IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.06.18

AI時代こそ必要な「お客さま」への理解と共感
IoT時代、<企業のお客さまとの向き合い方>が変わる

BY

AIを駆使した提案も、お客さまに寄り添えなければ意味がない。

 IoT時代、お客さまと企業がデータで繋がり、企業のサービス提供のあり方が大きく変わる中で、お客さまの気持ちの変化に寄り添う「エクスペリエンスデザイン(体験設計)」の考え方や手法が注目を集めるようになって来ている。

 なぜなら、エクスペリエンスデザインの考え方や手法は、お客さまの気持ちへの共感と理解を通じて、企業のマーケティングにおける機会点の発見やKPI設定の手がかりとなるからだ。

 現在、多くの企業が「マーケティングオートメーション」の導入を開始しており、AIを搭載した専用ツールも少なからず紹介されている。

 企業がお客さまの過去の購買履歴やウェブサイトの閲覧履歴などをデータベースに蓄積し、AIを駆使してアナリティクス(解析)を行うことで、お客さまのニーズにマッチしそうな商品やサービスのリコメンド、広告の配信を行うなどがそれにあたる。

 しかし、一見効率的に見えるその運用が、「本当に」お客さまのロイヤルティ醸成に繋がっているかどうかは評価が別れるところだろう。

唐突に画面に表示されたアマゾンの「バーチャルダッシュ」

 例えば、アマゾンは2017年8月、プライム会員向けにデジタル・ダッシュボタン「バーチャルダッシュ」を導入した。

 ある日突然、著者のアマゾンのトップ画面右側に、これまで利用したことのあるクラフトビールやワインのショップ名が書かれた、色とりどりのダッシュボタンが並んだのである。

 ビジュアル的には先進感あふれるアイデアだが、著者は正直なところ、これは余計なお世話だと感じた。

 そもそも著者はネットショッピングで、手頃な価格で美味しい、掘り出し物のワインを探し出す喜び(いわゆるセレンディピティ)に価値を感じるタイプの人間である。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

OKI、マルチキャリア対応の「音声IoTゲートウェイ」を販売
日本人はAIやIoT活用の自動化サービス利用に前向きで寛容--VMware調査
AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略(後編) Azure IoT Edgeとは?
NEC、公共施設の機器を無人サービス化--EV用充電器や宅配ボックスなどに組み込み
工場/IIoT環境向け小型UPS、APCブランドでシュナイダーが発売
凸版印刷、センサと床材を一体化した「ロケーションフロア」開発--「トッパンIoT建材」開始
NI+C、ミツフジのウェアラブルIoT「hamon」と「IBM Maximo Worker Insights」を組み合わせた安全管理・見守りソリューションを提供
NTTデータCCS、Beacon/IoT分野でAC&Mと資本・業務提携 | IT Leaders
“産業と社会を変えるデジタライゼーション”がテーマ「第5回 IoT/AI ビジネスカンファレンス」開催レポート
AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略(前編)
JEITAがサーバ需要の「質の変化」を解説、IoT・AI・機械学習の台頭で何が変わるか
東芝“新中計”は踏み込み不足、構造改革を遅らせる「内輪の論理」
NTTデータCCS、ビーコン/IoTソリューション分野でAC&Mと提携、位置測位サービスを拡充
TrustZone対応マイコン、声を拾う加速度センサー STが展示
IIJ、フルMVNOサービスでLTE-Mの接続確認を実施
宅配ボックス、EV充電器、シェア自転車などに決済や制御を追加できるIoT装置「NEC Digital Concierge」 NECから

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。