IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.04.28

日本式ビジネスの理解がIoT事業の明暗を分ける
コンサルタントが教える新規事業成功の鍵

BY

ヒト・モノ・カネをどうやって集めるか

IoT新規事業をスピード感をもって進めるためには、意思決定権のある人物を巻き込むことが必要だ。それには、その人物を納得させられるストーリーを描けるかどうかが大事になってくる。ヒト・モノ・カネをかけることで得られる成果が投資に見合うかどうか、そこを示せなければ事業の立ち上げはおぼつかなくなるだろう。

そうしたヒト・モノ・カネをどうやって調達するか。そのことが、IoT新規事業の成否を分けるといえるだろう。

・ヒト集めは政治家タイプに任せる

プロジェクトメンバーを支える「ヒト」を集めるためには、キーマンの存在が欠かせない。どういう人がキーマンになりうるかというと、既存事業に問題意識を持っており、社内政治が得意な人。例えば、新しい事業で必要な人材をそろえようと思った時、各部署のエース級の人を集める必要があったとする。そうしたときに、社内政治が得意な人のほうがスムーズにいくというわけだ。

また、力強く魅力的な構想を立てられる人もキーマンになり得るという。そうした構想には支援者が集まってくるためだ。

・モノづくり大国の強みを活かす

IoTにおいては、最終的にモノがものをいう。どんなに優れたビジネスモデルやサービスを開発したとしても、それを実現させるためのモノづくりがうまく行かなければ実現することは叶わない。そういう観点では、日本は有利だと林氏は言う。モノづくり大国としての技術の蓄積があるため、信頼性や品質の点からも新しいサービスをきちんと実現できるモノづくりができるためだ。企画と製作が密に連携を取って開発を進められる。そうした日本の特性を活かした開発が可能だというのだ。

・カネの集め方には工夫、考え方には計画が必要

プロジェクトを進めるにあたって、資金は重要な問題だ。新しい事業に対していきなり巨額の資金を投入することは稀であろう。その場合は、先にマーケットの支持を得てしまうというやり方がある。具体的にはジョイントベンチャーなどにより、協賛者を募るということだ。そうすることで、出資もしやすくなるだろうし、事業の見通しもより信頼性が高まっていく。

また、より手軽に自社だけでも実施できることとしては、クラウドファンディングも考えられる。試作品の段階で一般消費者へ訴求し、一定額が集まれば市場の支持を見える化できる。一種のテストマーケティングとして利用するのだ。

資金は調達ばかりでなく、考え方を見直す必要もあるかもしれない。すなわち、予算の組み方を変えるのだ。例えば、PoC/PoTとして実施した場合、それ自体がPRにつながるようであれば広告費から予算を配分してもいいかもしれない。そのように、予算のポートフォリオを変えることも必要だと、林氏は言う。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

HPE、エッジコンピューティング分野に注力--約4400億円を投資へ
コモドソリューションズ、熱中症対策IoTを保育・教育・地域活動へ展開
IoT機器の固体認証向け新PUF技術、東芝が開発
IoT人気記事ランキング|図解!「IoTによる工場の可視化で、把握すべき5つのこと」など[6/11-6/17]
KDDI、漁業IoTを実現するスマートブイの新型――軽量・省電力化しセルラーLPWAにも対応
LPWAに対応したシューズ向けIoTモジュールの実験に成功
漁獲量を予測する「スマートブイ」 KDDIが実証実験
IoTビジネス化の実現をサポートする 「IoTの窓口 byGMO」の取り組み -GMOクラウド CEO青山氏インタビュー[PR]
「便利な道具も使い方次第」 AI、IoT、データサイエンスの第一人者が討論
凸版印刷、無線通信規格「EnOcean」に対応した電池レスのIoT機器に「表示」を実現
事例に学ぶ「成功するIoT」の勘所
プロセッサコア以外で勝負に出始めたArm
Sigfoxブースはスポーツバイクの盗難防止や落石管理など事例満載
KDDI、センサー設置から故障予兆検知までをワンストップで提供する「KDDI IoTクラウド 〜工場パッケージ〜」を開始
IBM、Oniqua Holdingsを買収--産業用IoTなど強化へ
DX活用で働き方改革・第2幕へ――ビデオ、AI/IoTをオフィスに埋め込む

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。