IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.10.07

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状
分裂騒動で見えてきた仮想通貨が抱えるリスクと普及に必要な条件

BY

ビットコインの分裂はどのような影響を及ぼしたのか

ビットコイン史上、最も大きなトラブルともいえる「ビットコイン分裂騒動」についても山岡氏に聞いた。

2017年8月1日より、既存のビットコインとは別に、新通貨「ビットコインキャッシュ」が誕生。ビットコインが2つに分裂するという異例の事態に、世界中が注目した。この分裂騒動の発端についても、様々な場所で解説されているが、要約すると「ビットコインの処理能力の拡張法をめぐり、2つの勢力に分かれた」というのが真相だという。

「ビットコインを使う人が多くなってきたことで、送金スピードが落ち始めるようになりました。今までは一瞬で送金できていたのが、1~2日かかったりしたんですね。その解決策をどうするかで揉めて、分裂騒動へと発展しました」

紆余曲折を経て分裂したものの、結局、8~9割の利用者は、元々のビットコインに残る形になった。これは、利用者が新規のソフトウエアでの取引を敬遠したためだろうと考えられている。そのせいか、分裂騒動後も大きな影響はなかったという。

「あくまで私個人の実感ではありますが、思ったほど価格が暴落することはありませんでした。多少の波こそあったものの、今現在すでに落ち着いている状態です。分裂前に慌ててビットコインを売った人もいましたが、正直その必要もなかったくらいだと思います」

このように語る山岡氏だが、今後、分裂による影響が出てくる可能性は否定できないと続ける。

「例えば、分裂した今も、完全に問題が解決したとはいえない状況です。今のビットコインがまた分裂する可能性もあります。また、今後ビットコインキャッシュや別の仮想通貨が普及する可能性もあります。なにが正解かはまだわからないとして言いようがありません」

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク副社長が語る「IoT戦略」とは - arm Tech Symposia Japan 2017
「AIの波が医療に」とインテル、ヘルスケア強化(デジタルヘルス・レポート)
産業用IoTのセキュリティ、基礎的な対策にも課題--Honeywell
機械学習、IoT、データベースなど多分野で新サービス--re:Inventで見えたAWSのビジョン
Microsoft、IoT SaaSソリューション「Microsoft IoT Central」のパブリックプレビューを開始
トライポッドワークス、業務用車両向けIoTサービス「BLUE-Connect」の提供を開始
2018年 IoT/AI関連展示会・イベント一覧
KDDI、LoRa PoCキットに屋内向け低価格オプションとGPSトラッカーを追加
フィリップスとソフトバンク、ヘルスケア領域で協業合意~IoTやAIを活用
キットカット販売機、12月からオフィスへ。Sigfox通信で発注する「キットカット たのめるくん」 開発
[AWS re:Invent 2017]IoTビールサーバ・サービスの展示から知るAWSの効果的な使い方
世界のスマートアグリ(農業IoT)の今を調査レポート[Premium]
IIJが“農業IoT”をやってみて分かった苦労・課題とは? コスト削減のほか、オープン化の必要性も 
ドア開閉をスマホに通知、独居高齢者向けIoT見守りサービス
NECと日本電産、「インテリジェントモータ」搭載のロボットを無線で協調制御する技術を共同開発
戦略的買収で広げた製品群で自動車、IoT攻略へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。