MR対応端末の「Microsoft HoloLens」「Windows Mixed Realityヘッドセット」など、各社から様々なデバイスが発売されている。

そんな中、AR/VRヘッドセットの世界/国内出荷台数予測をIDC Japanが発表した。

発表によれば、2017〜2021年のAR/VRヘッドセット世界出荷台数は年間平均で56.1%と高成長で推移すると見られ、合計で8,120万台になると予測している(IDC Japan「AR/VRヘッドセットの世界/国内出荷台数予測を発表」より)。

端末が普及し、技術が一般的になってくるにつれ、注目されるのがビジネスへの応用だ。

家具を買う前に試し置きできるARアプリ「IKEA Place」

スウェーデン発祥の大手家具販売店IKEAは、iOS向けのARアプリ「IKEA Place」を10月16日に公開した。iOS 11に搭載された「ARKit」に対応しており、IKEAの家具を自宅で配置して、色やサイズなどを確かめることができる。

ARで表示された自宅の部屋のサイズに合わせて家具の画像は自動調整され、布地の質感や家具に落ちる光や影の具合も再現。配置した様子は画像や動画として保存可能だ。

今回、アプリの公開に合わせて、2,000点以上の商品が用意されている。気に入れば、そのままアプリからオンラインストアへ接続して購入することもできる。

 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマートファクトリーのプラットフォーム化と要素技術 —第2回スマート工場EXPOレポート1
工場のIoT、セキュリティもまずは「可視化」から —第2回スマート工場EXPOレポート2
ソフトフロントジャパンとエコノミカル、トータルIoTソリューションサービス「まとめてIoT」を提供開始
2018年グローバルヘルスケアの8大トレンド(ニュース)
CES2018で感じた、コンシューマーIoTにおける“繋ぐ”価値の必要性
マイクロソフトは独自の「小さなチップ」で、次世代のIoT製品を守ろうとしている
「データを無理して1カ所に集めない」―Clouderaの新アプローチ、Shared Data Experienceとは?
山田祥平のニュース羅針盤 第111回 IoTの時代だから、もっと健康もつながれる
IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。