今なぜ「血まみれのサム」が再評価されているのか

最後の西部劇「ワイルド・バンチ」の鬼才監督の真意に迫る注目の新著
この写真の記事へ戻る
サム・ペキンパー監督(左)とウィリアム・ホールデン
The Wild Bunch Sam Peckinpah, a Revolution in Hollywood, and the Making of a Legendary Film by W.K.Stratton Bloomsbury Publishing, 2019

国際の写真

感染者急増のインドネシア、活動制限令への不満充満
次のステージに入るCOVID-19対策
ますます先鋭化する米国の中国攻撃、真の狙いとは
韓国軍が発見できなくなった北朝鮮の小型無人機
中国・EVバブルで急増する車載電池の時限爆弾
中国・武漢に第2波到来?桁外れの「徹底的」対策へ

本日の新着

一覧
インフレか増税か、コロナ後に富裕層を待ち受ける禍
自粛経済に怒る「ホリエモン」のへの共感と違和感
結城 カオル
伝染病対策の原点、明治初期の「コレラ感染届出書」
『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第38回)
柳原 三佳
いつまで経ってもステマがなくならない裏側の理由
広告業界の常識?バレないし、いざとなったらトカゲの尻尾切り
花園 祐
次のステージに入るCOVID-19対策
ロックダウン解除、「いつ」「なぜ」「どのように」の問題
The Economist