IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.11.29

いまさら聞けないIoTの基本のキ 〜第5回 「通信」はIoTを支える縁の下の力持ち〜

BY

 ここまでの連載で、IoTの基本的な考え方や構成から、身の回りにも増えてきたIoTの実例までを見てきました。今回は少し見方を変えて、IoTを実現するために欠かせない「通信」について考えていきましょう。

モノとコンピューターの間を結ぶ通信

 IoTは、さまざまなモノがインターネットなどのネットワークを介して、クラウドなどのコンピューターとつながることで実現します。ということは、モノとコンピューターの間を結ぶ通信が必要になるわけです。

 通信というと、しばらく前までは有線の回線を使うことが当たり前でした。電話もパソコンも、通信するものはケーブルがつながっていました。それが今では無線で通信することのほうが一般的になっています。IoTになったとき、さまざまなモノをケーブルで結びつけるのはあまり考えたくない図です。無線を活用したいところですよね。

 「それならば、IoTデバイスに携帯電話の機能をつければいいではないか!」

 もちろん、それはとても正しい考え方です。携帯電話ならば日本の中で人間が行動するほとんどのエリアをカバーして、無線の通信が可能です。

 でも、ちょっと考えてみてください。スマートフォンなどで使う格安SIMサービスをご存知でしょうか。大手の携帯電話事業者よりも割安で携帯電話のサービスを利用できるものです。その中で安いプランを見ていくと、月額1000円を大きく下回って月額300円~500円程度のサービスが見つかります。

 これは通信回線のサービスとしてはかなりの低料金です。でも身の回りのIoTデバイスが10個あったら、それでも月額数千円かかるわけです。家の中に100個のIoTデバイスがある時代になったら・・・。ちょっと考えたくない金額になりそうです。

 さらに、それぞれのIoTデバイスにバッテリーを内蔵して、毎日のように充電しなければならないとなると、その手間もかかります。携帯電話の電波が通じにくい建物の奥や地下などでは、IoTデバイスを活用できないといった問題も起こってきそうです。携帯電話の通信機能があれば、それだけで上手くいくとは言えないのです。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

日立、IoTと連携してフィジカルセキュリティのデータを可視化する基盤
キヤノンITS、高速開発ツールを中核としたIoT向けPoCサービスを提供 | IT Leaders
SBT、ダイキンらと共同で「ストレス度を数値化」して職場環境の改善などにつなげるIoT実証実験を実施
ルネサス、1年以内にLoRaWANに対応したマイコンの製品化を目指す
EUにおけるIoTプラットフォームは進んでいるのか? ーCeBIT 2017レポート その1
太陽光を利用する汎用型IoTデバイス「FlipCast」法人向けに発売
経産省とIoT推進ラボが主催する、第三回 IoT Lab Selection レポート
IoTスタートアップにノキアが開発プラットフォームを提供、日本が3カ国目
日立、監視カメラや入退室管理などフィジカルセキュリティデータ管理の統合プラットフォームを開発
IoT時代に合わせた「多接続」を実現する5G、ビジネスでの課題とは
ベルト装着型IoTデバイスを用いたストレス度の計測に関する実証実験プロジェクトを発足
IoTけん玉やVRトランポリンなど!アスキーに注目スタートアップが集結
キヤノンITS、企業のIoT導入を支援するPoCサービスを提供
NXP、1MBの組み込みSRAMメモリを搭載したCortex-M4ベースマイコンを発表
IoT人気記事ランキング 経産省 IoT Lab Selection開催、東急AG O2Oソリューション 「Activation Manager」開発 など[3/13~3/19]
Wi-RAN用無線機、従来より100倍の領域をカバー

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。