IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.09.28

ホロレンズと複合現実による「体験の共有」で何ができるのか
innovators 情熱のカラクリ 第8回:ホロラボ 中村 薫氏

BY

Microsoft HoloLens(以下、ホロレンズ)をご存知だろうか。

透過型のヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)の形をしていて、頭にかぶると複合現実(Mixed Reality、以下MR)の世界を体験することができる。

Microsoft HoloLens: Development Overview

こう聞いて、VRデバイスをイメージする読者も多いだろうが、実は似ているようで全く違う。デバイス自体にWindows10が搭載されているため、ケーブルでPCを繋いだりする必要もない。電源を入れてかぶるだけで使用可能なのだ。

中村氏所有のMicrosoft HoloLens

この画期的なデバイスやMRについて、ホロレンズにいち早く注目し、ホロレンズやWindows Mixed Realityを使ったアプリケーションやシステムの受託開発やコンサルティング、講演、ハンズオンなどを行っている株式会社ホロラボのCEO、中村薫氏(以下、中村氏)にお話を伺った。

複合現実は一体何が革新的なのか

「今までは、三次元のものを二次元のディスプレイでしか設計できなかった。三次元で見ようとすると、実際に物に起こさなくちゃいけなかったんですよね。データのまま、三次元で見る、ってことができなかった。これをホロレンズやVRを使うことによって、設計データの状態のまま三次元で見ることができる。MRは、さらにそれが現実とリンクしてくるので、より実物に近い状態の物を三次元で見られるのが、今までにないところです」と中村氏は語る。

確かに、実際に物に起こしてからイメージと違う、という事態は往々にして起こりうるだろう。そういった場合、新たに作り直す手間やコストが発生する可能性が大幅に減ると考えると、特に製造業において重宝されそうな技術であることが分かる。現実とリンクしているMRなら、サイズ感も一目で分かる。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

広島県、ソフトバンクやNTT西日本とAPIで連携して、AI・IoT実証プラットフォーム事業「ひろしまサンドボックス」を開始
2020年までにIoTセキュリティにケリをつける方法論を展開:5月24日開催【SIOTP協議会主催】IoTセキュリティセミナー開催のご案内
KDDIと村田製作所、IoTでコミュニケーション活性化の実証実験
積水化学とSecualが資本業務提携、スマートタウンマネジメント事業に参入
IoTデバイスをセキュアにするMicrosoft Azure Sphere
【ワイヤレスジャパンが今週開催】IoT時代へのシフトを急げ!LPWA、5Gが実現する未来がここに
Intel、「コラボレーション・センター」を東京オフィスに開設
KubernetesでAzure IoT Edgeのデプロイを管理
SAP Leonardoで自らトランスフォーメーションを実現、SAPのファイナンス部門
レンジャーシステムズ、LoRaで駐車場の満空情報を”見える化”する「駐車場searching」の提供を開始
キヤノンITS、IoT領域におけるイベントドリブン型アプリケーションの開発プラットフォーム「VANTIQ」を提供開始
広島県、AI・IoTの実証プラットフォームを構築へ--ソフトバンクやNTT西日本らが協力
IoTエッジ装置「AI BOX」で「Azure IoT Edge」を活用、クラウディアンが検証 | IT Leaders
IoT用OS「Android Things」とスマートディスプレイに隠されたグーグルの狙い
オプティム、佐賀県でドローン×AIによる減農薬米栽培を実施
みずほFG・富士通など、スマートスタジアム構想におけるIoT決済の実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。