IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2018.01.17

日本製“世話焼き”音声認識AIは掃除機から始まった
「空気を読む」日本語対話で海外製に立ち向かう

BY

2017年後半から一躍脚光を浴びているスマートスピーカー(AIスピーカー)。そして、スマートスピーカーに搭載されている音声認識AIアシスタント(以下、音声アシスタント)。むしろ、トレンドの肝となるのはこちらと言える。スピーカーを皮切りに、音声アシスタントは様々な家電製品に搭載されようとしているのだ。

1月9日から12日にかけて米国ラスベガスで開催されたCES 2018でも、音声アシスタント搭載のデバイスが多数発表された。しかしそれらに搭載されている音声アシスタントはほとんどがAmazonのAlexa、もしくはGoogleアシスタント。つまり、海外産の人工知能である。

「スマートスピーカー」という言葉は国内でも着々と知名度を高めているが、実際のところまだ日本での購入者は多いとは言えない。言い換えれば、日本でのスマートスピーカーや音声アシスタントのシェア争いはまだ始まったばかり。日本産の音声アシスタントがAlexaやGoogleアシスタントを抜き去り、国内シェア1位を取る可能性はまだゼロではないだろう。

前回の記事では、日本産の音声アシスタントの例として、NTTドコモの「しゃべってコンシェル」とヤフーの「Yahoo!音声アシスト」を取り上げた。どちらもまだ、単純に「アシスタント」という道具として見た場合、完成度はAmazonのAlexaやGoogleアシスタントには及ばない。しかしそれぞれに歴史と強みがあり、今後国内シェアを伸ばしていく可能性は十分にある、と結論付けた。

今回は、前出の2つに比べて少々異質な音声アシスタントを紹介する。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

パナソニック「ゼロからイチを作る部署」AIソリューションセンターが取り組むAI活用法
トヨタ、NECが難題解決で頼った「ある学問」とは?
デジタライゼーションの未来、IoTとAIで”再定義”される製造業とモビリティ —IoTConference2018レポート1
KDDI総合研究所、軽量化、省電力化した新型のスマートブイ開発
「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」設立--公民学連携で実証実験の場を提供
日立、MATLABとMicrosoft Dynamics 365の「Lumada」による連携技術を開発
スマホに投球データ送れるIoT野球ボール、韓国展開を開始
IoTが保険業界を破壊する?高まる「付加価値」への需要
「IoT向けの長期戦略では利益の犠牲も必要」 Arm
IoTの最重要課題のひとつ、「セキュリティ対策」をどう解決するか?[PR]
目指すは「AI/IoTの街」―― 柏の葉IoTビジネス共創ラボが発足
Beaconのそばを通るだけで時刻を記録、アプリックスがスマート打刻サービス「DAKOQ(ダコク)」を発売
セキュリティターミナル製品の要求仕様を策定、セキュアIoTアライアンス
日立、ERP「Dynamics 365」と数値解析ソフト「MATLAB」を連携、故障予知などを容易に | IT Leaders
農業ベンチャーのグリーンリバーホールディングス、IoTを利用した関連特許5件を取得
西菱電機、LoRaWAN対応センサーを用いたスマート農業を兵庫県伊丹市で実施

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。