IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2016.10.31

韓国メーカー、「コネクテッドホーム」に全力投球
CESとIFAで見えた世界の家電メーカーのIoT化(1)

BY

CES 2016のサムスン電子のブース。

 今年1月にラスベガスで開催された家電見本市「CES 2016」や、9月にベルリンで開催された「IFA 2016」では、各国の家電メーカーがネットに繋がる家電に力を入れ始めたことが目にとまりました。

 ここから2回にわたって、世界各国の家電メーカーのIoTに関する動向を取り上げます。今回は、CESやIFAにおける韓国メーカーの取り組みをご紹介しましょう。

サムスンもコネクテッドホームへ

 ここ数年のCESのトレンドを見ると、2015年までは、韓国のサムスン電子、LGエレクトロニクスは、日本の家電メーカーに追いつけ追い越せとばかりに、高精細で大型なLEDテレビやカービングLEDテレビを中核に置き、4K/8Kをはじめ3Dからカービングまで派手さを競い合う姿が印象に残っていました。

 もっとも、LEDテレビの進化については、日本、韓国、中国に限らず、見た目には見劣りしないLEDテレビを生み出しており、テレビという分野においてのアドバンテージは小さくなってきているように思えました。従って、イノベーションという観点で言うと、見本市の主役とも言える家電展示会場では、あまりセンセーショナルな展示が見られませんでした(なんというか、家電量販店で想定の範囲内の新商品を見ているというか)。

 もちろん、いくつかの家電メーカーブースでは、スマートホーム関連の展示や新たな試みは散見されたのですが、展示会のために取り繕ったようなものがほとんどで、実用化、市販化には疑問が残るものも少なくありませんでした。

 しかし、2016年のCESでは、家電メーカーの展示内容に変化が見られました。特にサムスン電子のブースが斬新でした。

サムスンが買収したスマートシングス(SmartThings)が展示ブースの中央に。
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

マイクロソフトは独自の「小さなチップ」で、次世代のIoT製品を守ろうとしている
「データを無理して1カ所に集めない」―Clouderaの新アプローチ、Shared Data Experienceとは?
山田祥平のニュース羅針盤 第111回 IoTの時代だから、もっと健康もつながれる
IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減
家中の家電をIoTで操作! パナソニックのスマートHEMSは何ができるようになった?
セキュアIoT特集とは何か
ウェアラブルIoTのデータ収集から解析までワンストップで提供
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第3回 IoT/5G時代の自動運転で新たな車載半導体の始動
月額12円からのセキュアIoT通信SIM、さくらインターネットが提供

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。