IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.07.24

現場カイゼンだけ? 日本の工場IoTの残念な現状
欧米流の「経営改革のIoT」まで昇華できるか

BY

 スザキ工業は、プレス機の稼働状況を見える化するための仕組みとして、機器に取り付けたセンサーの情報を大型モニターに一元的に表示する「電子アンドン」の仕組みを構築した。

 また、CNC*2 旋盤・小型マシニングセンターのメーカーであるシチズンマシナリーは、顧客に販売した機器の稼働監視・保守効率化のために、電子アンドンと同様の仕組みを実現している。同社では、社内実践も積極的に行っており、フィリピンの自社工場の稼働監視・遠隔保守にも活用しているという。

シチズンマシナリーの「alkapplysolution(アルカプリソリューション)」。“CREATION No.16”より許可を得て転載。

 さらに同社は、ハードウエアの提供にとどまらず、設備をネットワークに接続するための接続機器や接続環境、NC*3用プログラムのオンデマンド提供や、複数工場間の技術者をつなぐためのリモートプレゼンス(TV会議など)環境の提供など、関連するサービス販売にも事業領域を拡大しつつある。

 このように、日本のものづくり現場におけるIoTの活用は着実な広がりを見せており、今後さらなるIoT活用・現場効率化の事例の登場が期待される。

*1=Business Intelligence。企業などの組織のデータを、収集・蓄積・分析・報告することで、経営上などの意思決定に役立てる手法や技術。

*2=Computerized Numerical Control。機械工作において工具の移動量や移動速度などをコンピュータによって数値で制御すること。

*3=Network Computer。イントラネット・インターネットで利用することを前提に開発されたネットワーク専用コンピューター。

欧米における製造IoTとの比較と、ものづくりの将来像

 では、日本のものづくり×IoTの活用は、世界各国と比較して将来的にも安泰なのか。残念ながら、そうとは言えない。

 ものづくりの「現場でのIoT活用」に関しては、上述の通り、グローバルに見ても高いレベルで実現されている。しかし、欧米のIoT推進団体が目指しているような、「ものづくり現場と他の機能部門をつなぐ」ためのIoTや、「複数の企業のものづくり現場をつなぎオープンイノベーションを起こすIoTプラットフォームの構築・活用」については、日本国内では目立った動きがほとんど見られない状況である。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

コンビニなど異業種も参加、最新技術が集結する「CEATEC」16日開幕
IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
人の流れをビジュアル化するシステムと、免震構造のVR体験が可能な竹中工務店のブース【CEATEC JAPAN 2018】
伊勢の老舗も導入するIoTスケール「スマートマット」が登場
【CEATEC JAPAN 2018】クルマ関連の展示もあり。テクノロジーで実現する未来を感じるCPS/IoTの総合展「CEATEC JAPAN 2018」10月16日開幕
ローソンが実現したい“未来のコンビニの姿”
IoTのマシンデータも取り込む--Splunkのプラットフォーム展開
IoT市場の急成長で熱視線--注目すべきエッジコンピューティング企業10社
オールジャパンで船舶IoT――NTTがエッジコンピューティングで参画
オプティム、カメラ画像解析サービス「OPTiM AI Camera」と定量データ解析サービス「OPTiM AI Prediction」を提供
思った以上に大変? IoTで集めたデータとクラウドの橋渡しに取り組む京セラ
シンプル・堅牢なエッジで日本のインダストリアルIoTを加速、日本ストラタステクノロジー
箱根湯本の老舗「ホテル おかだ」に聞く 旅館業×IoTのカギは現場にあり
Bluetoothで個人情報がバレる危険性
「見える化」のさらに先へ――SASが提案するIoT時代のデータ駆動型企業とは
IoT機器とセコム駆けつけを1つに、ソニーが月額制スマートホームサービス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。