文=田丸 昇

藤井聡太 写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ

「AI超え」が流行語大賞にノミネート

「2020新語・流行語大賞」の候補30語が11月5日に発表された。その半数がコロナ関連の中で、社会部門として「AI超え」がノミネートされた。

 今年6月に将棋の高校生棋士である藤井聡太七段(当時17)が渡辺明棋聖(36)に挑戦していた棋聖戦第2局の中盤で、藤井が23分の考慮時間で指した受けの一手は大半の棋士の意表をつき、当初は好手かどうか疑問視された。人工知能(AI)を搭載した現代で最強というある将棋ソフトも同じ見方だったが、6億手も読んだ結果、最善手であることが判明したという。藤井の読みはAIを超えたとして話題になり、「AI超え」という見出しが新聞に載った。

 今回は、棋士と将棋ソフトの実力差についてまず述べる。その前に将棋ソフトの変遷をたどってみる。

 

人はコンピュータに負けると予想した羽生善治

 コンピュータ将棋ソフトの端緒は、1960年代後半に遡る。日立製作所やNECの研究者がAIを研究する一環として開発した。当初の棋力はかなり弱かった。その後、フリーのプログラマーたちが改良したが、人間が遊び気分で指せる「ペット」のような存在だった。しかし、1990年代に入ると急速に上達した。

 1996年に「コンピュータがプロ棋士を負かす日は?」というアンケートが、棋士に対して実施された。その回答は、「絶対にない」という否定派、「いつか来る」という肯定派など、さまざまであった。

 肯定派の1人で当時はタイトル七冠を独占して最強だった羽生善治九段(50)は、「2015年」と回答した。その根拠は不明で、羽生は時期を漠然と予想したようだ。

 そのアンケート実施から17年後の2013年、若手棋士と将棋ソフトが対局した公式の場で、ソフトが棋士を初めて負かした。羽生の予想より2年早かった。

 将棋ソフトは「ディープラーニング(深層学習)」という手法の導入によって、棋士を凌駕するような強さに進化していった。まさに、ペットから「モンスター」に変貌したのだ。

 その象徴的な出来事は、プロのトップと時の最強将棋ソフトが対局した「電王戦」2番勝負だった。2017年の第2期電王戦では、佐藤天彦名人(32)が将棋ソフト『PONANZA(ポナンザ)』に圧倒されて2連敗した。第1期でもプロが連敗したことから、電王戦は第2期で終了した。「プロの敗戦を見るのはしのびない」という、主催者(IT関連企業のドワンゴ)の配慮が実情だったようだ。

 

「対決」から「共存」へ

 その後、棋士と将棋ソフトは、「対決から共存」という関係に変わっていった。多くの棋士にとって、ソフトは戦う相手ではなく、新しい指し方を探求する頼もしい研究相手になっている。両者が手を携えて研究している、と言えば聞こえは良い。しかし、棋士がソフトの強さに降参したというのが現実である。

 藤井は以前にその問題について、「棋士はコンピュータにもう勝てないと思われるかもしれませんが、いずれはほかの分野でもそのような時代がくると思います。コンピュータの方が強くなったとき、棋士の存在意義が問われます」と、冷静な考えを述べたことがある。

 その藤井も中学生の頃から、将棋ソフトを用いて研究に生かしている。昨年には自作のパソコンを初めて組み立てて性能を高めた。さらに、高額で購入したCPU(演算処理装置)は、1秒間に6000万手も読む能力があるという(通常のパソコンは1秒間に200万手)。

 藤井はAIを利用して自身の将棋の成長に役立てているが、それに頼り切らずに自分で考えることを心がけている。「AIは大変に強いですが、部分的には人間の方が深く読めることがあると思います」と語ったことがある。それが冒頭の記事の「AI超え」の読みに至ったといえる。

 

最年少記録で名人獲得は最短で2023年

 藤井二冠(棋聖・王位=18)は2016年12月のデビュー戦以来、数々の新記録や最年少記録を樹立してきた。今後に期待されるのは、3つ目のタイトル獲得だが、予選の対局がまだ始まっていないので、最速で来年の夏以降になる。なお、それに先だって6月から棋聖戦、7月から王位戦の防衛戦が始まる。

 藤井は小学4年のとき、クラスの文集に大きな文字で「名人をこす」と書いた。戦前の1935年に創設された名人戦は、伝統と格式が最もある棋戦である。

 名人のタイトルを獲得した棋士は、年代順に木村義雄、塚田正夫、大山康晴、升田幸三、中原誠、加藤一二三、谷川浩司、米長邦雄、羽生善治、佐藤康光、丸山忠久、森内俊之、佐藤天彦、豊島将之、渡辺明(現名人)と、過去85年で15人しかいない。まさに、名人とは将棋の神様に選ばれた特別な存在なのだ。

 名人戦の予選リーグに当たるのが「順位戦」。上位からA級(10人)・B級1組(13人)・B級2組(25人)・C級1組(37人)・C級2組(52人)と、5クラスでピラミッド状を成している。※各組の人数は今期の出場棋士。

 ほかのタイトル戦では、勝ち進んでいけば1期でタイトルを獲得するのは可能だ。しかし名人戦は、順位戦で階段を上るように1クラスずつ昇級していき、A級の優勝者のみが名人に挑戦できる。

 藤井はB級2組に在籍し、今期は6連勝している。残り4局で3勝1敗でも、B級1組に昇級できる。さらにA級に連続昇級して優勝すれば、最短で2023年の春に名人戦の挑戦者になれる。そして、名人戦7番勝負で時の名人を破れば、21歳までに最年少記録で名人を獲得できる。ちなみに従来の記録は、1983年に21歳2ヵ月で名人を獲得した谷川浩司九段(58)である。

 藤井が最年少記録で名人に上り詰めるまでの過程は、このようにかなり険しいが、私は大いに期待している。

 

師匠曰く「記録に関心がない」

 藤井の師匠の杉本昌隆八段(52)の話によると、藤井は記録の達成にはあまり関心がないという。将棋の実力をもっと伸ばすこと、将棋の真理を追究することが使命だという。そして、「強くならないと見えない新しい景色があると思うので、その地点に立てるように頑張ります」と語ったことがある。

 それにしても、真の強者しか見えない将棋の究極の景色とは、いったいどんなものか。また、藤井はそれをいつ実現できるのだろうか・・・。