IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2019.01.25

勢いはここまで? 暗雲が漂い始めた自動運転の未来
IoT時代、<自動運転の未来予想図>が変わる

BY

 今年のCES 2019の期間中は普段よりも台数を増量、30台もの自動運転タクシーが稼働していたようだ。

 リフトやアプティブにとっても、世界中から目の肥えた顧客が集まるCESの期間を、示唆に富んだフィードバックを獲得する千載一遇のチャンスと考えているに違いない。

自動運転の風雲児・エヌビディアを襲った「不幸の連鎖」

 リフト・アプティブの自動運転タクシーの出現率の高さに高揚感はあったものの、今年は自動運転に限って言えば、やや盛り上がりを欠いたものになるであろうことは実は半分、予想していた。

 なぜならば、CES 2017/2018と自動運転技術のモーメンタム(勢い感)を牽引してきた企業・エヌビディアがこのところ相次ぐ「不幸の連鎖」に襲われていることを、昨今のニュースで察知していたからである。

 今を思えば、筆者が『IoT Today』でエヌビディアに関する直近の記事を執筆していた2018年10月初旬が、エヌビディアの絶頂期だった。

【参考】なぜ農業? 自動運転の異端児エヌビディアの妙計
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54393

「好事魔多し」。2018年10月以降、エヌビディアを突然襲った不幸の連鎖とは、

(1)米ハイテク株が長期金利上昇の動きを受けて一斉に暴落。
(2)米中貿易摩擦と地政学的リスクの問題(中国への情報機密漏えい疑惑)が勃発
(3)仮想通貨(暗号通貨)価格クラッシュとGPUのマイニング(採掘)需要の落ち込み
(4)GAFAがGPU開発を加速させ、競合環境が熾烈になるという観測
(5)第4位の大株主ソフトバンク(ビジョンファンド)が保有株売却を図るという報道

である。

 結果、エヌビディアの株価・時価総額はピーク時の約半分にまで落ち込み、2019年1月下旬現在、回復の兆しが見られない。

(2)と(3)については中国関連であり、エヌビディアの2018年の売上97億ドルの約20%は中国であることを考慮すると、エヌビディアにとっては中国案件が相当なハードパンチになったことは想像に難くない。

 質実剛健・堅実経営を旨とするジェンスン・ファンCEO率いるエヌビディアであるが、さすがに今回のCESではブースの展示もミニマム、過去2年の威勢の良さに比べれば記者会見も地味だった。

 要は「死んだふり」を決め込んだのである。

 エヌビディアとは無関係だが、2018年は5月にアリゾナ州テンピで起きたウーバーの自動運転車による死亡事故を皮切りに、昨年は自動運転とその周辺でネガティブな事案が続出した。

 技術的な課題としても、自動運転の目となる「ライダー」が雪や霧に弱いという弱点が顕在化してきた。

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

丸紅無線通信、ノキアの通信基盤でグローバルIoT通信サービス開始

PCやスマホに必要なセキュリティー対策とは?

農業にも活用されるHKSのIoTコネクティッドサービス

人手不足、過疎化に悩む地方と親和性が高い? IoTのビジネスモデル考察

IoTに適したWi-Fi「802.11ah」の実証実験が国内でスタート、まずワイヤレスジャパン会場で

NTT東日本が農業専業の新会社「NTTアグリテクノロジー」設立

コベルコ建機×日本マイクロソフト、建設現場のテレワークシステム推進で協業

医療用IoTポンプを例に、セキュリティー確保の手法を学ぶ(医療機器に迫るセキュリティーの脅威)

