IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

蓄積された「睡眠負債」が命を脅かす!?
睡眠の質向上、鍵を握るのは最新テクノロジー

BY

厳しい残暑の予報! 熱帯夜で続く睡眠不足……

自分では「充分眠っている」と思っていても、実際は少しだけ睡眠が足らず、その不足分が積み重なっていく「睡眠負債」。現代人の多くが抱える、慢性的な睡眠不足は、さまざまな病を招くリスクがあるという。

上級睡眠改善インストラクター 安達直美さん

「睡眠は日中のパフォーマンスを向上するだけでなく、認知症の予防につながる大切な習慣です。極端な睡眠不足はもちろん、蓄積された睡眠負債も同じように、がんや糖尿病など、さまざまな病気のリスクを上げるといわれています」

そう語るのは、上級睡眠改善インストラクターの安達直美さん。じつは、恐ろしい睡眠負債を負いやすい季節こそが“夏”だという。

「夏は暑さで眠りが浅くなるのはもちろん、日照時間が長く夜が短いので、もともと睡眠時間も短くなる季節です。朝日の光が刺激になり、早朝に目覚めてしまうこともあります。寝不足のままでは脳機能も回復できず、自律神経が乱れているので日中のパフォーマンスが低下し、熱中症などの体調不良を招きやすくなります」

まさに睡眠負債の季節……。真夏のピークは過ぎたとはいえ、9月まで厳しい残暑の予報が出ていることを考えると、他人事ではない。

「深く眠れる室温は26℃という研究結果が出ています。熱帯夜が続く現代では、自然には実現できない室温なので、エアコンを使わずに深く眠る方法はないです。さらにいえば、タイマーを使わずに一晩中かけておくのが理想です」

数時間後に切タイマーを使用している人も多いが、クローゼットや家具に日中の熱気がこもっているため、エアコンが切れるとその熱気が室温を上げる。室温が上がると、夜中でも寝苦しさで目覚めてしまうので、あまりオススメしないという。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

国内イノベーショントレンド大集結 無料展示ブース紹介
日立、「JP1 for IoT」を販売--IoT向け運用管理を最適化
第4次産業革命の実現は地方から!天草市が展開する地方版DXを支援するジャパンシステム | IT Leaders
アットマークテクノなど6社が共同、IoTシステムをDIY感覚で設計できるオープンソースプロジェクト「Degu」発足
ホームIoT「au HOME」に睡眠モニタリングサービス--約6割が自身の睡眠に“不満”
au、睡眠を測るベッド用デバイスなどホームIoT新商品を投入:週刊モバイル通信 石野純也
世界中から厳選した最先端ITガジェット・IoT商品が揃う デジタルライフを提案するセレクトショップ「FOX」第一号店 3月15日(金)OPEN
実際のふるまいは? 総務省とNICTのIoT機器調査を受けたユーザーがそのレポートを公開中【やじうまWatch】
日立、IoT機器向けの運用管理ブランド「JP1 for IoT」、第1弾はデバイス管理 | IT Leaders
オリンパス、ICT-AI構想を明かす――プラットフォームにAzureを採用
IoTで睡眠の質を改善、KDDIとフランスベッドが協業
KDDIがホームIoT「au HOME」を強化、スリープテックで睡眠負債を返済(ニュース)
IoTデバイスを安全に利用するための4つのポイント
メルセデス初の量産型電気自動車「EQC」を乃木坂のMercedes me Tokyoにて展示
国内のIoT市場規模、2018年は6兆3167億円
IoTを活用し遠隔ファッション診断を実現!エアークローゼット、JR東日本グループと実証実験を開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。