IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.11.26

大辻雄介の「教育のIoT思議」 第4回:AIのある教室
AI・IoT時代の教育現場

BY

Adobe先生誕生!

 最近ニュースでも話題になりましたが、Adobe社がAI(人工知能)を発表しました。その名も「Adobe先生」です(正式な表記はAdobe Sensei)。

 我々、日本人は「なんでも教えてくれる」という畏敬の念を込めて「Googleで検索すること」を「Google先生に聞いてみる」と言いますが、今後は「Adobe先生に聞いてみる」という現象が発生するかもしれません。

 ところでAdobe Senseiとは、どのようなAIなのでしょうか。AdobeといえばPhotoshopなど画像編集ソフトウェアが有名ですが、その編集に活用されるようです。

 例えば1枚の写真の編集をする際、膨大なクラウド上のほかの画像データを突き合わせ適度な明るさに自動調整してくれたり、あるいはそこに乗せる文字の適切なフォントを選んでくれたりもするそうです。

 Adobe社は「クリエイターが本当にやるべきことに集中するため、ほかのタスクをSenseiが引き取る」と言っていますが、逆に言えば「今までその程度(明るさ調整・フォント選び)しかしてこなかったクリエイター」は不要になります。

 今後は「適当にイイ感じ」にまとめるだけでなく、創造性がある(今までないものをクリエイトする)「真のクリエイター」として高次のスキルが求められることになりそうです。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDIと東芝、5G時代の「グローバルIoT」で協業--データ収集から活用までワンストップで
新コンセプトの見守りサービス「スマート電池」
KDDIと東芝、東芝デジタルソリューションズがグローバルIoT事業で協業
IoT開発支援「mockmock」、「データレコーダー」プレビュー版が公開
ドコモと伊藤忠、米国でIoTを使って傭車の運行を見える化する実証実験を実施へ
Windows 10の最新情報を知らせるイベント
鍵のIoTで変わる不動産業界、スマートロック「NinjaLock M」を内覧した
AI・ビッグデータ・ブロックチェーンによる第四次産業革命とは? 〜FLOCの一般向け無料セミナーで学ぶ「教養としてのテクノロジー講座」
高度なIoT機器のセキュリティ検証の低コスト化を支援、ユビキタスAIコーポレーション
STマイクロ、生産設備の予知保全などを可能に
国内IoTエッジインフラベンダー選定基準、「IoTの技術力」「ユーザー業務の理解度」を優先――IDCがユーザー調査
SIGFOXの測位技術で物流資材管理、アルプスのIoTタグ
凸版印刷とACCESS、LPWA新規格「ZETA」で協業
FPGAでエッジAIを高速に、NECが専用ツールをデモ
配送車両の運行状況を自動で収集する物流向けIoTサービス、米国で実証実験
製造現場向けAI×IoTサービス提供のスカイディスク、シリーズCで8社から8.6億円を調達——製造関連3社とAI活用の分野別パッケージ開発で協業

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。