IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.12.01

「CASH」に続け! スマホで“即現金化”の波がきた
AIや画像認識活用でより精度の高い査定が期待される

BY

「目の前のアイテムが一瞬でキャッシュ(現金)に変わる」というキャッチコピーで登場した「CASH」。IoT Todayの読者ならご存知の方も多いだろう。サービス開始からわずか16時間で3億6629万3200円ものCASH化が行われ、サービスを一時停止せざるをえない状況になり話題となった。

先日はDMM.comが、CASHを運営するバンクを70億円で買収し子会社したことを発表している。

そんなCASHのように、目の前のアイテムを即現金に変えられるサービス市場に新たな事業者が参入を発表した企業がある。以前に本誌でも取り上げた日本唯一のユニコーン企業「メルカリ」だ。

 >>関連記事:メルカリはなぜ「日本で唯一のユニコーン企業」なのか

フリマアプリでの売買データが武器「メルカリNOW」

フリマアプリ大手のメルカリが提供する即現金化サービス「メルカリNOW」。サービスはメルカリのアプリ内で行われる。当初は買取対象の商品カテゴリをレディース・メンズの服飾品に限定してスタート。

1日100万品以上の出品があるメルカリの膨大な取引データを利用して査定するため、既存の類似サービスに比べて、より納得感の高い金額で現金化できることが特徴となっている。また、売上金はアカウントにすぐ反映され、メルカリ内での買い物に使えるためメルカリを利用してアイテムを購入している人にとっては使いやすいサービスだろう。

メルカリNOWの利用方法はいたって簡単だ。スマホ用のメルカリアプリをインストールし、本人確認用書類のアップロードなどを行なったら、以下の流れで取引が進んでいく。

①商品のブランド・カテゴリ・状態を選択して写真を撮り、査定金額を確認
②メルカリグループのソウゾウが商品を買い取り、販売者のアカウントに売上金を支払い
③2週間以内に集荷依頼を受け、販売者の自宅から無料で集荷
④買い取った商品はソウゾウがメルカリ上で販売

すでにフリマアプリとして人気の高いメルカリだが、利用したことがない人からは「忙しいので取引対応している時間がない」「やり取りをするのが面倒」「売れるまで待ちたくない」という意見もある。売買取引の手間が導入のハードルとなることが多いようだ。今回、不用品を現金化する際の選択肢が増えることで、メルカリの利用者は今後も拡大していくだろう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDI総合研究所、軽量化、省電力化した新型のスマートブイ開発
「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」設立--公民学連携で実証実験の場を提供
日立、MATLABとMicrosoft Dynamics 365の「Lumada」による連携技術を開発
スマホに投球データ送れるIoT野球ボール、韓国展開を開始
IoTが保険業界を破壊する?高まる「付加価値」への需要
「IoT向けの長期戦略では利益の犠牲も必要」 Arm
IoTの最重要課題のひとつ、「セキュリティ対策」をどう解決するか?[PR]
目指すは「AI/IoTの街」―― 柏の葉IoTビジネス共創ラボが発足
Beaconのそばを通るだけで時刻を記録、アプリックスがスマート打刻サービス「DAKOQ(ダコク)」を発売
セキュリティターミナル製品の要求仕様を策定、セキュアIoTアライアンス
日立、ERP「Dynamics 365」と数値解析ソフト「MATLAB」を連携、故障予知などを容易に | IT Leaders
農業ベンチャーのグリーンリバーホールディングス、IoTを利用した関連特許5件を取得
西菱電機、LoRaWAN対応センサーを用いたスマート農業を兵庫県伊丹市で実施
2019年 日本はAPACで最大市場に - IoTの普及が成長を後押しするTelit
NTTドコモらによるIoT搭載宅配ボックスシステムを支援 - Telit
NEC、シリコンバレーに新会社「NEC X」設立 スタートアップに研究技術提供し、新事業開発へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。