IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.06.18

AI時代こそ必要な「お客さま」への理解と共感
IoT時代、<企業のお客さまとの向き合い方>が変わる

BY

 さらに残念なことに、ダッシュボタンの中には二度とリピートしたくないと思ったショップのボタンも含まれていた。

 過去に一度、配送のトラブルで苦々しい経験をした記憶が、あろうことか鮮明によみがえってきてしまったのである。

 企業が良かれと思って提供したサービスが、(それがお客さまの過去の購買行動の履歴をベースにしているからといって)全てのお客さまのショッピング体験を豊かにするとは限らない。

「データに基づいた完全無欠な正確性=うれしいサービス」となるほど、人間の心理は単純ではない、ということだろう。

「バーチャルダッシュ」に限って言えば、アマゾンはせめて、表示の有無をまずプライム会員に確認すべきだった、と思う。

 今後、お客さまの行動データのアナリティクスにAIの活用が進んでいくにつれ、このようなタイプの、企業の思惑とお客さまの気持ちの「ボタンの掛け違え」が増えていく可能性がある。

寓話『サトリのワッパ』が示唆するもの

 マーケティングオートメーションにおけるAIの可能性と、お客さまの気持ちの関係との近未来のあり方について考える上で、非常に興味深い寓話がある。

『サトリのワッパ』(「ワッパ」とは曲げ物づくりの弁当箱*)というタイトルの説話で知られているので、聞いたことがある読者の方も多いかもしれない。

*:ワッパを「童子」に由来するという説もある。

 覚(サトリ)とは日本の妖怪のひとつである。鳥山石燕による江戸時代の妖怪画集『今昔画図続百鬼』に紹介されているほか、日本全国で人の心を見透かす妖怪として数々の説話が伝えられている。

「サトリのワッパ」というタイトルでこの説話をご存知の読者の方も多いだろう。それは次のようなストーリーだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

国内IoT市場、2022年にソフト/サービスの支出割合が61.1%へ--IDC Japan予測
2022年のIoT市場規模は11.7兆円、スマートホームやスマートグリッド普及でソフトウェア/サービスがけん引――IDC調べ
IoT人気記事ランキング|IFA2018レポートなど[9/3-9/9]
AIに使えるデータはわずか30%、ただちに企業データを「AI Ready」にせよ
高度に自動化された世界を実現する、アプトポッドの産業IoTミドルウェア
交通量調査を深層学習で自動化するIoTエッジ装置、クラウディアンがβ版を提供 | IT Leaders
BIGLOBEがIoTデバイス「BL-02」のパッケージソリューションを提供開始、パートナー企業の募集も
CData、API開発・運用基盤「CData API Server」2018版をリリース
日立、IoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを開始
国内IoT市場、ソフトウェア/サービスの支出割合は2022年までに8.3ポイント増加し61.1%に――IDCが分野別予測
“IoTドア”で独居シニアの安否確認 賃貸住宅のリスク低減対策にも――NTT西日本ら、九州で高齢者見守りサービスのトライアルを実施
低コストで高速にIoTソリューションが開発できる「isaax」【9/14体験展示】
IoTの目を進化させるインテルの「OpenVINOツールキット」
ネットと繋がる未来の自動車、その活用分野
ぷらっとホーム、国内高圧スマート電力量メータへのアクセス認証取得によりスマートシティ・スマートビル向けIoT市場への対応を強化
IoT競争の焦点は「データエコシステム/Data as a Service」 ―IDC Japan 鳥巣氏 講演

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。