IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.11.01

次世代コンビニで店員は消えるのか?
「Amazon Go」や「ファミマミライ」から見るコンビニの未来

BY

日本でも進むノンオペレーション

「Amazon Go」や、中国での無人コンビニ運用開始のニュースは多くのメディアで話題となったが、日本でも有人店舗からシフトする形で、徐々にノンオペレーションを浸透させようという動きが見られる。CDやDVDのレンタルを行っているTSUTAYAやスーパーマーケットでは商品のスキャンから会計までを客が行うセルフレジが導入され始めている。

また、2015年の2月から今年の3月まで秦野市本町公民館の図書室で、入退室から貸し出し・返却に至る全工程を完全機械化した無人貸し出しサービス「スマートライブラリー」の実証実験が行われた。

これらの取り組みから、普段我々が生活している中にも無人化の波が訪れていることが感じられる。さらに経済産業省が今年の4月に公表した「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」も、ノンオペレーションを後押ししている。

この「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」では、2025年までに、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ニューデイズで、全ての取扱商品(推計1000億個/年)に電子タグを貼付け、商品の個品管理を実現するという。

すでに取り組みは行われており、コンビニ大手のローソンとパナソニックが2016年の12月から今年の2月まで、経済産業省支援のもと、商品に電子タグを付与することで無人会計を行なう実証実験を行った。

 

客は電子タグのついた商品をカゴに入れ、専用の装置(レジロボ)にカゴを置き、画面に表示された購入品目の一覧を確認すれば、あとは現金、クレジットカード、電子マネーなど、通常のコンビニで出来る手段で支払うだけ。ローソンとパナソニックは自動袋詰め装置の開発も進めており、客が精算にあたって手を動かすのは「装置にカゴを置く」「画面を操作して支払う」「ビニール袋を手に取る」という3回だけとなっている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

クーガー 石井敦氏:人工知能があらゆるところにある未来は、ブロックチェーンが作る
日立、IoTプラットフォーム「Lumada」をグロバール展開し成長路線へ
IoT時代の技術を学ぶ”教育的コンテスト”- 「IoTイノベーションチャレンジ」を開催
ドコモとand factoryら、未来の家プロジェクト第2弾--IoTスマートホームで実証実験
NTTドコモら、横浜市でIoTスマートホームを用いた第2回目の実証実験
AIやIoTを活用した実証の場「ひろしまサンドボックス」公募開始
100円SIM活用!“IoT見守り”はAIで進化する
IoT活用やプログラミング必修化を視野に入れた玩具も--東京おもちゃショー2018
築46年の団地をIoT家電家具付きでフルリノベ--家事ストレスゼロの家
KDDIと日立がグローバルIoT事業で協業、幅広い産業へ展開
山田祥平のニュース羅針盤 第128回 三者三様のCOMPUTEX、PC市場の鍵を握るのは?
ネットワンシステムズ、製造業向けIoTソリューションの提供開始
Microsoft、IoTの安全な運用を支援する「Windows 10 IoT Core Services」を発表
ネットワン、工場のデジタル改革を加速するIIoTソリューション
KDDIと日立がグローバルIoT基盤で協業、世界50カ国以上の現地キャリアと直接接続 | IT Leaders
MaaS時代に伸びる組み込みカメラ技術市場…エンベデッドビジョン

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。