IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.10.30

「xR技術」がビジネス領域へと浸透していく
VR/AR/MRのビジネス応用事例とは

BY

“カンブリア大爆発”を予感させるxR端末

“VR元年”と言われた2016年を超えて、2017年に入ってから耳にすることが増えた「xR」という言葉。VR=Virtual Reality、AR=Augumented Reality、MR=Mixed Realityを総称した呼称だが、2017年はまさに「xR元年」とも呼べるような年となった。

VR用端末の「HTC Vive」「Oculus Rift」「PlayStation VR」、AR機能を持つGoogle Tango対応端末の「Lenovo Phab 2 Pro」「ZenFone AR」、同じくARを実現するAppleの「ARKit対応端末」、そして、MR対応端末の「Microsoft HoloLens」「Windows Mixed Realityヘッドセット」など、各社から様々なデバイスが発売されている。

そんな中、AR/VRヘッドセットの世界/国内出荷台数予測をIDC Japanが発表した。

発表によれば、2017〜2021年のAR/VRヘッドセット世界出荷台数は年間平均で56.1%と高成長で推移すると見られ、合計で8,120万台になると予測している(IDC Japan「AR/VRヘッドセットの世界/国内出荷台数予測を発表」より)。

端末が普及し、技術が一般的になってくるにつれ、注目されるのがビジネスへの応用だ。

家具を買う前に試し置きできるARアプリ「IKEA Place」

スウェーデン発祥の大手家具販売店IKEAは、iOS向けのARアプリ「IKEA Place」を10月16日に公開した。iOS 11に搭載された「ARKit」に対応しており、IKEAの家具を自宅で配置して、色やサイズなどを確かめることができる。

ARで表示された自宅の部屋のサイズに合わせて家具の画像は自動調整され、布地の質感や家具に落ちる光や影の具合も再現。配置した様子は画像や動画として保存可能だ。

今回、アプリの公開に合わせて、2,000点以上の商品が用意されている。気に入れば、そのままアプリからオンラインストアへ接続して購入することもできる。

 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ArmのIoTプラットフォーム「Pelion」のエコシステムにインテルやArduinoが参加
載せるだけで重量を計測するIoTデバイス「スマートマット」
IoTやAIを活用したデジタル変革に「答えを出すための投資」を、テラデータ
KDDI、載せたモノの重さを測れるスマートマットを販売、在庫や残量をクラウドで可視化 | IT Leaders
家電のIoT化を簡単にするプラットフォーム、ソフトバンクC&Sらが提供
スマートスピーカーでチケット購入、旅行者から自治体までカバーするJTBのソリューション【CEATEC JAPAN 2018】
アクセルラボから1万円台でスマートホームを構築できるキット--Makuakeでプロジェクト開始
LIXIL、スマート宅配ポストをはじめ、IoT化した様々な建材や機器を連携させる「Life Assist(ライフアシスト)」
KDDI、モノの残量が減ると自動発注してくれるIoTサービス「マットセンサー」を提供
コンビニなど異業種も参加、最新技術が集結する「CEATEC」16日開幕
IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
人の流れをビジュアル化するシステムと、免震構造のVR体験が可能な竹中工務店のブース【CEATEC JAPAN 2018】
伊勢の老舗も導入するIoTスケール「スマートマット」が登場
【CEATEC JAPAN 2018】クルマ関連の展示もあり。テクノロジーで実現する未来を感じるCPS/IoTの総合展「CEATEC JAPAN 2018」10月16日開幕
ローソンが実現したい“未来のコンビニの姿”
IoTのマシンデータも取り込む--Splunkのプラットフォーム展開

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。