IoTカメラ、AI、スマホでテナントの集客を支援

リアル店舗への来店客の詳細な属性把握に注力するパルコ

栗原 雅/2018.8.17

いいね ツイートする

 商業ビル大手のパルコが力を注いでいるのが最先端のデジタルテクノロジーの積極活用だ。同社は中期経営計画の柱のひとつとして「独自の先行的ICT活用」を掲げ、スマートスピーカー、IoTカメラ、AI(人工知能)、スマホアプリなどを出店企業への送客に役立てようとしている。

 2018年4月、東京・池袋にある「池袋PARCO」では、米アマゾン・ドット・コムのスマートスピーカーAmazon Echoを活用した対話型の館内案内サービスを開始した。入口やエスカレーターの付近など10カ所に設置したAmazon Echoで、館内のショップやレストラン、取扱商品の情報を提供する。「子供服はどこで取り扱っていますか?」と顧客が聞くと、Amazon Echoが「5階、XXXXで子供用の洋服の取り扱いがございます」と音声でショップ(テナント)を案内する。同時に、スマートスピーカーに併設したタブレット端末の画面に当該フロアのマップを表示するといった具合だ(図1)。

図1 池袋PARCOに設置したスマートスピーカー「Amazon Echo」による館内案内のイメージ

(* 配信先のサイトでこの記事をお読みの方はこちらで本記事の図表をご覧いただけます。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53826

写真1 池袋PARCOに設置したコミュニケーションロボット「Siriusbot(シリウスボット)」

 館内案内については、それ以前の2017年10月から11月にも別のシステムを試験導入している。東京都立産業技術研究センターや日本ユニシスと共同開発したコミュニケーションロボット「Siriusbot(シリウスボット)」を、池袋PARCOを含む複数のファッションビルに設置して、各ビルで1~2週間、音声による館内案内などへの応用の可能性を探ったことがある(写真1)。