IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載
テクノロジー
2016.12.03

カラダから音を奏でる。 ソニーによる未来への挑戦
人と音楽の可能性をリデザインするMOTION SONIC PROJECT とは

BY

 カラダの動きによって、気持ちいい音を生み出せる。そしてその音によって、カラダを動かすことがさらに楽しくなる。

 人の身体能力の可能性を音で拡げてみる。そんな発想から誕生した「MOTION SONIC PROJECT」は創業以来、音の分野でさまざまなライフスタイルやカルチャーをつくってきたソニーが、人と音楽の関係をリデザインしていくプロジェクトだ。

 10月26日に開催されたTOKYO DESIGN WEEKに登場し、大きな注目を集めたこのプロジェクトの詳細について、ソニー ブランド戦略部ブランドアクティベーション課統括課長 谷本尚逐氏(以下、谷本氏)と、プロデューサーを務める野崎樹里氏(以下、野崎氏)に話を聞いた。

野崎樹里氏(左)と谷本尚逐氏(右)

感覚・直感・本能が生み出す新しい音楽体験

「産業革命以来さまざまなものが機械化されていくうちに、私たちの動きは機械に合わせ、支配されていくようになった傾向があります。音を奏でるという行為は、はるか昔までさかのぼると、手をたたく、足を踏みならす、声を出す、などということが根源的なものだったんですよね。MOTION SONIC PROJECTはその原点に立ち返り、機械に人が合わせるのではなく、人間が本来もっている身体的な感覚や直感、本能的なものに合わせて機械が進化していけば、もっと自由な新しい表現を生むことができるのでは、という発想のもとにスタートしました」(谷本氏)。

 公表されているものはリストバンド型の実験機。配置されたマイクと六軸センサーにより動作の軌道や緩急、揺らぎなどの情報を取得する。それをPC側と通信して音にエフェクトをかけ、動きに合わせた音を奏でることが可能だ。

 本機の開発にあたりプロジェクトの発案者であるエンジニアの金 稀淳氏がこだわったのは、マイクをつけることだったという。

JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

VRとARをIoTでつなげてみたら医療分野の製品に!?

2016年12月2日~4日の3日間にわたり、幕張メッセ 国際展示場 9・10ホールにおいて、最新テクノロジーとポップカルチャーの祭典「東京コミックコンベンション2016(東京コミコン)」が開催された。

2016.12.07
コミュニケーション

大辻雄介の「教育のIoT思議」 第5回:タンジブルな遠隔授業を。

相手の気配を身近に感じさせる、 タンジブルな遠隔事業とは

2016.12.10
スマートハウス

共働き夫婦が「安心して働けるように」
子どもへの心配が減った、”確認ツール”としてのスマートホーム <PR>

東急沿線に展開するケーブルテレビ局のイッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)が2015年2月から提供している「インテリジェントホーム」も、スマートホームを実現するサービスの1つです。今回は、実際にサービスを導入している方にお話しをうかがいました。

2016.12.08
スマートハウス

韓国メーカー、「コネクテッドホーム」に全力投球

今年1月にラスベガスで開催された家電見本市「CES 2016」や、9月にベルリンで開催された「IFA 2016」では、各国の家電メーカーがネットに繋がる家電に力を入れ始めたことが目にとまりました。今回は、CESやIFAにおける韓国メーカーの取り組みをご紹介しましょう。

2016.10.31
テクノロジー

堀江氏も登壇。経営者から見るIoTブームと、注目すべき領域

「S-cubism IoTカンファレンス~2年後の未来を今、体感せよ!~」で語られた「IoT 時代の経営」とは?

2016.10.26

注目連載

innovators 情熱のカラクリ
いまさら聞けないIoTの基本のキ
大辻雄介の「教育のIoT思議」

記事一覧

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。