IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.03.22

“なんでもつながる”を通信が支える世界――MWC 2017で見えたIoTのこれから
MWC 2017 イベントレポート

BY

通信業界の世界最大級のイベント「Mobile World Congress(MWC)2017」が、2月末から3月初めにかけてスペイン・バルセロナで開催されました。MWCというと、スマートフォンなどの新端末が発表されるイベントという印象が強いかもしれませんが、今では通信で “つながる”新しい世界のショーケースといった意味合いが強くなっています。もちろん、IoTもその大きなソリューションの1つ です。今回のレポートでは、MWCで見られたIoT関連の展示からトレンドを見ていきたいと思います。

テレビやインターネットのニュースでも話題になることが多いMWCは、GSMAという携帯通信事業者の業界団体が主催するイベントで、毎年2月から3月ころに開催されています。昨年のMWC 2016でもIoT関連の技術やソリューションの展示は数多くありましたが、今年のMWC 2017では一段と増えてきました。その理由の1つは、後で説明することにして、展示の様子からご紹介していきましょう。

家庭内から人やモノの見守りまで、生活を支えるIoT

まずは、パーソナルな生活に関わるIoTソリューションの展示からチェックします。韓国の通信事業者であるSKテレコムのブースでは、パーソナル向けのIoTソリューションを複数展示していました。1つは家の見守りソリューションで、温度センサーなどの情報を外部から確認できるほか、近接センサーによって家に一定距離よりも接近する人物などがあった場合に自動的に写真を撮って メールで利用者やセキュリティ会社に通知するとの説明がありました。

低消費電力で広いエリアをカバーするLPWA (Low Power Wide Area)通信方式の1つ、LoRaWANを利用したサービスの展示も ありました。小型のGPS内蔵のタグ型端末を使って位置情報を確認できるサービスです。デモでは、幼稚園の送迎バスに端末を付けるだけで送迎バスの位置がスマートフォンなどから確認できるサービスへの応用や、持ち物にタグ型端末を付けることで紛失時の位置確認ができるサービスへの応用ができることを示しました。LoRaの利用により、LTEなどのモバイル通信方式よりも低コストでサービス提供が可能で、韓国では月額100円程度の低コストで利用できるサービスとして提供するという説明がありました。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。