50機の衛星群で勝負に出る大学発宇宙ベンチャー

「宇宙利用をもっと当たり前に」アクセルスペースの挑戦(前編)
この写真の記事へ戻る
アクセルスペースは年末に衛星3機を打ち上げ、「AxelGlobe(アクセルグローブ)」計画をスタートさせる。同計画では50機の超小型衛星群で世界中を毎日観測。宇宙からデータという「宝の山」が降ってくる「宇宙ビッグデータ」時代が幕をあける。(提供:アクセルスペース)
アクセルスペース代表取締役 中村友哉さん。1979年、三重県生まれ。東京大学博士課程修了までに3機の超小型衛星の開発に携わる。2008年にアクセルスペースを設立。右は年末に3機打ち上げ予定の衛星GRUSの2分の1模型。
アクセルスペース社内で製作中の衛星「WNISAT-1R」。ウェザーニューズ社専用の衛星だ。(提供:アクセルスペース)
AxelGlobe(アクセルグローブ)計画構想図。50機の衛星が同じ軌道面を飛ぶことで、毎日、世界中の経済活動について均質なデータを得ることが可能。他社にない強みとなる。(提供:アクセルスペース)

国内の写真

日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本
天皇に関係する場所が深い“森”に覆われている理由