IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.01.15

VRで誰もが「自分ごと化」して受け取れる報道へ
報道にVR技術が利用されるようになると何が変わるのか

BY

1月4日、アルファコードが開発した「VRider DIRECT」がWindows Mixed RealityとPlayStation VRに正式対応したことを発表した。

VRider DIRECTは、専門的な知識が無くとも簡単にVRコンテンツの作成・編集・配信までを行なうことができるシステムで、朝日新聞社が提供するニュースアプリ「NewsVR」でも利用されている。今回はiOS、Android、HTC VIVE、Microsoft HoloLens、IDEALENSに続いての対応メディア追加となった。スマートフォンを差し込んで利用するタイプの手軽なHMDだけでなく、本格的なHMDにも対応しているのだ。

昨今勢いのある動画コンテンツ、さらに2016年はVR元年と言われたこともあり、VR動画に興味を持った人は少なくないはず。企業もこぞってPRなどに利用している。しかし視聴のハードル以上に、高品質なVRコンテンツや360度動画を作成するハードルというのはなかなかに高いものだった。VRider DIRECTのようなシステムが充実してくることによって、VR動画の参入ハードルが下がり、高品質なコンテンツが多数生まれる土壌が整っていくであろうことが期待できる。

VRider DIRECT対応デバイス一覧イメージ(画像はプレスリリースより引用)

ところで、冒頭で紹介したようにVRider DIRECTは、朝日新聞社のNewsVRにも利用されている。ここから、今回はVRと報道の相性にも注目したい。

NewsVRは、ニュースに関連したVR視聴アプリケーション。朝日新聞のフォトジャーナリストや特派員らが撮影したVR動画やパノラマ静止画といった、臨場感のあるニュースコンテンツを楽しむことができる。

NewsVRのコンテンツ選択画面(画像はプレスリリースより引用)

朝日新聞の他、国内ではNHKもいち早くVRや360度動画に注目し、「NHK VR」というサイトで360度の動画や静止画を提供している。こちらで公開されているのは、基本的にPCやスマートフォンのブラウザ上で閲覧する360度コンテンツ。NewsVRで提供されているような本格的なVR動画とは性質が異なるとはいえ、わずか数分の映像であっても、従来の平面的な映像に比べれば視聴者に与えられる情報量は圧倒的に多いことが分かる。VR用HMDがもう少し普及すれば、より本格的なVRコンテンツが提供されるのではないだろうか。

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

ツイート・メール・株価などあらゆる情報を表示&IFTTT連携で無限の可能性を感じるスマートクロック「LaMetric TIME」を使ってみた

空港案内から“手ぶらショッピング”まで 顔認証で顧客最適化――和歌山県白浜エリアでNECらが共同実証

海中センサーとドローンで広島の養殖牡蠣の生育環境を保全――シャープ、東大らが共同実証へ

NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders

Armが2019年のIoT分野について予測を発表

「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より

アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方

主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査

[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入

イノベーション

アマゾンエフェクトからの脱却を図る小売業の新機軸

JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ

White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた

アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?

スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す

Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供

Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

ツイート・メール・株価などあらゆる情報を表示&IFTTT連携で無限の可能性を感じるスマートクロック「LaMetric TIME」を使ってみた

空港案内から“手ぶらショッピング”まで 顔認証で顧客最適化――和歌山県白浜エリアでNECらが共同実証

海中センサーとドローンで広島の養殖牡蠣の生育環境を保全――シャープ、東大らが共同実証へ

NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders

Armが2019年のIoT分野について予測を発表

「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より

アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方

主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査

[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入

イノベーション

アマゾンエフェクトからの脱却を図る小売業の新機軸

JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ

White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた

アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?

スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す

Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供

Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

IoTニュース

ツイート・メール・株価などあらゆる情報を表示&IFTTT連携で無限の可能性を感じるスマートクロック「LaMetric TIME」を使ってみた
空港案内から“手ぶらショッピング”まで 顔認証で顧客最適化――和歌山県白浜エリアでNECらが共同実証
海中センサーとドローンで広島の養殖牡蠣の生育環境を保全――シャープ、東大らが共同実証へ
NTTドコモ、IoTセンサーによる設備点検パック、1センサーあたり月額2700円 | IT Leaders
Armが2019年のIoT分野について予測を発表
「スマホで注文、ロボットがお届け」の未来カフェ実験が都内でスタート。2019年1月7日より
アナリストが見通す、LPWA“第2幕”の行方
主にIoTを担当する国内人材の総数は約47万人--IDC調査
[みんなのケータイ]続々登場のスマホ連携家電、ロボット掃除機と洗濯機を購入
JD.comとインテルがIoTラボを設立--スマート小売アプリケーションを開発へ
White Motion蔵本CEOにコネクテッドカーの課題と未来を聞いた
アビーム、最新技術と企業が持つデータを組み合わせたデジタルソリューション「ABeam Digital powered by SAP Leonardo」
IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表
第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?
スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す
Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。