IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.10.13

製造業がコモディティ提供者に成り下がらないために
IoT時代の到来で製造業は異種格闘技戦に突入

BY

日立製作所は顧客協創方法論「NEXPERIENCE」を唱え、新たなビジネスモデルを提案している。(写真はイメージ)

 IoTはビジネスの様々な領域での活用が検討されているが、製造業はIoTを活用した外部へのサービス提供が苦手である。

 IoT活用ビジネスによる顧客密着競争において、製造業がコモディティ化したハードウェアの提供者に成り下がらないための解決策について、事例を交えながら紹介する。

IoT活用の全体像

 IoTをビジネスに活用するのは、(1)内部の業務の改善・効率化、(2)自社の製品・サービスの効率化・高度化、(3)顧客への新規のサービス提供の3つの目的がある。

図表1 IoTのビジネスへの活用
拡大画像表示

 (1)の内部活用は、例えば開発業務にデジタル化された顧客の声を活用したり、工場の生産業務をデジタル化し、品質改善や歩留まり改善につなげることなどが想定される。コストダウンやスピードアップなど効果が見通しやすいことから投資も容易で、開発・生産・調達・販売など引き受け組織が明確であり、社内プロジェクトとして進めやすい。

 (2)の自社の製品・サービスの効率化・高度化は、例えば火力発電所、航空機エンジン、大型医療機器の運転情報、予防保全、故障原因分析などがある。こちらも製品・サービスの効率化と高度化が結果となり、自社だけが実施していない場合の競争力低下を想定すると、戦略上実施しなければならない。

 技術要素(センサー、通信方法、アルゴリズムなど)と収益モデル(無償、有償、有償なら定額、従量課金、成果報酬などの価格形態の別)を決めなくてはならないが、あくまでも既存の製品・サービスのアップグレードのため、既存組織の枠組みに収まりやすく推進上の課題も多くない。

 一方で、(3)の顧客への新規のサービス提供については、上記(1)、(2)と比較して、機能部門や事業部門の引き受け主体が不明確で、サービスとしての効果検証も済んでいないことから投資を進めにくく、実施主体となる組織も不明確である。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

賢く使うスマートデバイス--個人データの確実な消去方法(前編)
大和ハウス、IoTを活用したスマートハウスのための情報基盤システムの実証
三菱電機、未来への扉を開く研究開発戦略を発表
シスコと豪KPMG、オーストラリアのスマートシティ開発で提携
5Gの通信デモからIoT機器まで、最新の無線機器が集結
ビッグデータ解析で変化を促進せよ! ヘルスケアIoTがもたらす社会の理想形
目指すはロボット技術立国 ―― 移動体IoTと産業用ドローンへの取り組み
高精度・屋内測位が拓く次世代IoT 第6回 IoT/M2M展【春】レポートー4
IoT広告が目指す未来 第1回 IoT・ウェアラブルの普及は、広告のあり方をどのように変えていくのか?
シスコ、「IoT Operations Platform」発表--MS「Azure」との提携も
ウフルがmbed Cloudのライセンス契約提携 enebularのエッジコンピューティング対応を強化
PTC、IoTプラットフォームの新版「ThingWorx 8」を発表
総務省、「地域IoT実装推進ロードマップ(改定)」「ロードマップの実現に向けた第二次提言」等の公表
【Bluetooth SIG パビリオン】スマートグラスとの連携も!  今すぐ使えるIoTデバイスを体感しよう
製造業からロッカー、サ高住まで!富士アイティのIoTは「現場に強い」
国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイを開発

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。