IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.03

カラダから音を奏でる。 ソニーによる未来への挑戦
人と音楽の可能性をリデザインするMOTION SONIC PROJECT とは

BY

 カラダの動きによって、気持ちいい音を生み出せる。そしてその音によって、カラダを動かすことがさらに楽しくなる。

 人の身体能力の可能性を音で拡げてみる。そんな発想から誕生した「MOTION SONIC PROJECT」は創業以来、音の分野でさまざまなライフスタイルやカルチャーをつくってきたソニーが、人と音楽の関係をリデザインしていくプロジェクトだ。

 10月26日に開催されたTOKYO DESIGN WEEKに登場し、大きな注目を集めたこのプロジェクトの詳細について、ソニー ブランド戦略部ブランドアクティベーション課統括課長 谷本尚逐氏(以下、谷本氏)と、プロデューサーを務める野崎樹里氏(以下、野崎氏)に話を聞いた。

野崎樹里氏(左)と谷本尚逐氏(右)

感覚・直感・本能が生み出す新しい音楽体験

「産業革命以来さまざまなものが機械化されていくうちに、私たちの動きは機械に合わせ、支配されていくようになった傾向があります。音を奏でるという行為は、はるか昔までさかのぼると、手をたたく、足を踏みならす、声を出す、などということが根源的なものだったんですよね。MOTION SONIC PROJECTはその原点に立ち返り、機械に人が合わせるのではなく、人間が本来もっている身体的な感覚や直感、本能的なものに合わせて機械が進化していけば、もっと自由な新しい表現を生むことができるのでは、という発想のもとにスタートしました」(谷本氏)。

 公表されているものはリストバンド型の実験機。配置されたマイクと六軸センサーにより動作の軌道や緩急、揺らぎなどの情報を取得する。それをPC側と通信して音にエフェクトをかけ、動きに合わせた音を奏でることが可能だ。

 本機の開発にあたりプロジェクトの発案者であるエンジニアの金 稀淳氏がこだわったのは、マイクをつけることだったという。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

日本のガラパゴス化に「待った」 - コネクティッドホーム アライアンスの描く、IoTデバイスのある暮らし
東芝情報システム、ファイアウォールの内側にあるIoT機器を遠隔で制御/可視化するソフト | IT Leaders
シェアバイク大手の中国Ofo、NB-IoT採用スマートロックを展開へ
コンタクトセンターを数分で立ち上げ可能―AWSが「Amazon Connect」を説明 | IT Leaders
発情期や疾病リスクを検知、「牛のウェアラブル」開発に立ちふさがった壁とは
いまさら聞けないLoRaWAN入門
GEのモデル工場、Brilliant Factoryを現地で見てきた
IoTサービスの脆弱性を総合的に診断、サイバートラストが新サービス
富士通、わたぼうしの家に「居住者の見守りソリューション」を導入
iPhone Xと8/8 Plusにスマホの未来と今を見た。興奮のApple Watch 3:週刊モバイル通信 石野純也
「日本は周回遅れ」 業界の垣根を越えた77社が取り組む“暮らしのIoT”
ブイキューブロボティクス、H3 Dynamicsの全自動ドローンシステム「DRONEBOX」を使った商用サービスの提供を開始
ウェアラブルデバイスのMoff、IoTによる介護自立支援サービス「モフトレ」で認知機能・可動域ともに向上
ジェムアルトのIoT接続を活用した遠隔患者モニタリングサービス
Bluetoothの脆弱性を狙った攻撃に注意 - 何十億台に影響の可能性
IoTシステムの脆弱性を総合的に診断するコンサルサービス―サイバートラスト | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。