IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載
スマートハウス
2016.10.31

韓国メーカー、「コネクテッドホーム」に全力投球
CESとIFAで見えた世界の家電メーカーのIoT化(1)

BY

CES 2016のサムスン電子のブース。

 今年1月にラスベガスで開催された家電見本市「CES 2016」や、9月にベルリンで開催された「IFA 2016」では、各国の家電メーカーがネットに繋がる家電に力を入れ始めたことが目にとまりました。

 ここから2回にわたって、世界各国の家電メーカーのIoTに関する動向を取り上げます。今回は、CESやIFAにおける韓国メーカーの取り組みをご紹介しましょう。

サムスンもコネクテッドホームへ

 ここ数年のCESのトレンドを見ると、2015年までは、韓国のサムスン電子、LGエレクトロニクスは、日本の家電メーカーに追いつけ追い越せとばかりに、高精細で大型なLEDテレビやカービングLEDテレビを中核に置き、4K/8Kをはじめ3Dからカービングまで派手さを競い合う姿が印象に残っていました。

 もっとも、LEDテレビの進化については、日本、韓国、中国に限らず、見た目には見劣りしないLEDテレビを生み出しており、テレビという分野においてのアドバンテージは小さくなってきているように思えました。従って、イノベーションという観点で言うと、見本市の主役とも言える家電展示会場では、あまりセンセーショナルな展示が見られませんでした(なんというか、家電量販店で想定の範囲内の新商品を見ているというか)。

 もちろん、いくつかの家電メーカーブースでは、スマートホーム関連の展示や新たな試みは散見されたのですが、展示会のために取り繕ったようなものがほとんどで、実用化、市販化には疑問が残るものも少なくありませんでした。

 しかし、2016年のCESでは、家電メーカーの展示内容に変化が見られました。特にサムスン電子のブースが斬新でした。

サムスンが買収したスマートシングス(SmartThings)が展示ブースの中央に。
JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

メガネで社員の集中力を可視化 - 「JINS MEME」企業向けソリューション提供開始
"テーブルそのものがスピーカー"のIoT家具誕生 - 外の天気に応じた環境音も
企業のIoT機器のセキュリティを機械学習技術で守る「ZingBox」、ソフトバンクが提供
テキサス・インスツルメンツ(TI)、ビルをより環境に優しく、スマート化するIoTとその費用対価値
自宅で世界一のコーヒー実現! パナソニックのIoT家電ビジネスの新しさ
設備同士をリアルタイムに繋ぐ「EtherCAT」 ─アドバネットインタビュー
モバイルやIoT機器を経由したハッキング--懸念する企業、不十分な対策
3つの代表的LPWAの違いを理解する【SIGFOX、LoRa、NB-IoT】
システムエンジニアリングサービスを議論--営業担当者が集まる組合の活動
世界最小クラス! 落し物追跡タグ「MAMORIO(マモリオ)」
Nokia Connected Future(2)現実のものになったIoT時代のセキュリティリスクの対策とは
VIA、カスタムIoTプラットフォーム設計サービスの提供を開始
総務省、2020年以降のネットワークインフラを検討する研究会
現場目線でIoTを実現するファナックの「FIELD system」 スマート工場EXPOレポート
米国最大家電ショーCESで表彰された注目IoT機器がおもしろスゴイ!
IoTデータ分析およびIoTインフラ・インテグレーションサービスを提供―マクニカ | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。