トーク配信アプリ「Radiotalk」、毎日放送系のMBSイノベーションドライブから約1億円を調達し業務提携

ワンボードマイコンのArduinoボード、新Nanoファミリー4モデルを発表。9.9ドルから

シャープ、各種「COCOROアプリ」と連携するプラットフォーム「COCORO HOME」発表 ~AIoT機器が他社製品やサービスとも連携可能に

シャープがスマートホームサービスを発表 消費増税“後”に照準

シーメンスとSAS、エッジとクラウド対応のIoTソリューション分野で提携

AIやIoT、クラウドによる製造業のデジタル変革--マイクロソフトと製造3社の事例

コニカミノルタと日本MS、AI/IoTを使った業種特化サービス開発と外販で協業

住友ゴム、デジタルツールを用いたタイヤ管理ソリューションを展開 IoT開発企業2社と提携

パナソニック、MaaS社会を睨みIoT電動アシスト自転車の実証実験を開始

実証実験に必要なすべてが揃うプラットフォーム「イノベーションフィールド柏の葉」 | IT Leaders

2019年に本格化が予想されるIoT活用

パナソニック、IoT電動アシスト自転車の実証実験--スマホで開錠、GPSで追尾

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

丸紅無線通信、ノキアの通信基盤でグローバルIoT通信サービス開始

PCやスマホに必要なセキュリティー対策とは?

農業にも活用されるHKSのIoTコネクティッドサービス

人手不足、過疎化に悩む地方と親和性が高い? IoTのビジネスモデル考察

IoTに適したWi-Fi「802.11ah」の実証実験が国内でスタート、まずワイヤレスジャパン会場で

NTT東日本が農業専業の新会社「NTTアグリテクノロジー」設立

コベルコ建機×日本マイクロソフト、建設現場のテレワークシステム推進で協業

医療用IoTポンプを例に、セキュリティー確保の手法を学ぶ(医療機器に迫るセキュリティーの脅威)

トーク配信アプリ「Radiotalk」、毎日放送系のMBSイノベーションドライブから約1億円を調達し業務提携

ワンボードマイコンのArduinoボード、新Nanoファミリー4モデルを発表。9.9ドルから

シャープ、各種「COCOROアプリ」と連携するプラットフォーム「COCORO HOME」発表 ~AIoT機器が他社製品やサービスとも連携可能に

シャープがスマートホームサービスを発表 消費増税“後”に照準

シーメンスとSAS、エッジとクラウド対応のIoTソリューション分野で提携

AIやIoT、クラウドによる製造業のデジタル変革--マイクロソフトと製造3社の事例

コニカミノルタと日本MS、AI/IoTを使った業種特化サービス開発と外販で協業

住友ゴム、デジタルツールを用いたタイヤ管理ソリューションを展開 IoT開発企業2社と提携

パナソニック、MaaS社会を睨みIoT電動アシスト自転車の実証実験を開始

実証実験に必要なすべてが揃うプラットフォーム「イノベーションフィールド柏の葉」 | IT Leaders

2019年に本格化が予想されるIoT活用

パナソニック、IoT電動アシスト自転車の実証実験--スマホで開錠、GPSで追尾

IoTニュース

パナソニック、MaaS社会を睨みIoT電動アシスト自転車の実証実験を開始
実証実験に必要なすべてが揃うプラットフォーム「イノベーションフィールド柏の葉」 | IT Leaders
2019年に本格化が予想されるIoT活用
パナソニック、IoT電動アシスト自転車の実証実験--スマホで開錠、GPSで追尾
コニカミノルタ、AIを活用したデジタル変革で日本マイクロソフトと協業 | IT Leaders
内訳まで詳解、なぜPoCから本格導入されたのは「たった4%」だったのか
IoT時代の無線化オフィス――最新技術でトラブル解決、パフォーマンス向上
東京建物ら3社、スマートビルディング実現に向けIoT活用環境整備を推進
Sigfoxで物流コストを削減、KCCSとホシデンが実証実験
IBC、IoTセキュリティ基盤「kusabi」の実証実験を支援するサービス
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第10回)メッシュ対応で最大300kbpsの「Wi-SUN HAN」【ネット新技術】
スマートビール:従来のビール醸造がインダストリー4.0に出会う時
「ライオンズ蒲田レジデンス」にスマートロック、AI管理人を導入--AI、IoTマンション販売開始へ
IoT技術でデータセンター管理を効率化――、シュナイダーエレクトリックの「EcoStruxure」
コンシューマが5Gに求める用途とは? 改めて考える5Gの意味:本田雅一のウィークリー5Gサマリー
Rancher Labsがエッジ,IoT,電話プラットフォーム用の軽量Kubernetesディストリビューション"k3s"をリリース

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。