IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.12.01

「CASH」に続け! スマホで“即現金化”の波がきた
AIや画像認識活用でより精度の高い査定が期待される

BY

「目の前のアイテムが一瞬でキャッシュ(現金)に変わる」というキャッチコピーで登場した「CASH」。IoT Todayの読者ならご存知の方も多いだろう。サービス開始からわずか16時間で3億6629万3200円ものCASH化が行われ、サービスを一時停止せざるをえない状況になり話題となった。

先日はDMM.comが、CASHを運営するバンクを70億円で買収し子会社したことを発表している。

そんなCASHのように、目の前のアイテムを即現金に変えられるサービス市場に新たな事業者が参入を発表した企業がある。以前に本誌でも取り上げた日本唯一のユニコーン企業「メルカリ」だ。

 >>関連記事:メルカリはなぜ「日本で唯一のユニコーン企業」なのか

フリマアプリでの売買データが武器「メルカリNOW」

フリマアプリ大手のメルカリが提供する即現金化サービス「メルカリNOW」。サービスはメルカリのアプリ内で行われる。当初は買取対象の商品カテゴリをレディース・メンズの服飾品に限定してスタート。

1日100万品以上の出品があるメルカリの膨大な取引データを利用して査定するため、既存の類似サービスに比べて、より納得感の高い金額で現金化できることが特徴となっている。また、売上金はアカウントにすぐ反映され、メルカリ内での買い物に使えるためメルカリを利用してアイテムを購入している人にとっては使いやすいサービスだろう。

メルカリNOWの利用方法はいたって簡単だ。スマホ用のメルカリアプリをインストールし、本人確認用書類のアップロードなどを行なったら、以下の流れで取引が進んでいく。

①商品のブランド・カテゴリ・状態を選択して写真を撮り、査定金額を確認
②メルカリグループのソウゾウが商品を買い取り、販売者のアカウントに売上金を支払い
③2週間以内に集荷依頼を受け、販売者の自宅から無料で集荷
④買い取った商品はソウゾウがメルカリ上で販売

すでにフリマアプリとして人気の高いメルカリだが、利用したことがない人からは「忙しいので取引対応している時間がない」「やり取りをするのが面倒」「売れるまで待ちたくない」という意見もある。売買取引の手間が導入のハードルとなることが多いようだ。今回、不用品を現金化する際の選択肢が増えることで、メルカリの利用者は今後も拡大していくだろう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

建設生産プロセスの変革を加速する「LANDLOG Partner」、先行パートナー協業事例とLANDLOG提供アプリを発表
日本はDXの波に乗り遅れてる!?日本マイクロソフトとIDC調査から見えてきた懸念 - アジアにおけるデジタルトランスフォーメーション
セゾン情報システムズとクオリカ、製造業向けのIoTソリューション提供で協業
富士通、流通業向けデータ分析サービス、作業員の位置やバイタルも連携分析 | IT Leaders
“ドローンで建設現場を撮影、AzureでAI解析”も可能に――建設IoTプラットフォーム「LANDLOG」が「Microsoft Azure」を採用
進む現場のIoT化、建設や工場に向けてドコモがソリューション
マイクロソフトがDX最新状況発表。「LANDLOG」へのAzure採用、「日本企業投資意識はアジア企業に遅れ」の調査結果など
ノキア、スマートシティを管理する「IoT for Smart Cities」などを発表
ダイキン工業、空調機のIoTによる空間データプラットフォーム
サイプレスとESCRYPTが協業 - LoRaWAN向けセキュリティを提供
サテライトオフィス、IoTセンサー「MESH」を利用したステータス管理パックを発売
LPWAで工場IoT――ドコモとデンソー子会社が“かんばん方式”向け無線インフラの実証実験
[LIFETECH]甘くないチョコレートの世界に、テクノロジーを掛け合わせる -「Minimal」代表 山下氏×IoTNEWS代表 小泉 対談
ヴイエムウェアはIoTセキュリティに対して何ができるのか?
NEC、パートナー19社出展の「顔認証ソリューション展示会」開催
富士通、流通業界向けのIoT活用サービス基盤「SMAVIA」を販売開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。