IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.11.06

スマートスピーカーは人間の「親友」になり得るか?
音声認識AIの「会話」面について考察する

BY

Googleの「Google Home」、LINEの「Clova WAVE」の発売を受け、ようやく日本でも盛り上がり始めたスマートスピーカー。11月8日には本命と目されるAmazonの「Amazon Echo」、12月9日(土)には、ソニーからGoogleアシスタント搭載のAIスピーカー「LF-S50G」が発売される予定となっている。

そんなスマートスピーカーの核となるのが、音声認識AI。今後スピーカーだけでなく、様々な製品に搭載されていくであろう、注目の技術だ。現在代表的な物はAppleの「Siri」にGoogleの「Googleアシスタント」。Amazonの「Alexa」、Microsoftの「Cortana」、そしてLINEの「Clova」だ。

これらのAIは皆、基本的に一問一答。予定の読み上げや天気の確認など、「秘書」としての役割を求めるのであればそれで十分だが、「話し相手」として見た場合は力不足と言わざるを得ない。しかし今回はあえて、この点に着目したい。

複雑な操作が不要で見た目もシンプルなスマートスピーカーは、あらゆる世代にアプローチできるポテンシャルを感じさせる。筆者の周りにいる80代の高齢者も、普段PCやスマートフォンは操作が難しそうと敬遠しているが、スマートスピーカーには興味津々。楽しそうにあれこれと話しかけていた。そんな様子を見ていると、これが普段の話し相手としても機能するのなら、家族と離れて暮らす高齢者の心のケアにもなるのでは? と感じさせるのだ。

「機械と会話する」というと、ともすれば不健康な響きにも感じるかもしれない。しかし、このニーズは案外多いのではないだろうか。高齢者だけでなく、「秘書」的な役割に期待してスマートスピーカーを購入した方の中には、使っていくうちに愛着が湧き、現状の必要最低限なやり取りに物足りなさを感じ始めている方もいるはずだ。

今回は音声認識AIの実用面ではなく、話し相手としての進化を見ていこう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDI総合研究所、軽量化、省電力化した新型のスマートブイ開発
「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」設立--公民学連携で実証実験の場を提供
日立、MATLABとMicrosoft Dynamics 365の「Lumada」による連携技術を開発
スマホに投球データ送れるIoT野球ボール、韓国展開を開始
IoTが保険業界を破壊する?高まる「付加価値」への需要
「IoT向けの長期戦略では利益の犠牲も必要」 Arm
IoTの最重要課題のひとつ、「セキュリティ対策」をどう解決するか?[PR]
目指すは「AI/IoTの街」―― 柏の葉IoTビジネス共創ラボが発足
Beaconのそばを通るだけで時刻を記録、アプリックスがスマート打刻サービス「DAKOQ(ダコク)」を発売
セキュリティターミナル製品の要求仕様を策定、セキュアIoTアライアンス
日立、ERP「Dynamics 365」と数値解析ソフト「MATLAB」を連携、故障予知などを容易に | IT Leaders
農業ベンチャーのグリーンリバーホールディングス、IoTを利用した関連特許5件を取得
西菱電機、LoRaWAN対応センサーを用いたスマート農業を兵庫県伊丹市で実施
2019年 日本はAPACで最大市場に - IoTの普及が成長を後押しするTelit
NTTドコモらによるIoT搭載宅配ボックスシステムを支援 - Telit
NEC、シリコンバレーに新会社「NEC X」設立 スタートアップに研究技術提供し、新事業開発へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。