IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.07.31

日本の「モノづくり」目線では勝ち目はない
児玉哲彦氏に聞くIoTの新しい市場

BY

「モノのインターネット」と呼ばれるIoT。漠然とした概念を理解できていない人も多いかもしれない。しかし、否が応にもIoTは日常に現れ、市場を破壊・創造していく。『人工知能は私たちを滅ぼすのか 計算機が神になる100年の物語』(ダイヤモンド社)が話題になった児玉哲彦さんは新著『IoTは“三河屋さん”である IoTビジネス教科書』(マイナビ出版)の中でIoTのわかりやすい説明とともに、生活がどのように変わっていくかを説明している。

今回はIoT Todayがメディアパートナーとなり、この新著の出版記念トークイベントが開催された。その中でのトーク内容について紹介していこう。

『IoTは“三河屋さん”である IoTビジネス教科書』(マイナビ出版)の出版記念トークイベントを開催した

70億のデバイスがインターネットにつながる時代

「今回の本はタイトルの中で“三河屋さん”というキーワードが入っていますが、それがIoTの一番わかりやすいイメージなんです。IoTというものは技術なので、それが実際の生活に入ってくることを意識する必要があるのですが、それが三河屋さんなんですね。実際に自宅に三河屋さんが来る家庭は少なくなったと思いますが、生活の一部に御用聞きがいるというイメージは具体的にできる人が多いですよね。親密で継続的な関係、それがIoTも同じなんです」

児玉さんはIoTが生活の中に溶け込むと強調する。今はインターネットにアクセスするために自分からアクションを起こし、端末に意識を向ける必要があるが、IoTが溶け込んだ生活ではちょうど良いタイミングで受動的にアクセスできるというわけだ。

すでにインターネットにつながる端末数は70億を超え、人口を上回っている。生活と切り離せない存在になってきていることは疑う余地がないだろう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTセキュリティに向けた“シフトレフト”が一筋縄ではいかない理由
IoTデバイスの少量生産を可能に、25万円から金型が作れる企業があった
ソフトバンク銀座・表参道に「おうち型」IoT体験コーナー設置
ドコモ、IoTデバイス保護ソリューション「ドコモ・クラウド基盤ネットワークセキュリティサービス」を提供開始
NVIDIAとAWSが提携、エッジデバイスでのAI活用を後押し
【マンガ】Notesで「AI」「チャットボット」なんて無理だと思っていたのに……
ベッドに入れるだけで睡眠計測、「au HOME」のホームIoT新製品で睡眠の質が変わるかも【今日も元気に仕事しよう!】
国内IoT市場のユーザー支出額、2023年まで年平均13.3%で成長--IDC調査
オートバックス、大分県と包括連携協定を締結 IoTで安心・安全を提供
NVIDIA、JetsonとAWSとの連携を発表 エッジAIが容易に
日立、利用実績のあるLumadaソリューションをコンテナ化した「Lumada Solution Hub」を発表 | IT Leaders
街路灯をSigfoxでIoT化、オプテックスが杉並区で実証実験
Gunosy、データ利活用を促進する専門組織「Gunosy Tech Lab」を新設 
離農時代を救う「アグリテック」注目はIoTとAIーースタートアップが語る注目テクノロジー/笑農和代表取締役 下村豪徳氏
IoTでアワビを陸上養殖、KDDIと浜松市が連携
IoTシステムをDIY感覚で設計でき、AWSと連携できるオープンソースプロジェクト「Degu」が発足 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。