IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.02.03

「スキル」ってなに? 機能で選ぶスマートスピーカー
機種によってできることが違う? 気になる人気の機能とは

BY

1月18日、Amazon.co.jp(以下、Amazon)は同社が2017年11月に販売を開始したスマートスピーカー、「Amazon Echo」シリーズで利用できる「Alexaスキル」の2017年12月時点での人気ランキングを発表した。

Alexa(Amazon Alexa)とは、Amazon Echoシリーズに搭載されている音声認識AIアシスタント(以下、音声アシスタント)だ。音声アシスタントは言わば、スマートスピーカーの頭脳。「スキル」、もしくは「Action(以下、アクション)」と呼ばれるものはスマートフォンで言うところの「アプリ」にあたる。ざっくりと言えば「機能」、「できること」だ。

現在国内で販売されている主なスマートスピーカーには、AmazonのAlexa(アレクサ)、GoogleのGoogleアシスタント、LINEのClova(クローバ)というようにいずれかの会社が開発した音声アシスタントが搭載されている。

それぞれ微妙に機能が異なるが、Amazonでは他社サービスとの連携機能や個人開発者製の追加機能のことを「Alexaスキル」と呼んでいる(LINEはサードパーティ製機能を含めた機能全般をスキルと呼んでおり、Googleも機能全般をアクションと呼んでいる)。

音声検索や声でアラームをセットしたりといった「スマートスピーカーでできること」と聞いてパッと思いつくような機能は、どのスマートスピーカーでも購入時の状態ですぐに使える。

実際にAmazon Echoを購入した人は、それ以外にどんな追加機能を使っているのだろうか。冒頭に挙げたAlexaスキルのランキングを参照しながら、スマートスピーカーの機能や実際の使われ方を見てみよう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマートホームの普及を阻む壁を突破するには:佐野正弘のITトレンドウォッチ
IoTを活用した燃料給油サービス、アクティオが今秋より開始
丸紅無線通信、ノキアの通信基盤でグローバルIoT通信サービス開始
PCやスマホに必要なセキュリティー対策とは?
農業にも活用されるHKSのIoTコネクティッドサービス
人手不足、過疎化に悩む地方と親和性が高い? IoTのビジネスモデル考察
IoTに適したWi-Fi「802.11ah」の実証実験が国内でスタート、まずワイヤレスジャパン会場で
NTT東日本が農業専業の新会社「NTTアグリテクノロジー」設立
コベルコ建機×日本マイクロソフト、建設現場のテレワークシステム推進で協業
医療用IoTポンプを例に、セキュリティー確保の手法を学ぶ(医療機器に迫るセキュリティーの脅威)
トーク配信アプリ「Radiotalk」、毎日放送系のMBSイノベーションドライブから約1億円を調達し業務提携
ワンボードマイコンのArduinoボード、新Nanoファミリー4モデルを発表。9.9ドルから
シャープ、各種「COCOROアプリ」と連携するプラットフォーム「COCORO HOME」発表 ~AIoT機器が他社製品やサービスとも連携可能に
シャープがスマートホームサービスを発表 消費増税“後”に照準
シーメンスとSAS、エッジとクラウド対応のIoTソリューション分野で提携
AIやIoT、クラウドによる製造業のデジタル変革--マイクロソフトと製造3社の事例

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。