IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.01.15

VRで誰もが「自分ごと化」して受け取れる報道へ
報道にVR技術が利用されるようになると何が変わるのか

BY

1月4日、アルファコードが開発した「VRider DIRECT」がWindows Mixed RealityとPlayStation VRに正式対応したことを発表した。

VRider DIRECTは、専門的な知識が無くとも簡単にVRコンテンツの作成・編集・配信までを行なうことができるシステムで、朝日新聞社が提供するニュースアプリ「NewsVR」でも利用されている。今回はiOS、Android、HTC VIVE、Microsoft HoloLens、IDEALENSに続いての対応メディア追加となった。スマートフォンを差し込んで利用するタイプの手軽なHMDだけでなく、本格的なHMDにも対応しているのだ。

昨今勢いのある動画コンテンツ、さらに2016年はVR元年と言われたこともあり、VR動画に興味を持った人は少なくないはず。企業もこぞってPRなどに利用している。しかし視聴のハードル以上に、高品質なVRコンテンツや360度動画を作成するハードルというのはなかなかに高いものだった。VRider DIRECTのようなシステムが充実してくることによって、VR動画の参入ハードルが下がり、高品質なコンテンツが多数生まれる土壌が整っていくであろうことが期待できる。

VRider DIRECT対応デバイス一覧イメージ(画像はプレスリリースより引用)

ところで、冒頭で紹介したようにVRider DIRECTは、朝日新聞社のNewsVRにも利用されている。ここから、今回はVRと報道の相性にも注目したい。

NewsVRは、ニュースに関連したVR視聴アプリケーション。朝日新聞のフォトジャーナリストや特派員らが撮影したVR動画やパノラマ静止画といった、臨場感のあるニュースコンテンツを楽しむことができる。

NewsVRのコンテンツ選択画面(画像はプレスリリースより引用)

朝日新聞の他、国内ではNHKもいち早くVRや360度動画に注目し、「NHK VR」というサイトで360度の動画や静止画を提供している。こちらで公開されているのは、基本的にPCやスマートフォンのブラウザ上で閲覧する360度コンテンツ。NewsVRで提供されているような本格的なVR動画とは性質が異なるとはいえ、わずか数分の映像であっても、従来の平面的な映像に比べれば視聴者に与えられる情報量は圧倒的に多いことが分かる。VR用HMDがもう少し普及すれば、より本格的なVRコンテンツが提供されるのではないだろうか。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

自宅をIoT化するなら、物理的にスイッチをオフしてくれる「Switch Bot」を検討してみない?
加速するSigfoxの「今」を紹介――KCCSがIoTイベント開催
乾電池型IoT機器が伝える利用状況ビッグデータ【3/22体験展示】
「Azure IoT Edge」ソリューション用のCI/CDパイプラインを作成する、Azure Pipelinesを利用
5Gがメディアのネットシフトを加速する:本田雅一のウィークリー5Gサマリー
Google「IoTデバイスに隠しマイクがあったけど、隠すつもりなかったです」
マカフィー、MWC 2019に向けて最新テクノロジーに潜む危険性とデジタルトラストの重要性を紹介
パナソニック、顔認証技術を活用した入退管理システム「KPAS」を提供へ
IoT機器侵入調査は本当に「通信の秘密を侵害し、検閲に当たる」のか?
IoT時代のセキュリティに顕在化する現状と課題
「目指すは家全体のスマート化」、“IoT建材”で凸版印刷が狙っていること
2019年のIoT支出額は世界で7450億ドルに--IDC予測
マイコンを取り巻く“東西南北”にみるIoT時代のマイコンビジネスの在り方
Keychain、ブロックチェーン技術を応用したビジネス/IoTデータセキュリティ「Keychain DPI」を提供開始
IoTで「登り窯」の伝統技術を仮想体験、NTT東らが実証実験
IoTや顔認識、ハイテクを駆使したシンガポールの学校を訪問--トイレもスマート化

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。