IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.06.18

AI時代こそ必要な「お客さま」への理解と共感
IoT時代、<企業のお客さまとの向き合い方>が変わる

BY

 さらに残念なことに、ダッシュボタンの中には二度とリピートしたくないと思ったショップのボタンも含まれていた。

 過去に一度、配送のトラブルで苦々しい経験をした記憶が、あろうことか鮮明によみがえってきてしまったのである。

 企業が良かれと思って提供したサービスが、(それがお客さまの過去の購買行動の履歴をベースにしているからといって)全てのお客さまのショッピング体験を豊かにするとは限らない。

「データに基づいた完全無欠な正確性=うれしいサービス」となるほど、人間の心理は単純ではない、ということだろう。

「バーチャルダッシュ」に限って言えば、アマゾンはせめて、表示の有無をまずプライム会員に確認すべきだった、と思う。

 今後、お客さまの行動データのアナリティクスにAIの活用が進んでいくにつれ、このようなタイプの、企業の思惑とお客さまの気持ちの「ボタンの掛け違え」が増えていく可能性がある。

寓話『サトリのワッパ』が示唆するもの

 マーケティングオートメーションにおけるAIの可能性と、お客さまの気持ちの関係との近未来のあり方について考える上で、非常に興味深い寓話がある。

『サトリのワッパ』(「ワッパ」とは曲げ物づくりの弁当箱*)というタイトルの説話で知られているので、聞いたことがある読者の方も多いかもしれない。

*:ワッパを「童子」に由来するという説もある。

 覚(サトリ)とは日本の妖怪のひとつである。鳥山石燕による江戸時代の妖怪画集『今昔画図続百鬼』に紹介されているほか、日本全国で人の心を見透かす妖怪として数々の説話が伝えられている。

「サトリのワッパ」というタイトルでこの説話をご存知の読者の方も多いだろう。それは次のようなストーリーだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手
IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動
総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由
テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始
GoogleがIoT用プラットフォーム「Android Things」開発計画を大幅にトーンダウン
Google、IoT向けOS「Android Things」をスピーカーとディスプレイに縮小
グーグルのIoT用OS「Android Things」、スピーカとディスプレイに注力へ
NECネッツエスアイ、効率的なビル運営や快適なオフィス環境を支援する次世代設備管理ソリューション「Nets-Butics」を発表
MQTTとHiveMQ 4によるスケーラブルで信頼性の高いIoTアプリの開発
中小企業がIoTを使いこなすまで--東京都が進める支援事業の狙い
IoTを月額課金で始められるWebストア、ソラコムなど3社が立ち上げ
日本政府がIoT機器に無差別侵入/投稿論文に見るAI研究のトレンド
OTとITの融合へ本格的に取り組む--日本ヒューレット・パッカードが新製品群
HPE、IoT/エッジ領域の“OT+IT”統合ソリューション発表
LPWAは爆発的に伸びる?――NB-IoTとLoRaが主流へ
HPE、ビジネス効率とイノベーションを加速させるIoT・エッジコンピューティングソリューションを発表

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。