IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2016.10.31

韓国メーカー、「コネクテッドホーム」に全力投球
CESとIFAで見えた世界の家電メーカーのIoT化(1)

BY

CES 2016のサムスン電子のブース。

 今年1月にラスベガスで開催された家電見本市「CES 2016」や、9月にベルリンで開催された「IFA 2016」では、各国の家電メーカーがネットに繋がる家電に力を入れ始めたことが目にとまりました。

 ここから2回にわたって、世界各国の家電メーカーのIoTに関する動向を取り上げます。今回は、CESやIFAにおける韓国メーカーの取り組みをご紹介しましょう。

サムスンもコネクテッドホームへ

 ここ数年のCESのトレンドを見ると、2015年までは、韓国のサムスン電子、LGエレクトロニクスは、日本の家電メーカーに追いつけ追い越せとばかりに、高精細で大型なLEDテレビやカービングLEDテレビを中核に置き、4K/8Kをはじめ3Dからカービングまで派手さを競い合う姿が印象に残っていました。

 もっとも、LEDテレビの進化については、日本、韓国、中国に限らず、見た目には見劣りしないLEDテレビを生み出しており、テレビという分野においてのアドバンテージは小さくなってきているように思えました。従って、イノベーションという観点で言うと、見本市の主役とも言える家電展示会場では、あまりセンセーショナルな展示が見られませんでした(なんというか、家電量販店で想定の範囲内の新商品を見ているというか)。

 もちろん、いくつかの家電メーカーブースでは、スマートホーム関連の展示や新たな試みは散見されたのですが、展示会のために取り繕ったようなものがほとんどで、実用化、市販化には疑問が残るものも少なくありませんでした。

 しかし、2016年のCESでは、家電メーカーの展示内容に変化が見られました。特にサムスン電子のブースが斬新でした。

サムスンが買収したスマートシングス(SmartThings)が展示ブースの中央に。
JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイを開発
IoTでビジネスを創るためのテクノロジが整った--IoT座談会(1)
IoTに必要な一式をトータル提供するMOVIMAS、農業から工場、見守りまで幅広い領域をカバー
NTT東日本、映像データ解析やビーコンを用いた農業IoTの共同実証実験を実施
「サービス共創」でパートナー企業を支援するNTTコムーーIoTビジネスモデルのヒントを展示
KDDIとセコム、5GのアップリンクでマルチユーザMIMOでの映像伝送に成功
【ワイヤレスジャパン2017】簡単に始められる「レディメイド型IoT」をNTT東が展示、農業・畜産業でのトライアルも
フリービットら4社、「LoRaWAN」を用いたIoT事業化実証実験を共同で実施
ローム、京都大学、NextDrive、日新システムズ、国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイの開発に成功
インテルとハネウェル、物流業界のスマート化を目指して協業
NTT東日本、農業IoT共同実証実験を開始
日立、IBM z Systemsをベースとした新メインフレーム環境を2018年度から提供
NTT東、「ミリ波」と「Wi-Fi」を活用した畜産IoTの実証実験――センサー不要で牛はストレスフリー
「IoT × Subscription Day – IoTビジネスを創る、つなげる – 」 ユニアデックス株式会社協賛セミナー6/22開催[PR]
スマートリモコンで「外付けIoT」、すぐにはIoT化が難しい生活家電をIoT化【俺たちのIoT】
IoT人気記事ランキング|主要メーカーの自動運転車プロジェクト、三越伊勢丹とソフトバンクによる期間限定ストアなど [5/15-5/21]

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。