IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.03

カラダから音を奏でる。 ソニーによる未来への挑戦
人と音楽の可能性をリデザインするMOTION SONIC PROJECT とは

BY

 カラダの動きによって、気持ちいい音を生み出せる。そしてその音によって、カラダを動かすことがさらに楽しくなる。

 人の身体能力の可能性を音で拡げてみる。そんな発想から誕生した「MOTION SONIC PROJECT」は創業以来、音の分野でさまざまなライフスタイルやカルチャーをつくってきたソニーが、人と音楽の関係をリデザインしていくプロジェクトだ。

 10月26日に開催されたTOKYO DESIGN WEEKに登場し、大きな注目を集めたこのプロジェクトの詳細について、ソニー ブランド戦略部ブランドアクティベーション課統括課長 谷本尚逐氏(以下、谷本氏)と、プロデューサーを務める野崎樹里氏(以下、野崎氏)に話を聞いた。

野崎樹里氏(左)と谷本尚逐氏(右)

感覚・直感・本能が生み出す新しい音楽体験

「産業革命以来さまざまなものが機械化されていくうちに、私たちの動きは機械に合わせ、支配されていくようになった傾向があります。音を奏でるという行為は、はるか昔までさかのぼると、手をたたく、足を踏みならす、声を出す、などということが根源的なものだったんですよね。MOTION SONIC PROJECTはその原点に立ち返り、機械に人が合わせるのではなく、人間が本来もっている身体的な感覚や直感、本能的なものに合わせて機械が進化していけば、もっと自由な新しい表現を生むことができるのでは、という発想のもとにスタートしました」(谷本氏)。

 公表されているものはリストバンド型の実験機。配置されたマイクと六軸センサーにより動作の軌道や緩急、揺らぎなどの情報を取得する。それをPC側と通信して音にエフェクトをかけ、動きに合わせた音を奏でることが可能だ。

 本機の開発にあたりプロジェクトの発案者であるエンジニアの金 稀淳氏がこだわったのは、マイクをつけることだったという。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減
家中の家電をIoTで操作! パナソニックのスマートHEMSは何ができるようになった?
セキュアIoT特集とは何か
ウェアラブルIoTのデータ収集から解析までワンストップで提供
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第3回 IoT/5G時代の自動運転で新たな車載半導体の始動
月額12円からのセキュアIoT通信SIM、さくらインターネットが提供
スカイディスク、設備機器のAI異常診断学習モデルをAPIで提供開始
CES2018で感じた、コンシューマー向けIoTの課題と5Gへの期待
アプトポッド、自動車の研究開発向けIoTクラウドサービスパッケージ 「Visual M2M Automotive Pro」をリリース

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。