IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.11.06

スマートスピーカーは人間の「親友」になり得るか?
音声認識AIの「会話」面について考察する

BY

Googleの「Google Home」、LINEの「Clova WAVE」の発売を受け、ようやく日本でも盛り上がり始めたスマートスピーカー。11月8日には本命と目されるAmazonの「Amazon Echo」、12月9日(土)には、ソニーからGoogleアシスタント搭載のAIスピーカー「LF-S50G」が発売される予定となっている。

そんなスマートスピーカーの核となるのが、音声認識AI。今後スピーカーだけでなく、様々な製品に搭載されていくであろう、注目の技術だ。現在代表的な物はAppleの「Siri」にGoogleの「Googleアシスタント」。Amazonの「Alexa」、Microsoftの「Cortana」、そしてLINEの「Clova」だ。

これらのAIは皆、基本的に一問一答。予定の読み上げや天気の確認など、「秘書」としての役割を求めるのであればそれで十分だが、「話し相手」として見た場合は力不足と言わざるを得ない。しかし今回はあえて、この点に着目したい。

複雑な操作が不要で見た目もシンプルなスマートスピーカーは、あらゆる世代にアプローチできるポテンシャルを感じさせる。筆者の周りにいる80代の高齢者も、普段PCやスマートフォンは操作が難しそうと敬遠しているが、スマートスピーカーには興味津々。楽しそうにあれこれと話しかけていた。そんな様子を見ていると、これが普段の話し相手としても機能するのなら、家族と離れて暮らす高齢者の心のケアにもなるのでは? と感じさせるのだ。

「機械と会話する」というと、ともすれば不健康な響きにも感じるかもしれない。しかし、このニーズは案外多いのではないだろうか。高齢者だけでなく、「秘書」的な役割に期待してスマートスピーカーを購入した方の中には、使っていくうちに愛着が湧き、現状の必要最低限なやり取りに物足りなさを感じ始めている方もいるはずだ。

今回は音声認識AIの実用面ではなく、話し相手としての進化を見ていこう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマートファクトリーのプラットフォーム化と要素技術 —第2回スマート工場EXPOレポート1
工場のIoT、セキュリティもまずは「可視化」から —第2回スマート工場EXPOレポート2
ソフトフロントジャパンとエコノミカル、トータルIoTソリューションサービス「まとめてIoT」を提供開始
2018年グローバルヘルスケアの8大トレンド(ニュース)
CES2018で感じた、コンシューマーIoTにおける“繋ぐ”価値の必要性
マイクロソフトは独自の「小さなチップ」で、次世代のIoT製品を守ろうとしている
「データを無理して1カ所に集めない」―Clouderaの新アプローチ、Shared Data Experienceとは?
山田祥平のニュース羅針盤 第111回 IoTの時代だから、もっと健康もつながれる
IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。