IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.11.06

スマートスピーカーは人間の「親友」になり得るか?
音声認識AIの「会話」面について考察する

BY

Googleの「Google Home」、LINEの「Clova WAVE」の発売を受け、ようやく日本でも盛り上がり始めたスマートスピーカー。11月8日には本命と目されるAmazonの「Amazon Echo」、12月9日(土)には、ソニーからGoogleアシスタント搭載のAIスピーカー「LF-S50G」が発売される予定となっている。

そんなスマートスピーカーの核となるのが、音声認識AI。今後スピーカーだけでなく、様々な製品に搭載されていくであろう、注目の技術だ。現在代表的な物はAppleの「Siri」にGoogleの「Googleアシスタント」。Amazonの「Alexa」、Microsoftの「Cortana」、そしてLINEの「Clova」だ。

これらのAIは皆、基本的に一問一答。予定の読み上げや天気の確認など、「秘書」としての役割を求めるのであればそれで十分だが、「話し相手」として見た場合は力不足と言わざるを得ない。しかし今回はあえて、この点に着目したい。

複雑な操作が不要で見た目もシンプルなスマートスピーカーは、あらゆる世代にアプローチできるポテンシャルを感じさせる。筆者の周りにいる80代の高齢者も、普段PCやスマートフォンは操作が難しそうと敬遠しているが、スマートスピーカーには興味津々。楽しそうにあれこれと話しかけていた。そんな様子を見ていると、これが普段の話し相手としても機能するのなら、家族と離れて暮らす高齢者の心のケアにもなるのでは? と感じさせるのだ。

「機械と会話する」というと、ともすれば不健康な響きにも感じるかもしれない。しかし、このニーズは案外多いのではないだろうか。高齢者だけでなく、「秘書」的な役割に期待してスマートスピーカーを購入した方の中には、使っていくうちに愛着が湧き、現状の必要最低限なやり取りに物足りなさを感じ始めている方もいるはずだ。

今回は音声認識AIの実用面ではなく、話し相手としての進化を見ていこう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

業務用冷蔵庫を遠隔管理するIoTサービス、ドコモが米国で開始
OKI、スマート工場実現に向けたIoT活用工場ソリューション「Manufacturing DX」を提供開始
政府が進める「AIホスピタル計画」とは何か?(デジタルヘルス・インサイド)
LoRaで海難事故による落水者を迅速発見、ドコモらが実証実験
KDDI、IoT向け通信規格「LTE-M」を活用する学生ハッカソン
想いを届けるIoT鳩時計を認知症ケアに、OQTA(デジタルヘルスDAYS 2018)
b8taが仕掛けるショールーム新ビジネス、Googleのスマートホーム製品群を体験ーー鍵は「店舗滞在データ」にあり
IoT/ブロックチェーンスタートアップのBlue Ocean、ゴミ箱に食べ残しを捨てるたびポイントがもらえるサービスを開始
3社共同で製造業向けIoTサービスを実現--THK、ドコモ、シスコ
ソフトバンクC&Sが中国Tuyaと提携、最短15日で家電をIoT化
第一人者たちが語る「対話AI」のビジネスと未来像とは
日立、生産現場のOT/ITデータをひも付けて生産工程を最適化するサービス「IoTコンパス」 | IT Leaders
イントラマート、デジタル技術で顧客のDXを支援するソリューションサービス「intra-mart BIORA」
製造部品大手のTHK、NTTドコモ、シスコと予兆検知のIoTサービス提供へ | IT Leaders
「CEATEC JAPAN 2018」レポート。NEXCO東日本が初出展、ICTを活用したメンテナンスを紹介
<山のIoT>LPWAをキラー技術に、人・動物の測位から防災まで

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。