IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.11.09

「AI後進国」日本、その原因は行政?企業?国民性?
AIや自動運転の分野で日本が大きく遅れている理由を識者に聞いた

BY

日本が「先進国」と呼ばれて久しい。しかし最近ではさまざまな面で“遅れ”が生じているといわれる。特に指摘されるのが、AIの技術研究や普及、自動運転技術だ。日本が置かれている状況について、各分野の有識者に話を聞いた。

“研究”への無理解がAI技術の遅れを招く

テクノロジー面の遅れの中でも、筆頭に挙げられるのが「AI(人工知能)」の技術力と普及の遅れだ。人工知能研究の第一人者、東京大学特任教授の中島秀之氏は、技術開発の遅れている原因のひとつに、日本企業が保有する“データ量”の問題を挙げている。

「現在のAIは、ディープラーニングと呼ばれる機械学習技術の進化によって、画像や音声の認識率が格段に上がっています。そのとき、AIに学習させるためには大量のデータが必要不可欠なのですが、日本の企業は膨大なデータを収集できるビジネスモデルがなく、学習させるデータも持っていません」

米国ではGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)と呼ばれる4大IT企業が先頭に立ち、各社のサービスを利用している各ユーザーがスマホやパソコンなどから入力したテキストデータや音声、映像といった自社が持つデジタルデータをAI開発に役立てている。しかし、日本にはそうしたデータを収集するシステムやビジネスモデルがないため、ディープラーニングを行なうことができない。これが“遅れ”の端的な原因と言えそうだ。

しかし、AI開発が遅れる理由はそれだけにとどまらない。中島氏によれば、政府が用意する「研究予算の少なさ」が関係しているという。

「私は、AIを『人工的につくられた知能を持つ実態。あるいはそれをつくろうとすることで、知能そのものを研究する分野』として定義しています。そのため、研究に重きを置く必要があると考えているのですが、日本のAIに関する研究予算は欧米に比べて2桁ほど少ないのです」

AIを含む情報技術開発の研究予算の少なさは、そのまま研究開発の遅れを招いているという。

「研究予算の少なさは、行政側、とくに財務省は、テーマの重複を嫌い、切り分けようとします。また、失敗を嫌って短期的成果を求めます。これは“研究”という行為の本質が分かっている人がいないことの表れです。失敗をせずに必ず成功をさせようと思っていたら、大きな研究はできません」

このように指摘する中島氏。また、政府のバックアップ不足はもとより、AIという存在が一般的に普及していない理由には日本人の国民性も深く関わっている、と続ける。

「例えば、現在のようなAIブームが来ていたとしても、関連する技術研究はすぐに反応することができません。しかし、日本人が持つ“熱しやすく冷めやすい”という国民性によって、研究の成果を待つことなく世間の興味が薄れ、予算や人員も削減されてしまいます。これでは、次のブームに対応できません。ブームが来てから研究をはじめても遅いのです。本来、研究はブームの先をいく必要があります」


日本企業、行政、国民性……それぞれが日本のAIの発展を阻んでいるようだ。まずは、地道な研究なくしては技術の進歩が望めないことを、私たちは理解する必要がありそうだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験

IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業

デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン

IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用

【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか

【CES 2019】デンソー、車載エッジコンピュータ「Mobility IoT Core」でリアルなMaaSを実演

あなたが知らない10のモビリティ・スタートアップ、「CASE」時代の最先端技術とは?

KDDI、海外展開する法人向けの統合型マネージドソリューション「KDDI GX Platform」

「つながる特装車」車両データを遠隔地から収集、極東開発がシステムを提供

5Gにおける「NB-IoT/LTE-M」の位置付け

加賀市がIoTを活用した除雪車運行システムを採用、状況の可視化や報告の省力化を実現

現場に散在するデータを集約・連携させてデータ経営を実現――、クオリカのIoTプラットフォーム「Bellonica」

スマートホーム市場の行方 家の中までデジタル化

ライオンがIoTデバイス--自宅界隈の天気予報と連動、洗剤残量に応じたアプリ通知も

イノベーション

CESで体験したカスタマーエクスペリエンスの近未来

法人向けIoTの強化で地方創生へ、KDDIがIoT専業のエコモットと提携

オンラインと実店舗の顧客データを統合!英Arm、小売業向けの新ソリューションを発表

”現場力”向上へAI/IoTを活用 ―― NTT東日本が障害対策の取り組みを紹介

ボタンを押すだけで呼べる「タクシーダッシュボタン」の運用開始

KDDIとエコモット、法人向けIoT分野で資本業務提携 | IT Leaders

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験

IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業

デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン

IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用

【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか

【CES 2019】デンソー、車載エッジコンピュータ「Mobility IoT Core」でリアルなMaaSを実演

あなたが知らない10のモビリティ・スタートアップ、「CASE」時代の最先端技術とは?

KDDI、海外展開する法人向けの統合型マネージドソリューション「KDDI GX Platform」

「つながる特装車」車両データを遠隔地から収集、極東開発がシステムを提供

5Gにおける「NB-IoT/LTE-M」の位置付け

加賀市がIoTを活用した除雪車運行システムを採用、状況の可視化や報告の省力化を実現

現場に散在するデータを集約・連携させてデータ経営を実現――、クオリカのIoTプラットフォーム「Bellonica」

スマートホーム市場の行方 家の中までデジタル化

ライオンがIoTデバイス--自宅界隈の天気予報と連動、洗剤残量に応じたアプリ通知も

イノベーション

CESで体験したカスタマーエクスペリエンスの近未来

法人向けIoTの強化で地方創生へ、KDDIがIoT専業のエコモットと提携

オンラインと実店舗の顧客データを統合!英Arm、小売業向けの新ソリューションを発表

”現場力”向上へAI/IoTを活用 ―― NTT東日本が障害対策の取り組みを紹介

ボタンを押すだけで呼べる「タクシーダッシュボタン」の運用開始

KDDIとエコモット、法人向けIoT分野で資本業務提携 | IT Leaders

IoTニュース

IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験
IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業
デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン
IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用
【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか
【CES 2019】デンソー、車載エッジコンピュータ「Mobility IoT Core」でリアルなMaaSを実演
あなたが知らない10のモビリティ・スタートアップ、「CASE」時代の最先端技術とは?
KDDI、海外展開する法人向けの統合型マネージドソリューション「KDDI GX Platform」
「つながる特装車」車両データを遠隔地から収集、極東開発がシステムを提供
5Gにおける「NB-IoT/LTE-M」の位置付け
加賀市がIoTを活用した除雪車運行システムを採用、状況の可視化や報告の省力化を実現
現場に散在するデータを集約・連携させてデータ経営を実現――、クオリカのIoTプラットフォーム「Bellonica」
スマートホーム市場の行方 家の中までデジタル化
ライオンがIoTデバイス--自宅界隈の天気予報と連動、洗剤残量に応じたアプリ通知も
法人向けIoTの強化で地方創生へ、KDDIがIoT専業のエコモットと提携
オンラインと実店舗の顧客データを統合!英Arm、小売業向けの新ソリューションを発表

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。