IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.09.15

今、沖縄でスタートアップが盛り上がる理由とは
地方こそ、スタートアップが成功する可能性に満ちている

BY

企業の都市部集中による通勤環境の悪化が問題視されている。

国土交通省の「東京圏における主要区間の混雑率(平成28年度)」では、朝の通勤時間の7時30分〜9時ごろ、東京圏31区画の混雑率は平均して165%を超え、199%に達する路線も存在する。まさに企業が都市部に一極集中していることが伺える数字といえよう。

三大都市圏における主要区間の平均混雑率・輸送力・輸送人員の推移
※出典:国土交通省ホームページ ( https://www.mlit.go.jp/common/001099730.pdf  )

そんな中、家賃が比較的高い都市部を避け、地方で起業するという人たちが現れ始めている。

とくに沖縄県は、沖縄市にある創業支援施設スタートアップカフェ・コザがハブとなり、スタートアップコミュニティの核となっている。スタートアップカフェ・コザでは、毎週のようにスタートアップ関連のイベントや勉強会が開催され、沖縄のメディア運営者やスタートアップ経営者が出入りする場所となっている。

沖縄の創業支援の場所として始まったスタートアップカフェ・コザは、8月5日に一周年を迎え、一周年記念イベントとして合計22のカンファレンスを開催。地方のスタートアップ支援施設が主催するイベントとしては規模の大きいものとなった。

スタートアップカフェ・コザの一周年記念イベントに県内外から人が集まり、最終的に1200人を動員したという

本稿では、今ホットな場所となっているスタートアップカフェを通じ、なぜ今地方が盛り上がるのか? 創業のメリットはあるのか? について、いくつかの観点から考察してみたい。

スタートアップカフェ・コザ代表の中村まこと氏にスタートアップを支援する立場から見えた地方創業のリアルな話を伺った。

左が柴田氏、真ん中が中村氏。スタートアップカフェ・コザの前にて
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス
日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画
学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作
「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート
CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手
IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動
総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由
テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始
GoogleがIoT用プラットフォーム「Android Things」開発計画を大幅にトーンダウン
Google、IoT向けOS「Android Things」をスピーカーとディスプレイに縮小
グーグルのIoT用OS「Android Things」、スピーカとディスプレイに注力へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。