IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.11.06

スマートスピーカーは人間の「親友」になり得るか?
音声認識AIの「会話」面について考察する

BY

独自の進化が期待されるLINE「Clova」

スマートスピーカーが発売されたばかりのGoogleアシスタントとLINEのClovaに関して言えば、どちらも「しりとりをしよう」などの簡単なものなら雑談的なやり取りをすることも可能だ。しかしやはり基本的に「秘書」なので、雑談であっても一問一答。例えばしりとりをしようとした場合、即座に「ん」で終わる言葉を繰り出し会話を終了させるなどといった「塩対応」をされることもざらだ。

その点Clovaは、Clova WAVEの正式版発売と同時にアップデートされ、ある程度連続した会話をすることも可能となった。「ありがとう」や「さようなら」、「うるさい」などと話しかければ連続発話を終了させることができる。やり取りにはまだぎこちなさが残るという声も多いが、AIとの「対話」という面においてはGoogleアシスタントに一歩リードしていると言って良いだろう。

さらにLINEは2017年3月2日(木)、バーチャルホームロボット「Gatebox」を展開するGatebox(旧社名:ウィンクル)を連結子会社化したことを発表した。Clovaを活用してGateboxの共同開発を進めるとのことだ。

「人とキャラクターが共に暮らす世界の実現」を目指し2015年頭から開発が進められてきたGateboxは、従来の機械的なロボットとは一線を画す。同社が発表しているコンセプトムービーを見てもらえばイメージが湧くだろう。

Gatebox - Virtual Home Robot [ConceptMovie1st]

9月にはクリプトン・フューチャー・メディアが展開する人気キャラクター「初音ミク」のイベントにおいて、KDDIと連携した施策を実施したことでも話題を呼んだ。

Gatebox - 「Living with 初音ミク」‐ Magical Mirai 2017 report ‐

こうした日本独自のキャラクター文化は海外にもファンが多い。Clovaに日本独自の強みを与え、育てていこうとした場合、この分野に投資しようとするのは納得の動きと言えよう。

その上、LINEには日本国内で圧倒的シェアを誇るSNS「LINE」のユーザーから得られる膨大なデータがある。国内のトレンドを逐一Clovaの会話にも反映していけるようになれば、より自然で時流に合った「会話」ができるようになるだろう。

現在、冒頭で挙げたような海外産の音声認識AIの中で対話に特化したものは存在しない。SNSの「LINE」同様、Clovaが日本国内の音声認識AIやスマートスピーカー市場で覇権を握る余地は十分に残されていそうだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

コモドソリューションズ、熱中症対策IoTを保育・教育・地域活動へ展開
IoT機器の固体認証向け新PUF技術、東芝が開発
IoT人気記事ランキング|図解!「IoTによる工場の可視化で、把握すべき5つのこと」など[6/11-6/17]
KDDI、漁業IoTを実現するスマートブイの新型――軽量・省電力化しセルラーLPWAにも対応
LPWAに対応したシューズ向けIoTモジュールの実験に成功
漁獲量を予測する「スマートブイ」 KDDIが実証実験
IoTビジネス化の実現をサポートする 「IoTの窓口 byGMO」の取り組み -GMOクラウド CEO青山氏インタビュー[PR]
「便利な道具も使い方次第」 AI、IoT、データサイエンスの第一人者が討論
凸版印刷、無線通信規格「EnOcean」に対応した電池レスのIoT機器に「表示」を実現
事例に学ぶ「成功するIoT」の勘所
プロセッサコア以外で勝負に出始めたArm
Sigfoxブースはスポーツバイクの盗難防止や落石管理など事例満載
KDDI、センサー設置から故障予兆検知までをワンストップで提供する「KDDI IoTクラウド 〜工場パッケージ〜」を開始
IBM、Oniqua Holdingsを買収--産業用IoTなど強化へ
DX活用で働き方改革・第2幕へ――ビデオ、AI/IoTをオフィスに埋め込む
KDDIが法人向けに工場生産設備の故障予兆を検知するサービス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。