IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.01.20

半数以上は求めてない? 完全自動運転の意外な調査結果
完全自動運転社会を待ち望んでいるヒトとは

BY

ものすごいスピードでIoT化が進む中、各自動車メーカーがしのぎを削りながら自動運転に関する技術開発をおこなっている。このような背景のもと、未来に向け、あらゆる人々が完全自動運転社会を待ち望んでいるのだろうと思いきや、先日意外な調査結果が発表された。

Gfkジャパンが国の自動車保有者1万2745人を対象に行った、コネクテッドカーに関するインターネット調査結果によると、人間が全く運転操作に関与しない完全自動運転が必要という人は、全体でなんと38%と半分を割っているのだ。

現在自動運転はドライバーの運転への関与度合いのもと、以下のように4段階に分けられている。

レベル1
【加速・操舵】:制動のいずれかの操作をシステムが行う状態
【実現するシステム】:安全運転支援システム

レベル2
【加速・操舵】:制動のうち複数の操作を一度にシステムが行う状態
【実現するシステム】:準自動走行システム(自動走行システム)

レベル3
【加速・操舵】:制動を全てシステムが行い、システムが要請した時のみドライバーが対応する状態
【実現するシステム】:準自動走行システム(自動走行システム)

レベル4
【加速・操舵】:制動を全てシステムが行い、ドライバーが全く関与しない状態
【実現するシステム】:完全自動走行システム(自動走行システム)

運転嫌いな人ほど完全自動運転を求めている

実用化されている自動ブレーキや車線維持などのレベル1、2については70%以上の人が必要と回答した。また、高速道路内などの限定された交通条件下での自動運転機能を有し、必要な時にはドライバーが操作するレベル3に関しては59%が必要とした。

調査結果を年代別に見た場合、60代以上はレベル1、2を必要とする人が80%以上、レベル3を必要とした人は67%に上っており、安全運転を支援する自動運転機能は高齢層の関心が高いことがわかってくる。

一方で、完全自動運転であるレベル4については世代間で大きな差は見られず、必要とした人はいずれの世代においても40%前後という結果となっている。ただし、運転の好きな人と嫌いな人に分けてみると、運転が嫌いな人ほど完全自動運転を必要と考える割合が高く、52%に達している。

今回の調査結果において、完全自動運転を求める人が少なかったのは、全ての操作をシステムに委ねることに対し、世代を問わず大きな不安を抱えているのが要因だ。実用化に向け、今後、システムの安全性を高め、消費者の理解を深めることが必要となるが、訴求にあたっては運転操作に消極的な層に目を向ける必要がありそうだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

ライフスタイル

高齢者の自動車事故はIoTで防止できる

イノベーション

自動車がタダになる?IT企業が一変させる自動車業界

ツイート・メール・株価などあらゆる情報を表示&IFTTT連携で無限の可能性を感じるスマートクロック「LaMetric TIME」を使ってみた

空港案内から“手ぶらショッピング”まで 顔認証で顧客最適化――和歌山県白浜エリアでNECらが共同実証

海中センサーとドローンで広島の養殖牡蠣の生育環境を保全――シャープ、東大らが共同実証へ

NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders

Armが2019年のIoT分野について予測を発表

「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より

アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方

主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査

[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入

イノベーション

アマゾンエフェクトからの脱却を図る小売業の新機軸

JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ

White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた

アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?

スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す

Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供

Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

ライフスタイル

高齢者の自動車事故はIoTで防止できる

イノベーション

自動車がタダになる?IT企業が一変させる自動車業界

ツイート・メール・株価などあらゆる情報を表示&IFTTT連携で無限の可能性を感じるスマートクロック「LaMetric TIME」を使ってみた

空港案内から“手ぶらショッピング”まで 顔認証で顧客最適化――和歌山県白浜エリアでNECらが共同実証

海中センサーとドローンで広島の養殖牡蠣の生育環境を保全――シャープ、東大らが共同実証へ

NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders

Armが2019年のIoT分野について予測を発表

「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より

アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方

主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査

[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入

イノベーション

アマゾンエフェクトからの脱却を図る小売業の新機軸

JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ

White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた

アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?

スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す

Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供

Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

IoTニュース

ツイート・メール・株価などあらゆる情報を表示&IFTTT連携で無限の可能性を感じるスマートクロック「LaMetric TIME」を使ってみた
空港案内から“手ぶらショッピング”まで 顔認証で顧客最適化――和歌山県白浜エリアでNECらが共同実証
海中センサーとドローンで広島の養殖牡蠣の生育環境を保全――シャープ、東大らが共同実証へ
NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders
Armが2019年のIoT分野について予測を発表
「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より
アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方
主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査
[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入
JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ
White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた
アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」
IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表
第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?
スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す
Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。