SOMPOが目指す「保険の先」、先導役が語る未来

デジタルでの新事業を重要なビジネスの柱の一つに

鍋島 勢理(CDO Club Japan)/2018.11.1

いいね ツイートする

 業界全体で大きな変革が起きようとしている金融業界では、組織のデジタル変革を実践するCDO(Chief Digital Officer)の役割が非常に重要だ。SOMPOホールディングスのCDO楢﨑浩一氏に、今後SOMPOをどのように変革していくのか、そのときのCDOの役割は何かを、デジタル分野における経営陣コミュニティ「CDO Club Japan」理事の鍋島勢理氏が聞いた。(JBpress)

「保険の会社」から大きく変わろうとしている

――まず、SOMPOに入社された経緯を教えてください。

 私は三菱商事に入社し、シリコンバレー駐在を経験したあと、2000年に現地のスタートアップに転職しました。複数のICT関連企業で事業開発や経営に携わったあと、SOMPOに声をかけていただいて、2016年5月にSOMPOホールディングスのグループCDO執行役員に就任しました。

 面接の際、損保ジャパン日本興亜の西澤敬二社長と、SOMPOホールディングスの櫻田謙悟グループCEOに別々にお会いしましたが、お二人がおっしゃっていることはまったく同じでした。