IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.03.06

IoT技術で誕生した究極のドライビングパートナー
ハンドルから手を離さずにスマホを操作。イスラエル生まれのRadiomizeとは

BY

スマホがすっかり世の中に浸透した現在において、自動車を運転する際にカーナビや音楽プレーヤーの代わりとしてスマホを活用している人は多いだろう。しかし、運転中ちょっとした切り替え作業を行おうとスマホに目線をやり、ヒヤッとした体験をしたという人もいるのではないだろうか。

イスラエルに本社を置くRadiomizeが開発したステアリングホイールカバーは、一見ただのカバーにしか見えないがその実態はスマートフォンの操作をハンドルから手を離さずに行える、最新テクノロジーがつまったジェスチャー制御ステアリングホイールカバーなのだ。

ドライバーの視線を道路に集中させたまま、安全に運転させることを目標に掲げているRadiomizeは、どの車にも装着が可能となっておりドライバーにスマートで楽しく安全な運転体験を提供してくれるのだという。

 

特許取得済みのジェスチャー制御のハンドルカバーは、安全にスマートフォンを制御

 

その機能は専用アプリを使うことで、ユーザーの行動や感情に基づいたプレイリストを作成し好みを学習。いま聴きたい音楽やニュースを配信してくれる。

さらに車のスピードや運転ミスをモニターしてくれる機能のほか、メッセージが届いた場合は、テキスト機能で読み上げてくれるので、ドライバーの意識をそらすような操作は一切なく、安心して運転に集中できる。

言語において日本語はもちろんのこと、ポルトガル語、アメリカ英語、イギリス英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ヘブライ語など複数の言語をサポートしている。

近年、『歩きスマホ』によって多発する事故が大きな問題となっているが、『運転スマホ』はさらに大きな危険を伴うもの。自動車運転中の事故を防ぐため、運転マナーの向上はもちろんだが、Radiomizeのような最新テクノロジーを用いたさらなるアイテムの登場にも期待したい。

Radiomizeは動画ショッピングサイトDISCOVERより販売を開始している。
https://dis-cover.jp/project/view/266

 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ArmのIoTプラットフォーム「Pelion」のエコシステムにインテルやArduinoが参加
載せるだけで重量を計測するIoTデバイス「スマートマット」
IoTやAIを活用したデジタル変革に「答えを出すための投資」を、テラデータ
KDDI、載せたモノの重さを測れるスマートマットを販売、在庫や残量をクラウドで可視化 | IT Leaders
家電のIoT化を簡単にするプラットフォーム、ソフトバンクC&Sらが提供
スマートスピーカーでチケット購入、旅行者から自治体までカバーするJTBのソリューション【CEATEC JAPAN 2018】
アクセルラボから1万円台でスマートホームを構築できるキット--Makuakeでプロジェクト開始
LIXIL、スマート宅配ポストをはじめ、IoT化した様々な建材や機器を連携させる「Life Assist(ライフアシスト)」
KDDI、モノの残量が減ると自動発注してくれるIoTサービス「マットセンサー」を提供
コンビニなど異業種も参加、最新技術が集結する「CEATEC」16日開幕
IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
人の流れをビジュアル化するシステムと、免震構造のVR体験が可能な竹中工務店のブース【CEATEC JAPAN 2018】
伊勢の老舗も導入するIoTスケール「スマートマット」が登場
【CEATEC JAPAN 2018】クルマ関連の展示もあり。テクノロジーで実現する未来を感じるCPS/IoTの総合展「CEATEC JAPAN 2018」10月16日開幕
ローソンが実現したい“未来のコンビニの姿”
IoTのマシンデータも取り込む--Splunkのプラットフォーム展開

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。