IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2016.10.31

韓国メーカー、「コネクテッドホーム」に全力投球
CESとIFAで見えた世界の家電メーカーのIoT化(1)

BY

CES 2016のサムスン電子のブース。

 今年1月にラスベガスで開催された家電見本市「CES 2016」や、9月にベルリンで開催された「IFA 2016」では、各国の家電メーカーがネットに繋がる家電に力を入れ始めたことが目にとまりました。

 ここから2回にわたって、世界各国の家電メーカーのIoTに関する動向を取り上げます。今回は、CESやIFAにおける韓国メーカーの取り組みをご紹介しましょう。

サムスンもコネクテッドホームへ

 ここ数年のCESのトレンドを見ると、2015年までは、韓国のサムスン電子、LGエレクトロニクスは、日本の家電メーカーに追いつけ追い越せとばかりに、高精細で大型なLEDテレビやカービングLEDテレビを中核に置き、4K/8Kをはじめ3Dからカービングまで派手さを競い合う姿が印象に残っていました。

 もっとも、LEDテレビの進化については、日本、韓国、中国に限らず、見た目には見劣りしないLEDテレビを生み出しており、テレビという分野においてのアドバンテージは小さくなってきているように思えました。従って、イノベーションという観点で言うと、見本市の主役とも言える家電展示会場では、あまりセンセーショナルな展示が見られませんでした(なんというか、家電量販店で想定の範囲内の新商品を見ているというか)。

 もちろん、いくつかの家電メーカーブースでは、スマートホーム関連の展示や新たな試みは散見されたのですが、展示会のために取り繕ったようなものがほとんどで、実用化、市販化には疑問が残るものも少なくありませんでした。

 しかし、2016年のCESでは、家電メーカーの展示内容に変化が見られました。特にサムスン電子のブースが斬新でした。

サムスンが買収したスマートシングス(SmartThings)が展示ブースの中央に。
JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTを使用したスマート掃除でコスト削減
働く人々の課題を現場で解決する、コニカミノルタがエッジ型IoT「Workplace Hub」を国内で公開 | IT Leaders
スマートテレビの利用規約に同意すると「どんなこと」に同意したことになるのか?
マイクロソフトのAzureとNTTドコモの閉域網を用いたセキュアなIoTプラットフォーム
日本マイクロソフト、ユニアデックス、NTTドコモが協業、各社サービスを連携させたIoTパッケージを9月から提供
守りから攻めのセキュリティに - 富士通が推進する事故前提型のIoT対策とは
JPCERT/CCに聞くIoTセキュリティ - 機器を正しく分類して対策を考えるのがキモ
ツクモ12号店が“IoTガジェットコーナー”を新設
スケーラブルなIoTプラットフォーム「SORACOM」はこう作られた
OKI、IoTを活用し観光客の周遊性を高める「スマート@ツーリズムシティ」
経産省、「データ利活用促進に向けた企業における管理・契約等の実態調査」を実施
富士通と横浜市住宅供給公社、IoTを活用した高齢居住者の見守りサービスで協業
MOVIMASとスマートブルー、ソーラーシェアリング対応IoTソリューション「MOVIMAS AGR」による 高単価作物栽培の実証事業を開始
コニカミノルタ、Workplace HubでIoT事業への本気度を国内でもアピール
日本企業はIoT導入に消極的!? HPE Arubaが国内外の企業を対象に調査
レース中のドライバーをIoTで測定--NTTらが実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。